COURRiER Japon(クーリエジャポン) 2016年 02 月号

  • 80人登録
  • 3.75評価
    • (3)
    • (12)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
  • 講談社 (2015年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910132230267

COURRiER Japon(クーリエジャポン) 2016年 02 月号の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「10年前。あの日オルベアを選んでいれば。」  自転車 宣伝

    マリオ・テスティーノ  マドンナやケイト・モスに愛される、内面を引き出したポートレート 写真家

    「燃えて行くから、あとは骨を拾ってくれ」  川崎宗則

    名門大学の医学部  絵画鑑賞やダンスを必修にする動きが。
    絵画によって「視覚的な診断スキル」が向上 「対話」  「共感力」

    世界を変革する「39のイノベーション」
    ・ウィルス感染履歴がわかる血液検査
    ・スマート・食品ラベル   ゼラチンを使用したラベル触覚でわかるように。  やがてデコボコになる
    ・ドローンが「音波消火」

    「軍事政権下では、どの本を読むか、どの映画を観るか、どの神に祈るかということが政府に指示されていました。そんな環境で育つと、法律の網をくぐる方法が自然と身につきます。我々にとってハッキングは生活の一部なのです。」  アルゼンチン  優秀なハッカーが生まれる理由

    夫が自爆した数日後に次の夫が・・・

    読書
    他者と共感する力が高まり、社会的な支援に積極的になることが証明されているのだ。
    「読書には、他人の立場で物事を見ることを促す非常に大きな力があります」  別の人生を経験


    「語る価値のある物語とは、既存の枠組みを打ち破る物語のことなのです」 67

    作家フィリップ・プルマン
    「食べ物と住まいと仲間の次に私たち人間の暮らしに欠かせないものは物語である」

  • 「ビットコインを支える革新的技術ブロックチェーンが金融界を握る」の記事が興味深い。

  • 借りたもの。

    特集になっていることは読書の利点――それは「読書はうつを防ぎ、共感力を高める」という。

    そのための読書術は目新しいものではなく、読書家の初心に還るキーワードだった。

    1.「読みたい本」を読むこと。
    2.週に30分――一日に1分でも良いから本を読む時間をつくる。
    3.読書の課題を設定し、変化をつけること。
    4.面白いとおめなければ途中でやめること。

    「美しすぎる図書館6選」を眺めては、行ってみたいと夢をふくらませる。
    世界の8大文学賞の受賞者たち。
    アメリカで急成長する市場となっている「女性向け官能小説」(日本の腐女子向け漫画、やおいとは似て非なるものだろうか?)
    2015年は、人工知能が注目される年だった。それは本の分野にも。ネット上で質問を投げかけ学習するシステム「シェエラザード」は物語を紡ぐ。それは作家・人間にとって脅威なのだろうか?執筆以外の利点を挙げている。それは創作のサポート、一種のミューズとして見なしている。

  • 読書の効能:物事を決断する 計画する 優先順位をつける 能力

    「人生に山や谷は避けられないものだ」と理解する。
    うつを防ぎ、共感力を高める 一日に数分間でいい
    読むべき本ではなく読みたい本を読む
    週に30分だけ読む習慣をつける
    読書の課題を設定し、変化をつける
    面白いと思えなければ途中でやめる

  • 読書に関する考察としては、いささか物足りなかった。

  • 読書特集を読みたくて図書館で借りる。意外にページ数が少ないのが残念だったが、内容はまぁまぁ充実していた。推奨されている読書法の中の「週に30分は読書する」というのは最近丁度実践していて今年はまだ読書してない日はない。「読むべき本ではなく読みたい本を読む」はそこそこ。ただ「面白いと思えなければ途中でやめる」は完全に自分のポリシーと正反対。自分はどんなに面白いと思えなくてもとりあえず最後までは読むようにしている。途中から面白くなる話だっていっぱいあるし。あと中村文則のコラムが載ってたのが嬉しかった。

  • ISに参加する人は確固たる意志を持って参加しているものだと今まで思っていましたが、
    中にはISに奪われた町の女性が今まで慣れ親しんだ町が未来は良くなると信じて参加していると知り、大変学ぶ事があります。
    TVでは常に参加している兵士しか映らないので、偏った考えになっていました。

    いつかこの地域に住む国々の人達にとり、平和が訪れる様にと願わずにはいられません。

  • 「脳を変える、未来も変える『読書』の黄金期が来た!」というのは、なぜ「黄金期」なのかがさっぱりわからない。
    てっきり、audible というアマゾンが始めた耳から聞く読書によって、読書の新しいかたちが生まれた、などという、現在のテクノロジーによって読書が変わる、などという記事かと思ったが、全然違った。
    全体的には面白い記事が多いが、この特集には納得できない。

  • 本の特集だったから買ってみた。
    本に関する部分は少ない。
    が、全て読んでみて、とても面白かった。勉強になったり、取り入れてみようと思ったり、当たり前のように注釈なしで書かれている物事がわからなくて、やばい、調べてみよう、と思ったり出来た。
    もっとゴシップ的な雑誌なのかと思っていた。(政治的なゴシップ雑誌だと思ってた。)
    これから、毎月読んでいきたい。のに、これからは紙媒体じゃなくなるの⁉︎
    やっぱり紙が好き。。。


    「本を習慣的に読む人は、『物事を決断する』『計画する』『優先順位をつける』などの能力が、読まない人に比べて優れていることが明らかになっています。読書によって、『人生に山や谷は避けられないものだ。』と理解できるようになるからでしょう」p68

    英国団体「リーディングエージェンシー」

    「好きで本を読む習慣のある人は、それがない人に比べて、ストレスや落ち込みを感じる率や認知症になるリスクが低い」p68

    「習慣的な読書を通じて、他者とコミュニケーションをとろうとする意欲や能力が向上し、他の人の価値観を尊重して偏見なく受け止める姿勢も育まれます。そこから社会問題や文化の多様性に広く目を向け、高い意識を持つようになります。見えている世界の枠組みが広がり、その中での自分の立ち位置が安定するかrです。」

    focusing on what I can control
    「自分がコントロールできることに集中する」

    坊主バー@四谷
    グーグルトレンド
    他人が望む自分を演じるなんてつまらない(マリオ・テスティーノ)
    「夢の技術」
     36 週休三日制 37痛みを測定するコンピューター
    2016.01.06

  • 2016/01/09 購入。少し発売日より遅くなったけど、特集が「脳を変える、未来も変える『読書』の黄金期が来た!」ということなので買ってみた。いつもよりは面白そうな記事が多い。

全13件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

COURRiER Japon(クーリエジャポン) 2016年 02 月号はこんな雑誌です

COURRiER Japon(クーリエジャポン) 2016年 02 月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

COURRiER Japon(クーリエジャポン) 2016年 02 月号を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする