ジャッジ 裁かれる判事 [DVD]

  • 55人登録
  • 3.61評価
    • (7)
    • (8)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
  • 9レビュー
監督 : デイビッド・ドブキン 
出演 : ロバート・ダウニー JR.  ロバート・デュバル  ベラ・ファーミガ  ビンセント・ドノフリオ  ジェレミー・ストロング 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967231489

ジャッジ 裁かれる判事 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 父と次男の関係だけでなく、兄弟間の確執についても同時進行で演出すべきだったような気がする。

    たとえば、長男と次男の経緯をもっと最初の方に提示し、それでも長男はそんなに悔やんではいない(あるいは実際は確執があったという展開でも構わないが最後に和解する)ことを演出しても良かったような気がする。

    主人公は、現妻と寄りを戻すのか、故郷で昔の恋人と暮らすのか、ハッキリして欲しかった。
    ※逆から言えば、最初からそれを描くつもりはなかったのなら、途中の恋の思い出話は不要だったのでは(もともと話が冗長過ぎるきらいがあったし)。

  • いい映画でした。父と息子の確執。事件の本質は何なのか。後半は泣けました。お兄さん役の役者さん、よかったなあ。

  • 想像していた展開ではなく、思いがけずとてもいい映画だった。ハンクと父親である判事の関係の描かれ方がもう絶品すぎてなんとも言えない。クライマックスからラストにかけては涙腺直撃されまくりだった。

    ああ、ロバート・ダウニー・Jrってつくづくいい俳優さんだなぁ、久々にいい映画見たなぁと、クレジットが流れる間、いい余韻に浸っていたのに、それを全て吹き飛ばしてくれたラストの特典映像。面白すぎた。いい映画だったので今日のところは物語の余韻に浸ったままでいたかった気もするけど。

  • 法廷劇かと思ったら違った。感動した!
    ロバート・デュバル、不器用な優しさ、たまらん。
    孫娘とのシーン、好き。

    ロバート・ダウニーJr.の映画の中で一番いいな。

  • ロバートダウニーjr主演。父子の不仲の中、父が逮捕される。家によりつかない息子に、会うたびにぶつかり合うふたり。水と油のような互いは、本心とは別の行動をとってしまう。父親として息子を、息子として父親を、敬う心があるのに、素直になれないもどかしさに、淋しくなります。ダウニーは、歳を重ねるごとに、内面の起伏を表現するのがうまくなっていて、本当に素晴らしい。青春映画時の尖った雰囲気は、渋さになり、風格が出た彼が父親に向かう憧憬や、淋しさは、秀逸。そこにロバートデュバルをはじめとする各々キャストが足されてより、物語に深みを与える。息子を重ねた、と語る父親の姿からは、ただただ感情の赴くままに観ていた。物語、というよりはキャストの作用が強いように思う、けれどもとても、いい作品になっている。分類がミステリーになっていたのだけれど、個人的にはヒューマンかなあとおもうところ。

  • お兄さんだけ良かった。

  • [鑑賞方法:WOWOWシネマにて]

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ジャッジ 裁かれる判事 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ジャッジ 裁かれる判事 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ジャッジ 裁かれる判事 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ジャッジ 裁かれる判事 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする