退職歓奨 (実業之日本社文庫) [Kindle]

  • 28人登録
  • 3.79評価
    • (4)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 江上剛
  • 実業之日本社 (2015年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

退職歓奨 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 退職後の人生、自分はどうするんだろう。と、考えてみるが、なんにも思いつかない。カネを求めるのか、ユメを追うのか、家族との距離はどうするのか。

    この短編集に登場する男たちは長い銀行員生活を終え、その後の人生についてそれぞれの結論を出す。紙芝居屋や豆腐屋、海外協力など。が、その結論が正しいのかは判明せず。

    それにしても、人生は長いと改めて感じる。まだまだ彼らの人生は終わらない。もはや「余生」という言葉は、「定年後」とは異なるのだ。

    そして、大事なのは家族の理解と協力だ。どの男たちも家族に助けられて、これからの人生を生きていく。

  • 著者は銀行出身なんですね。身につまされます。

  • (元)銀行員が主人公の短編集。
    ほのぼのとする話,厳しい話,ほっこりする話。

  • 短編集だが、読み終われば、幸せな風が通り過ぎたような、満足感があった。

  • 短編のエピソード集。

    まだ定年退職を考える年ではないけど、
    家族や収入、年金などいまにはない悩みがでてくるんだろうと思う。

    それぞれの話に主人公の仕事への誇りや、定年後の生活、培ってきたプライド、それに伴う紆余曲折があって面白い。

    銀行員の話が多かったので、もっと幅広いジャンルの職業話があってもよかった。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

退職歓奨 (実業之日本社文庫)はこんな電子書籍です

退職歓奨 (実業之日本社文庫)の文庫

ツイートする