百花百狼~戦国忍法帖~ - PS Vita

  • 58人登録
  • 3.43評価
    • (2)
    • (3)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • D3PUBLISHER (2016年2月25日発売)
  • PlayStation Vita
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4527823998056

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

百花百狼~戦国忍法帖~ - PS Vitaの感想・レビュー・書評

  • 月下丸→黒雪→蝶治郎→半蔵→五右衛門の順番で進めました。とにかく半蔵様にやられました。彼のルートはもう一度プレイしたいです!
    でも全体的に大分暗いです…気が滅入ることもありました。

  • 全員やった人と一部しかやらなかった人とでは評価が分かれる作品だと思いました。

    正直、個人的には一番最初にやったメインヒーロールートは微妙だなと思いました。
    だから「イイ!」という評判に対して「そうか??」と思ってしまっていたのですが、他のキャラクターもやっていくと面白さがわかってきました。
    話は比較的短く、サクサク進みます。
    ですが、内容が結構重たいので、私的にはこれくらいでいいかな?と思いました。
    一番評価したいのは、主人公の槐の性格にしっかりと意味があったことです。
    基本的に大人しく、お姫様らしく、自分をあまりもっていない性格です。自分の能力不足を努力で補おうとしている一面はありますが、流されやすかったり、そんなに強い女の子という印象はないんですよね。
    しかし、この性格になった理由が実はあったのです。
    彼女の過去が明かされるとあるルートは鳥肌でした。
    また、主人公のお相手である男性が変わると主人公の成長具合なども変わってくるのが楽しかったです。
    とあるルートでは忍びとしてすごく成長したり、とあるルートでは死を望んだり、とあるルートでは依存してしまったり・・・とにかく、シナリオによって主人公が変わっていくところもとても面白かったです。

    キャラクターもバラエティに富んでいますよ。人気が出そうなカッコイイキャラクターから、カッコワルイキャラクター、可哀想なキャラクターなどなど。

    短時間でいいものを取り入れられる作品でした。

  • ノベルゲ。
    全体的にストーリーも短く余韻に欠ける感じ。
    セーブ系のシステム周りがやや不親切。

    ルートによって主人公の成長度が大きく変わってしまっているので、ルートによって好き嫌いが分かれそうです。
    共通ルートが凄く短く、殺伐とした事件に巻き込まれるので糖度は低め。
    特筆すべきなのは、主人公の未熟さが原因でキャラがどんどん死んでいく事。
    あまり気分の良い内容では無いです。

  • 【物語のあらすじ】
    主人公の槐は忍の里、伊賀で暮らしていた。里の長の娘のため崇められ、大切に育てられてきたが、そんな槐にも初任務に参加する日がきた。
    任務の内容は京の都で騒がせている石川五右衛門の次に狙っている屋敷を探す出すこと。師匠である蝶次郎と槐と同じ弟子である月火丸、猿之助、伽羅と共に任務を遂行する。道中、月火丸の弟である黒雪にも遭遇し、チームに加わった。

    そして京に登り、徳川家に仕える服部半蔵や遊び人の吾郎に出会う。そして槐達は見事次に狙われる屋敷を見つけ出したが、京都の役人は五右衛門を捕まえそこねる。そして石田三成様から新たな任務の依頼として石川五右衛門の捕縛を命じられた。
    槐は石川五右衛門を見つけ出すが、それはなんと京都のことを色々教えたくれた吾郎だった。本性を現した石川五右衛門だったが、槐は隙をつき、石川五右衛門の捕縛に成功する。その現場を一部始終見ていた天下の豊臣秀吉は、槐を自分の元に呼び寄せた。
    しかし、それは槐の人生を狂わせる出来事になってしまう。

    豊臣秀吉に呼び出された槐は、一瞬の隙を突かれ殺されてしまった秀吉の重罪人として囚われてしまった。

    どうする!?槐!
    誰に助けてもらう?
    誰に救ってもらう?

    槐が生まれた時から槐のことを守っている月火丸か?
    それとも可愛い顔をした月火丸の弟、黒雪に独占して守ってもらいたいか?
    それとも面倒見のいい師匠であり、従兄弟の蝶次郎との逃避行か?
    それとも使命のためなら手段を選ばない最強の忍び服部半蔵に助けてもらうか?
    それとも実は元忍びだった遊び人の石川五右衛門と手を組み夫婦のフリをして匿ってもらうか?
    さぁー選びたまえ♪笑


    【感想】
    この物語はなかなか泣けます。全体的にシリアスです。
    特に里の仲間と敵対してしまう恐れのある月下丸ルートと蝶次郎ルートには胸を痛めながらプレイしてました(T ^ T)笑

    内容もシリアスなので五右衛門さんは私的にはバッドエンドの方がしっくりきちゃっったり・・・いや、あれは絵がすごく綺麗だったからかも、それか男の涙にやられただけかもしれない。笑
    っとまぁバットエンドも悪くない筋書きになってます。


    声優さんも豪華ですね。しかも私の好きな鳥海さん、羽多野さんのお二方がいたので即買いしました(笑)

    攻略順は月下丸➡︎黒雪➡︎蝶次郎➡︎半蔵➡︎五右衛門です。
    おすすめは、この順番でも全然いいですが、
    私的には半蔵さんを最後でもいいかなw
    っというのも私は半蔵さんが一番好きになれたからですが。笑

    次に好きなキャラ順と感想です。
    【❶半蔵】
    初めは意外に怖くてたぶん好きになれないタイプだなって思っていました。しかし津田さんの低音ボイスと徐々に近づいていく距離感にドキドキ・・・ありきたりだけど体を温めあうシーンにもう腰くだけです///笑
    そして最後にハッピーエンディング!
    その後のラブラブ夫婦生活も色々妄想できるので、安心して終われました。いやぁドキドキした♡

    ❷蝶次郎
    外見が一番好きです♡声も大好き♡
    なんで一番ハマるキャラかとおもいきや、話がシリアスすぎました。。。
    まぁ最終的にはハッピーエンドで逃避行という結果なんで悪くはないような、、、でも蝶次郎自身も里の掟を破れないことに苦しんで初めは敵対してたし、なんかドキドキより胸が痛んだかな。。。なので2位で!笑

    ❸五右衛門
    この方は敵を殺さないし、仲間との敵対もなかったので安心して攻略できましたw
    緑川さんのダンディな低音ボイスも意外と合ってたので、よかったです。遊び人で兄貴っぽい感じなんでキャラ的にはすごく好きなタイプなんだけど、5番目に攻略しちゃったので自分がちょっと飽きちゃってたかな。。。蝶次郎とそんなに差はないけど一応3位で。

    ❹月下丸
    蝶次郎と同じく胸が痛めるシーンが多かったです。
    初めに攻略しちゃったので、冤罪にされたことにムカついたり、里の仲間と敵対することに悲しくなったり。。。
    でもそんな時月下丸だけが私の味方になってくれたので、それがすごく安心できたかな。
    子犬みたいなキャラもあるけど。笑
    ただ全体的に話が、シリアスだなぁーっと。。。

    ❹黒雪
    可愛い年下キャラは私好みではないんで、月下丸と同列4位です。ただし、下野さんの声はこう母性本能をくすぐるものがあります!
    たまにクラっときちゃう場面がありました///
    黒雪の不安や悩みに寄り添いたくなります。
    黒雪の槐に対する独占欲も重いけど嬉しい・・・


    ただなんだかんだで結構どのルートもオススメです。
    ここまでちゃんとした物語は久しぶり!
    でも半蔵さんが私的にはダントツオススメでーす♪

  • 声優さんも良し。キャラデザも好き。
    …なのですが。内容が微妙。
    仲間の死亡率は高い・とりまくサブキャラはとにかく非道。
    それでもって最終的には攻略対象と『自分たちは幸せなのでハッピーエンド』的なシナリオが多い。
    人の命がとにかく軽い作品で悲しいなぁと。マトモなルートが殆ど無い…。
    オトナな半蔵さまと、ヤンデレ黒雪はキャラ的に良かったです。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

百花百狼~戦国忍法帖~ - PS Vitaを本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

ツイートする