「ヤング ブラック・ジャック」vol.1 【Blu-ray 初回限定盤】

  • 10人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
監督 : 加瀬充子 
出演 : 梅原裕一郎  遊佐浩二  伊藤静 
  • 日本コロムビア (2015年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988001786313

「ヤング ブラック・ジャック」vol.1 【Blu-ray 初回限定盤】の感想・レビュー・書評

  • 犠牲者として生きることを選び続けると、破滅への道を逃れられなくなる。
    当たり前からはじき出された人間は、反逆者になるしかない。

    まあ、医師免許を取らなかった理由は、水が合わなかったってことかね。
    自分しか進めない道の中で、一番良い道を選べたのだろう。

    このアニメを見ていて、「間」の名前が、ブラックジャックには本当にぴったりなことに、今更気づいた。
    生と死の間、合法と非合法の間、道徳と倫理の間を歩き続ける人だから、彼の名前は「間」なんだ。
    このアニメの中では、さらに医師免許と無免許医の間も、かな。

    ベトナム編が一番好き。ドクター・キリコめっちゃ格好いい。
    無惨帳は、復讐を果たしたあのエネルギーがあったら、他のすばらしい道が開けたはずだと思うけど、まあ、止まらなかったんだろうね。突っ込みどころ満載だったけど、まあ、「どろろ」らしくはあったかな。

    手塚治虫に叶わないのは当然としても、ブラックジャックの青年時代は、確かにこんな感じかも!と思えるキャラ作りだった。
    むき出しの情熱と未熟さがまぶしい。それに、原作でも時々見せていたお茶目な顔を、原作より素直に出しているように見えた。
    というか、全体的に素直で純粋でまっすぐな青年だ。間くんと会う人がみんな、彼の助けになりたいと思うのも納得。
    ただ、ヒロインの存在感がほとんど無かったのは、ちょっと残念だったかも。ピノコ以上のヒロインがいないのは当然だけども。

  • これはこれで面白かった。後ろの音楽がかっこいいのあったな、EDMっぽいやつ。サントラ出てないのかな。先生いい体したなあ。漫画もきになる。キャラデザ好きだわ。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

「ヤング ブラック・ジャック」vol.1 【Blu-ray 初回限定盤】を本棚に登録しているひと

「ヤング ブラック・ジャック」vol.1 【Blu-ray 初回限定盤】はこんな映画です

ツイートする