広告コピーってこう書くんだ!読本 [Kindle]

  • 33人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (6)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 谷山雅計
  • 宣伝会議 (2015年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (101ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
松下 幸之助
ロバート キヨサ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

広告コピーってこう書くんだ!読本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった気がする…

  • 新潮文庫の「Yonda?」、東京ガスの「ガス・パッ・チョ」など、有名なキャッチコピーを生み出したコピーライターさんによる広告コピーの書き方指南本。
    広告業界の仕事は感性・クリエイティビティに拠っているのかなぁと思いきや、本著では一貫して、「発想を『論理的』にとらえる」ということが重視されています。著者は論理と感性の関係を、エンジンとガソリンに例えていて、エンジン(論理)の能力を高めれば低燃費になり、少ないガソリン(感性)であっても速く走れる、と訴えています。これはなるほど、という印象を受けました。

    良いコピーが書きたければ、まずたくさん数を出してみることだ、というのは、先日読んだ「失敗の科学」でも実験でその方がいいアウトプットが生まれるという結果が出ていたので、かっちり符合したなぁと。
    たくさん数を出すためにはどうするか、というところまで、本著では触れられています。

    発想を生み出せる体質になるために、日々触れるものに対して「なんかいいよね」を禁止して、なぜなのかを考えるというのも非常に実践的。広告業界以外でも同じコトで、自分の仕事にも役立つかも。
    言葉も非常に平易に書かれていて、読み終わるのにさほどかかりません。納得感のある一冊でした。

  • 派手でセンスが命、と捉えられがちなコピーの世界。
    新潮社の「YONDA?」を手がけた著者が、
    きわめてまっとうのコピー作りをレクチャーしてくれる。

  • コピーライティングの入門的な本。
    これを読んだだけではコピーは作れないと思うが、ここに書かれていることができなくてもコピーは作れない。

  • 素人向け。ブロガーとかなら☆4でいい。最近思うことによく似ている。人が何となく思ってはいるけれど、意識していないことに切り込むべき。

    ついタイトルを凝りたくなるが、それは本当に読む側のことを考えているかと言うと、自己満足にすぎない。何のために書くのか、ということを重視していきたい。

    そしてアイデアはまず数を用意するのが基本

全6件中 1 - 6件を表示

広告コピーってこう書くんだ!読本に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

広告コピーってこう書くんだ!読本を本棚に登録しているひと

広告コピーってこう書くんだ!読本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

広告コピーってこう書くんだ!読本を本棚に「積読」で登録しているひと

広告コピーってこう書くんだ!読本はこんな電子書籍です

広告コピーってこう書くんだ!読本の単行本

ツイートする