The Martian [Blu-ray + Digital HD]

  • 76人登録
  • 3.89評価
    • (8)
    • (17)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
  • 20th Century Fox
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 0024543206507

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

The Martian [Blu-ray + Digital HD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宇宙で事故るお話の中でも、何とかして帰還するというのではなく、自給自足で生き延びるというのは新しいと思いました。たった一人で、限られた資源の中で、生き抜くという発想にたどりつく主人公の精神力に感動。

  • ★5。ポジティブシンキング!火星にただ一人残された青年。だけど、植物学者の彼は色んな科学的方法で生き残る作戦を見出した!

  • 「知の総結集」というような印象の映画で大変面白かった。頭がいいってことはやっぱり楽しい、みたいなことを思う。ユーモアも随所にあって、最初から最後までずっと面白い。
    現時点での技術と知を基にした話だから、10年後とかになったら古いものとなるんだろうか、と思うと少しわくわくする。

  • 劇場で鑑賞。
    ディスコミュージック最高!

    私みたいに、ちっぽけな仕事しかしてなくても、対処すべき問題は毎日おきて右往左往。
    一つひとつね。はい。

  • 火星でDASH村、ということだけ聞いていた映画。
    思った以上に爽やかですっきりした味わい。
    友人の結婚式→結婚披露宴→二次会→三次会の翌日の二日酔状態でも素敵な体験となった。

    「科学とユーモアが人類の武器であり美徳なんだ」
    という思想が全編を貫く。
    主人公マーク・ワトニーが無意味に悲観的(妻子や親を絡めた過剰な演出は一切なし!)にならない、まさにプロフェッショナルであること。
    結構淡々と、問題を把握→対策を検討→予定を作成→実行、を繰り返していく。
    前半はロビンソン・クルーソー。つまりはDASH村。
    個人的には前半はいつまででも見ていたい部類。

    そして後半はパニックSFもの。
    この中で仲間たちの軽々とした悪口が連発するが、
    それによるバディ感の表現、が、これまたいいんだ。

    あとで思い返すたびに豊潤でいい気持になれる。
    もちろんBGMは、Hot Stuff ~Donna Summer~

  • 近所のシネコンで鑑賞。字幕版
    日本版DVDが出るまでの仮登録

  •  主人公の孤独感はイマイチ伝わらなかったものの、主人公とそれをサポートする人達が幾つもの困難を打開してゆく様には心地よい王道のカタルシスがあった。

  • リドリー・スコットの新作。日本では「オデッセイ」。
    作品内容に関してはおおよそ鉄腕DASHだった。DASH島してた。ハイテンションだった。
    ちょっと中だるみしちゃうのがネックかな。

    予告のやり方での違いなんだろうけど想像していたものと違う!ステーキ頼んだら海鮮丼きた!!って言い出す人がいてもおかしくないかもしれない。個人的にはゆるく楽しく楽しめたSF映画でした。

  • 悲惨な状況設定なのに悲壮感がほとんど感じられず、なんか前向きになっちまう娯楽映画。ディスコ曲がいいわー。

  • アカデミー賞は難しいかもだけどすごく面白かった。それぞれの立場の人が、それぞれ自分のやるべき仕事をしたいと願って動いている。安易に感情を盛り込まないのも余計な要素省いてまっすぐ観られるので最高ですね。
    最近クラシカルなディスコミュージック挿入歌にするの流行ってるのかな…?

全12件中 1 - 10件を表示

The Martian [Blu-ray + Digital HD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

The Martian [Blu-ray + Digital HD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

The Martian [Blu-ray + Digital HD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

The Martian [Blu-ray + Digital HD]はこんな映画です

ツイートする