アメリカン・スナイパー [DVD]

  • 184人登録
  • 3.71評価
    • (15)
    • (33)
    • (23)
    • (6)
    • (1)
  • 25レビュー
監督 : クリント・イーストウッ 
出演 : ブラッドリー・クーパー  シエナ・ミラー  ルーク・グライムス  ジェイク・マクドーマン  ケビン・ラーチ 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967231441

アメリカン・スナイパー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 実在のネイビーシールズのスナイパー、クリス・カイルの伝記を映画化した内容。

    映画としてはさすがの出来だった。けど事実の重みになにをどう書いていいか迷う。
    観た人ならわかると思う。これはイラク戦争を賛美し英雄を描いたものでも、‘戦争は嫌だ’といった生ぬるい反戦映画でもない。戦争によって心を蝕まれた一人の男が苦悩するストーリー。戦いによって人生を書き換えられた人間の話だ。で、あるがゆえに結果として究極の反戦映画に仕上がっている。

    ただ、米国では物議を醸している。イラク戦争を賛美した、いや、クリスは戦争の英雄。的外れな批評だろう。
    これまでイーストウッドは「父親たちの星条旗」や「グラン・トリノ」で戦争によって心に傷を負った男たちを描いている。戦争映画と違うが「ミスティック・リバー」もその系譜に連なる。過去に暴力から受けた心の傷が、その後の人生に大きな影響を与えるストーリー。本作もやってることやテーマは同じ。だから読み間違えることはないと思うんだが。

    映画の出来としては申し分ない。一瞬たりともスクリーンから目が離せない戦場は緊迫のショットの連続だった。不安感を増幅させるような戦車の音響から物語が始まる冒頭。クリス・カイルが爆弾を抱えたイラク少年に照準を合わせたシーンから彼の生い立ちへと続く構成の妙。戦地から戻るたび心の傷が深くなるクリス。その過程を丁寧に描く演出が巧い。

    主演を演じだブラッドリー・クーパーは光っている。虚ろな目。平常でも高い心拍数が傷の深さへの伏線となっている。怒りをコントロールできない荒々しい態度。些細な物音に過剰反応してしまう姿。妻の話を聞いてそうで聞いていない、一点を見つめる心ここに在らずの表情。フラッシュバックする記憶と銃声と叫び声。狙撃手としてよりもイラクから帰還する度にPTSD(外傷後ストレス障害)に苦しむ度合いが深くなる様子が(観ていると胸苦しくなるが)演技によって伝わってくる。

    ひとつ注文を付けるとすれば、イラクのスナイパーと対決するシーン。終盤クリスがイラク側のスナイパーと対決する。クリスが放った銃弾が弾道とともにスローモーションで表現される。どうしてもこのシーンで安っぽい印象を受けてしまった。マトリックスじゃあるまいし。どうしてこんな演出をしたか、監督。と。

    戦場のシーンは緊迫感があった。でもそれ以上に不安感と恐怖を覚えたのが銃後の日常。戦場から妻・タヤに電話するクリス。運悪く銃撃戦が始まる。タヤの電話口から聞こえる銃声。本国にいるタヤは病院から出てきたところ。妻は動揺する。が、タヤの周囲の人々は、日常は、平穏そのもの。まるで戦争など無関心かのよう。戦場と銃後のパラレルワールドのような演出。だが、演出を超えて、世界中で戦争をしているのに本国は平和そのもの。そんなアメリカの現実を映しているようでゾっとした。

    最も怖かったのがラスト近くにクリスがおもちゃの拳銃を妻に向けるシーン。ふざけ合っているだけ。でもどこか不穏で不安感を掻き立てる。心を病んだイラクの帰還兵が起こす無差別殺人は今までに100件以上にのぼるという。一番多い犠牲者は兵士の妻だ。もしかしたらこのシーンはその比喩だろうか。

    映画の内容と関係ないことはレビューに書くべきではないかもしれない。でも、あえて。
    物語で描かれなかったがクリス・カイルを射殺したのは元海軍兵のエディー・レイ・ルース。本作が日本公開された3日後にテキサスの裁判所が判決を言い渡した。
    仮釈放なしの終身刑。 映画が陪審員にどういう心象を与えたかは分からない。
    ルースの半生を追った記事を最近読んだ。テキサス生まれ。クリスと同じ高校を卒業し海軍に入隊。イラクに派遣される。人間扱いされない捕虜に心を痛め、銃を発砲する子供に動揺した。テキサスに戻ると頻繁にパニックに... 続きを読む

  • エンドロールを眺めながらすごい作品を観てしまったと震えました。イーストウッドなんだから、そう単純じゃないのは考えれば分かるのですが、戦争ヒーロー映画だと思ってました、ごめんなさい。

  • 各所のセリフのチョイス、
    主人公の頭のキレの良さからくる言葉遊び。
    奥さんを落とすところなんて、きゅんとしました。

    各所、専門用語的な部分などがわからなくて
    全てを理解できていない気がする…


    戦争の是非、正義はどちらなのか、敵とは?
    どちらも殺されるべき存在なのか。
    最後に英雄のように扱われる主人公に、美しさを感じつつ、それで良いのかと悲しくなったり。
    でも、ぞんざいに扱ってほしいというわけではなく…

    色々、考えさせられる映画だった。
    でもクリントイーストウッドが好きだから…と思ってレンタルしたが、観てよかったと思った。

  • イラク戦争で活躍した名狙撃手のお話。実話。

    文字どおり、主人公はアメリカン・スナイパー、敵国兵士を何人も殺し自国兵を救った、米国の英雄。軍人として兵士としてするべき仕事をしたのだと思います。彼の生きた世界で、持ち場での役割を果たした。誰もそれを責められるはずがないと思います。彼はそう思っていないのでしょうけれど、世間の少なくない人が、彼もまたイラク戦争の犠牲者の1人なのだと思っているでしょう。

  • これが実話だと言うのだからやはり日本人は平和ボケなのだ。
    武器を手に取り戦地に向かうということは、すなわち、人を傷つけることや殺めることが使命となるのだ。その狂った環境から抜け出してもなおその使命感から解放されることはない。
    笛が鳴ったら試合が終わるゲームの世界とは違う。それが現実であり、戦争なのだと嫌でも感じさせられる。
    そして、その苦しみから抜け出せたと感じた瞬間に訪れる復讐の連鎖の始まりの合図。
    人間は、どうして傷付けることを止められないのだろうか。
    後味が非常に悪く、銃撃シーンの描写も逃げがないリアルなものであるため上映中や終了後に具合が悪くなる人が続出したと話題であったが、それでも観るべきと思える逸作である。
    そして、この作品は戦争というものが映像作品の中のお話ではなく今も世界のどこかで同じ思いをしている人、苦しんでいる人が少なくないことを伝える1つの術となろう。

  • ネイビー・シールズ最強の狙撃手と呼ばれたクリス・カイルさんを題材にした映画です。イラク戦争に4度従軍しその度に多くの戦友を救ってきたカイルさん。そして家に帰れば良き父として家族と最高の時間を過ごすカイルさん。戦争賛美では決してないこの映画を観て、平和について色々と考えさせられるのではないでしょうか。

  • 観る前から楽しみにしていた。イーストウッドは(もう83歳!)戦争をどう描くんだろう、と。
    期待に反しなかった。
    思ったよりは戦闘シーンが多かったけれど(もっと葛藤を描くのかと思っていた)、でも見終わったあとに「こういう人がいました。あなたはどう思いますか?」と問いかけられている気がした。

    それにしても、ブラッドリー・クーパーはかっこいい!『世界で一つのプレイブック』もよかったし、好きな俳優。

  • 機内で視聴

    この映画をめぐって、戦争を賛美する内容かどうかで保守派とリベラル派の間で大きな論争が巻き起こったらしい。
    時間がたったいま観てみると、戦争を賛美している映画とは思えない。
    イラクで戦う兵士の姿を、クリント・イーストウッド監督がリアルに客観的に描いた映画だと思う。

    よその国に乗り込んで女・子供を含めて160人以上射殺した男をなんと呼べばいいのか。
    仲間の米兵の命を救った英雄と、ストレートにいうのをためらわせるものがある。この映画を見て単純にこうなりたいと思う人がどれだけいるだろうか。ヒーローというよりも、むしろ、国家という巨大な歯車に潰されないよう必死に抵抗する男の姿のようにみえる。

    印象的なのは、父親と男の子の交流のシーン。
    テキサス生まれでカウボーイに憧れた主人公が、こどものころ父親から教わったように、子供に猟のやり方や銃の打ち方を教えるシーン。

    こういう姿が親子の絆として牧歌的に描かれるのがアメリカの社会。
    最近まとめてみた西部劇の世界では、銃を自装していることがあたりまえの社会だったが、それが文化として伝承されていることを思い起こさせる。

    原作は実在の兵士の自伝。
    主人公クリス・カイルは、戦争の後遺症であるPTSD(心的外傷後ストレス症候群)で苦しむ帰還兵や退役軍人を助ける活動を行ってる最中、銃で撃たれて死亡している。

  • 戦争で壊れていった主人公は最後は本当に日常に帰ることができてたのだろうか。音楽が印象的だった。

  • 息苦しいリアルな戦闘シーンが続く。最近の戦争映画はこういうタイプのものが多いがとれわけ完成度が高い。スナイパー対決、ゴルゴ13VSゴルゴ13のような話で興味深いのだが、普通に行動していてもフイに被弾するのが痛々しい。イラク戦争が舞台と比較的新しいのでリアルさが増す。

    一方で、奥さんとの出会いから子ども出産までの家族のシーンも丁寧に撮られていて、これは何か起きるなと思ったら意外なラストだった。もっともこれは事実を元にした話でアメリカでは有名なことなんだろう。

    好戦的ということで賛否両論あるそうだが、クリント・イーストウッド監督は中立的等身大に描きたかったような気がする。アメリカのためにという思いが、結局は哀しみに終わることの理不尽さという意味では反戦的かもしれない。

    アカデミー賞2015ノミネートカンナさん2015年年間ベストテン6位2015キネマ旬報海外映画ベスト・テン 2位この素晴らしき世界/中野翠 p73

  • 再び戦争映画を観る。最近のマイブームなのか。
    中身はというと完全に現代戦争、というより現代テロ対策部隊というところ。もはやトムクルーズがドッグファイトしてた時代は過去のもの、というかまだそんな昔じゃないのにそんな時代があったのか!ってレベルに今は暗くじっとりした戦争映画が流行りなんであって。
    もちろんアメリカ軍兵士も死に損なえば酷い暮らしが待っているわけだけども、当然イラクやらシリアにも酷い暮らしをしてる人がいるわけで、そういう人に比べれば全然マシじゃん!って左側の人なら言うかもしれんな。もちろんそういう映画というよりバリバリのUSA右翼映画と言えなくもないんだけど、こういう感覚は本当に日本人には希薄で、その英雄を称えるために旗を持って外に並ぶ一般人とか、すげーなって思うけど、結局のところ戦争で死ぬってことがどれだけ意味があるのかって事を考えてしまう。

  • イーストウッドの作品は、必ず見ます。重いなあと言う印象。もちろん肯定的な意味です。

  • ずっしりのしかかる、重い作品。

    アメリカのヒーローいわば「正義」としてではなく、
    あくまでひとりの個人として描き、内面的な部分にフォーカスを当てた作品。ブラッドリー・クーパーの演技が凄い。

    戦闘シーンをゲームのように感じてしまう、そんな自分(そう感じるのは少なくないだろうが)に少し恐怖を覚えた。戦争は何も解決しない、憎しみと悲しみの連鎖を生むだけ。それも感じた。

    ポスターの“彼は帰ってきた。心は戦場に置いたままで。”という文句が秀逸。

    とにもかくにも傑作であることは間違いない。

  • イーストウッドの戦争への取り組みを描いている。娯楽映画として戦争を取り上げているが、根底は反戦に貫かれている。

  • HUMICでの請求記号「DVD15/0023/著作権済/(132分)」

  • 見終わってから、あークリントイーストウッド作品だったのかと納得。苦手なんです。結局何が言いたいのかな?といつも思うし、淡々と進み結局誰も救われず暗い。クリントイーストウッドど真ん中。

    戦争が一部の生活って恐ろしいなと思える作品ではあります。国を、自分の家族を、敵から守るという行為そのものは相当に心を磨り減らす。結局回り回って誰も救っていないのかも。この映画が戦争賛美に思える人はある意味すごい。
    PTSDを克服する場面より、戦争の場面の方が多い。戦士の日常を通して異常事態を認識させる。誰かを殺さないといけない、誰かから殺されるかもしれないと日々思う日常なんて嫌だ。アメリカのシーンの何たる平和なことか。アメリカ自体は戦地じゃないのである。
    アメリカ人は何を考えてこの映画を見るんだろう…

  • 登場人物の内面や周囲の問題などしっかり描かれていた。精神的にもタフで屈強な兵士が戦場で多く病んでしまうのだと思うと、色々考えさせられるものがあった。

  • 【アメリカン・スナイパー】予告編
    https://www.youtube.com/watch?v=Av1UW0myxiA

  • 牧場で弟と働き、週末にはロデオに出場して賞金を稼ぐことを楽しみにし、ロデオで全米を転戦するのがちょっとした夢だった主人公。9.11のWTC攻撃をニュースで見て衝撃を受け、軍に志願。以降はこの作品の紹介でよく書かれている様に、狙撃手として頭角を現し、4回もイラクへ。

    彼には、悪い奴らから仲間を護ったという自負があり、多くの人を撃ったことの後悔は無いが、救えなかった仲間への後悔はあるといいます。

    米国が行っている戦争への疑問といった視点は持っていなさそうで、目の前の脅威の排除、任務の遂行の視点しか描かれない。戦場の現場では、そうでないと生き残れないかもしれないけれど、戦場を離れてもそういう視点は描かれませんでした。どこまで真実に基づいた描写なのか知る由もないけれど、ある意味で彼もまた「経済的徴兵制」にうっかり巻き込まれてしまった被害者なのかもしれません。

    結局、誰にも救いのない話であるうえ、実話に基づいているというのだから、やり切れません。

    もう少し、米国を敵視し武器をとる人々の側の戦う理由・大義とはどういうものかという点にも触れてみて欲しかったですが、なかなか難しいでしょうね、きっと。

  • アメリカ軍に実在した狙撃手の物語。優男ブラッドリー・クーパーがすっかり風貌を変えて伝説のクリス・カイルを演じている。妻役のシエナ・ミラーはイーストウッド監督が好みそうな芯の強い知的な美女。イラク戦争に4度も従軍し、160人も射殺したというのだからただただ驚く。初めての任務で対戦車手榴弾を持った子供を射殺する。仲間からは命の恩人と感謝され、またその天才的な狙撃の腕を発揮し、次々と「敵」を殺していく。心を戦地に置いたままのカイルは精神科医に「今までの行為を悔いているか」と訊かれ「していない。殺した理由は神に説明できる」と答える。後悔しているのは仲間を救えなかったことだという。状況が許せばまだ戦地に居たかったのだろう。五体は満足で帰国しても、戦争に精神を蝕まれてボロボロ。イーストウッドの映画だから結末はやりきれないと思いきや、これは事実なのだ。終盤で流れる映像が切ない。しかしアメリカはこうした「ヒーロー」を大事に扱うことによってまた次のヒーローを作り出すのだろう。エンドロールの静寂がイーストウッドからのメッセージか。

  • グロイし怖い、面白い物でもない。
    でも伝えるべき物語だとはおもう。
    戦争の悲惨さ、辛さを知らない世代のために。

    みんな演技が良い。
    主人公はかっこいい、でも見た目が変わらなさすぎ。
    もうちょい変えてもいいのでは?

  • なんともはや。
    そもそもどうなんだっていう、この現実。
    英雄っちゃ英雄だが…。
    そりゃ苦しむよな。

  • イーストウッドらしい淡々とした映画。
    戦場とはこういうものなのだろう。

全25件中 1 - 25件を表示

アメリカン・スナイパー [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

アメリカン・スナイパー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アメリカン・スナイパー [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする