アリスのままで [DVD]

  • 186人登録
  • 3.53評価
    • (7)
    • (40)
    • (34)
    • (4)
    • (2)
  • 40レビュー
監督 : リチャード・グラッツァー  ウォッシュ・ウェストモアランド 
出演 : ジュリアン・ムーア  アレック・ボールドウィン  クリステン・スチュワート  ケイト・ボスワース  ハンター・パリッシュ 
  • ポニーキャニオン (2016年1月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013432482

アリスのままで [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • -「癌のほうが良かった」っていうのは本当にそうなんだろうな。アルツハイマーほど進行していくことによってできなくなることの表面化が分かりやすい病気はないのかもしれない。
    -アリスを見ながら次は何を忘れてしまうのだろうと、見ながらドキドキしてたってのが感覚として近い。毎シーン何かができなくなる度に周りの家族と同じように悲しい気持ちになる。
    -最近は結構身近になってきている病気だし、見たことある人も多いからか、それが若年性で起きたらっていう設定は「自分だったらどうするんだろう」というふうに考えずにはいられないんだろうな。
    -遺伝するから子供に検査するよう頼んで長男は陰性、長女は陽性、次女は検査しなかったというあのシーンは何気に結構ぐさっとくる。結婚して幸せの絶頂だった長女とかはどう思ったんだろう。そして何より一番近くに寄り添ってくれていた次女が舞台のステージから降りてきた時、娘だと認識できなくなってしまったシーンは悲しくて仕方ない。

  • 「なくす技」を習得していく日々。
    診断がきちんと下る前、不安な気持ちが溢れて声を上げ泣くアリスが印象に残りました。

  • 邦題にガッカリとすることがある。例えばジャック・ニコルソン主演の「As good as It Gets」が良い例で、邦題の「恋愛小説家」にガッカリを通り越して、怒りもしたし、呆れもしてしまったのだが、「アリスのままで」は良い邦題だと思っている。ここで言う良いとは鑑賞者にとって良いという前提で話を進めると、良いタイトルの条件の一つとして多義的な解釈ができることを挙げたい。

    「アリスのままで」に込められた意味として、アリス自身にとってアリスのままということ、他者(特に家族)にとってアリスのままということ、の二点あって、一人の人間の色々な役割や、生死の対比が描かれていて興味深い。若くしてアルツハイマーになったアリスは自分が自分でなくなっていくことを怖れ、病状が悪化した未来の自分に向けて尊厳死を遂げるための方法をPCに保存する。病状が進行したある日、彼女は保存したファイルを偶然見つけるが、その病状故にファイルに記録された内容を実行しようにも、その内容を覚えることすらできない。言語学者(職業人)として輝かしいキャリアを掴んだ彼女は、その自分のまま、つまり「アリスのままで」死ぬことはできないのだ。

    彼女の病状が進行しようと、変わることなく彼女に愛を注ぎ続ける人がいる。残念ながら、家族の中にも彼女との接し方や距離感が変わっていく人もいるが、一番衝突していた次女は、かけがえのない母親のまま、つまり「アリスのまま」接し続ける。母親(家庭人)としてのアリスは、愛娘のためにも生き続けるべきなのだ。

    「21グラム」を観たときにも書いたが、生きる意味というのは、自分だけでなく、死ぬことで何らかの思いを抱く他者が決めていて、自分の命は自分だけのものではない。もっと言うと、生きているだけで意味があるということだろう。これが本作のテーマとすれば、多義的な解釈でテーマを浮かびあがらせる「アリスのままで」という邦題は、やはり良いタイトルなのだ。

  • 自分だったらと考えずにはいられない。
    ジュリアン・ムーアの演技が素晴らしかった。努力によって蓄えてきたものたちに囲まれ、自立し記憶に満ちた人生を生きる聡明な女性と、それらを確実に一つずつあるいはごっそりと失っていく女性とを確かな繋がりを持たせて演じ、その世界の感じ方に引き込まれた。
    ー 悲しんではいない、闘っている、変わったのは私ではなく病気、全てを忘れたとしてもこの瞬間には意味がある ー
    そのように言い切れる強さは美しく、その胸の内を想ったが、家族性ということも加えその恐ろしい程の闇の深さに、今の自分には想像しきれないだろうと思った。
    生き方を理解してもらえなかったリディアが、その“らしさ“によって母を理解し懸命に支えようとする姿に自分らしく生きる難しさを考えた。
    決して楽観視は出来ないが、ラストは僅かながら希望を感じさせるものだった。“愛についての話“
    今もなお瞬間を生きているアリスに胸が詰まった。

  • 若年性アルツハイマー病の怖さ、自分を失っていく怖さを描いた作品。自殺を試みるけどそれもできなくなる。何もかもがわからなくなる。これが遺伝だなんてまた恐ろしい。今までの彼女は、どこにいってしまうのだろう。実話をもとにしているとあるが、その後のアリスは今どうしているのかを知りたいと思った

  • 若年性アルツハイマーと診断された50歳の言語学者の苦悩や葛藤、家族との絆を描いたベストセラー小説をジュリアン・ムーア主演で映画化

  •  50歳の言語学教授が若年性アルツハイマーの診断を受ける。

     これはほんと見てる間じゅうずっと切なくなる話。主演の ジュリアン・ムーアも彼女を支える夫役のアレック・ボールドウィンも今までずっと色んな作品で見てきた人達だから、なんかもう切なさが半端ない。
     こんな局面になったら何を思い、どうしようか。。。そこに答えはあるようでない。普通の映画なら講演のところで終わらせるところだけど、そうしないあたりはうまいなぁ。そういえば、アカギはどういう選択をしたっけと思ってたけど、最後の方は本当に切なくなった。。。

     他人事ではない良作。

  • 自分の肉体からいろんな物が欠けていく。記憶や言葉や感覚やできる事etc・・・。相当恐ろしいだろう。アリスの家庭は裕福そうだけど、これが一般家庭だったら、もっと悲惨だろうと思う。日本ではあの年齢の夫婦が外であんな風にべったりする風習がないので、公然とああできる国は病を抱える人には有難いだろうと思う。エンドロールを観ながら、「自分を生きるってどういうことだろう。こういう病気ではないのに今まで自分を生きてこなかったな」と思ったら急に泣けてきた。今からでも遅くない。私は私を精一杯生きようと思った。ジュリアン・ムーアも良かったけど、クリステン・ステュワートが特に良かった。

  • 家族性のアルツハイマーで、長女が陽性、長男陰性、次女は検査拒否、ってのが結構ぐさっときた。辛い。
    久しぶりにケイトボスワース観たけどやっぱり綺麗。すごく綺麗で可愛くてそれだけで観る価値あった。主演のジュリアンムーアが、キャリアーウーマンからの最後の姿があまりにも哀れで。苦しくてそのまま終わった。若年性アルツハイマーの母。生活が変わったのが自由気まま芝居を夢にやっていた次女だけな感じに違和感あるけど、見せないだけで陽性と診断された長女とその夫、そして生まれたばかりの双子にもあるだろうし、旦那もいろいろ思うことはあると思うんだろうなとふんわり綺麗なまま、終わった。

  • 忘れ、失っていくことの、
    残酷さと物悲しさが、
    愛情との対比でさらに哀しい。

    『明日の記憶』よりも、
    当たり障りのない美しい物語になっているが、
    それでもやはり、
    失われていくことの切実さが、
    映像と共に体現されていたかと。



    仕事柄を抜きにできず、
    患者の顔が浮かんだ。

全40件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

アリスのままで [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

アリスのままで [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

アリスのままで [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アリスのままで [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする