ダ・ヴィンチ 2016年1月号

  • 128人登録
  • 3.75評価
    • (9)
    • (10)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 22レビュー
  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2015年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910059870164

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ダ・ヴィンチ 2016年1月号の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • BOOK OF THE YEAR2015 読みごたえありで満足できる号でした。

    小説、コミック、文庫、エッセイ、ノンフィクション、趣味・実用、ビジネス、自己啓発。好きな作家、好きなマンガ家。好きな出版社。その他、おすすめの3冊など、細かくみっちりと隅から隅まで読んだの久しぶり。ちょっとした充実感を得ることが出来ました♪

    紙の質がよくなったような気がする。前はもっとペラペラな紙で付箋貼ればビリッと破れそうだったけど、少しざらざらめの紙になって付箋に負けない紙になったような…。気のせいか。

    私読んでる本でランキングに入っていたのは『ハイキュー!!』くらいで、少し人気のあるものも手にしてみようと思った。『ドルフィン・ソングを救え!』を読んでみたいと思った。

  • 120頁からの見開き記事「東京創元社とっておきミステリー」目当てに購入。『雪の断章』が紹介されてると聞き買わずにはいられなかった。副題は「冬の夜にじっくり読みたい!」とあるが、冬に関するものは実質『雪の断章』だけのような。でも紹介してくれただけでも万々歳。また、この紹介後の反応を考慮してか、続編『忘れな草』『花嫁人形』『風花の里』通称孤児シリーズすべて増刷となり大変嬉しい!新しい帯のために複本購入予定。ランキングは大人向け作品を読まないので、あまり参考にならず。『和菓子のアン』続刊刊行予定に期待。

  • ブックオブザイヤーの特集が気になって購入。単行本部門のベスト3はすべて既読。内容からも多くの方々に読まれているのに納得できる。「火花」は流行語にノミネートされる程、話題性が強く、今年を象徴する作品だと感じる。東野圭吾さんは単行本、文庫本どちらの部門にもランキングされたので、多くの方々に親しまれている作家だというのが頷ける。読んだ作品がランクインされているのは嬉しかった。東山彰良さん、羽田圭介さんの対談、乃木坂46の特集も面白く、国会図書館に足を運んでみたいと思う。特集から読みたい本が増え、沢山の本を登録。

  • 今年も迷わず購入(^^)♪前回はランキングに入っている本をほとんど読んでいなくて「あぁ時代についていけなくなった(T-T)」と思ったけれど、今回は半分くらい読んでいた(^^)vまだパラパラ読んだだけだけど、これからじっくり読み込んで読みたい本を絞ります!

  • ネットを見ていて気分よくなったことはありますか?ということ。
    これまでのマスメディアにはなかった自由な文化空間gあ生まれたのか?
    SNSって本来は無くてもいk手行けるもの。

  • さまぁ~ずが表紙でつい購入。かっこいい。

  • BOOK OF THE YEAR 2015の号、半年経ってようやく読みました笑 1位は『火花』か~。映像化されたら是非見てみたいかなと思いますね。

    ちなみに私個人的なBOOK OF THE YEAR 2015は宮部みゆきさんの『孤宿の人』でした。

  • 三村、読書家だったのか。

  • 毎年必ず、買うなり、借りるなりしてチェックする。本やコミックスのトレンドがわかるし、読みたい本を見つけることができる。

  • ここのところ本読んでなかったので、ランキングの本から読んでいこうかな

全22件中 1 - 10件を表示

ダ・ヴィンチ 2016年1月号を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2016年1月号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2016年1月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2016年1月号を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする