バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]

  • 655人登録
  • 3.48評価
    • (46)
    • (101)
    • (123)
    • (31)
    • (7)
  • 121レビュー
監督 : 細田守 
  • バップ (2016年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021144773

バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  家族で見始めたのに、ちびちゃんたちはすでに1度みているよう。私は片手間に見ていたので飛び飛び。
    しかもMが「Mちゃん、これ嫌いだからみない」と言って戦うシーンになると飛ばす。
     いろいろな親子が登場する。私はどれに近いかしらなどと思いつつ。

  • バケモノの子、いまになって観賞。
    バケモノの世界が幾分中華文化が混じったモロッコだった。モロッコだったなぁ~。
    マラケシュとフェズとシェフシャウエンが交じり合ったような雰囲気で、モロッコだったわ~。
    熊徹と九太たちは西遊記ちっくな印象だったけどね。

    印象としてはサマウォーズとジブリを掛け合わせたような、ちょっといろいろ盛り込んでみたけど逆に新鮮味はなくなってしまってしまったような感じですかね。
    まー良くも悪くも今っぽいなとは思う。
    鯨がね、メルヴィルの「白鯨」と一郎丸の闇と、復讐と見せかけて自分自身と戦っているってメタファーなんですな、きっと。
    楓ちゃんとの関係は今一歩踏み込んでほしかったかな?

    決してつまらなくはないんですけどね、あんまり世界に引き込まれなかったなぁ。
    モロッコ的!っていう点でプラス1点てことで。

  • 人は誰でも闇をもっていてその闇に負けてしまう。
    闇に落ちるのは自分の心の弱さ。

    でも、人は1人で生きて行けない。
    だから、闇からまた戻ってこれる人もいる。

    「俺のやる事そこでだまって見ていろ」

    「おう、見せてもらおうじゃねえか」

    へへへっ。
    はははっ。

    かもしれない。

  • 家族三人で観てて、最後は皆で拍手喝采しました・・・!

  • 次期宗主戦が終わり終盤に差し掛かる時点では、やっちまったかーって感じだったけど、そこから巻き返して綺麗にまとめるのは流石だと思った。
    テーマは父と息子で、重くなり過ぎないちょうど良い彫り下げとなっている。
    ただ、主人公サイドはハッピーエンドだけど、人間にして、化物の世界に生きる白狼丸の苦悩は続くんだろうなぁ。

  • 師弟ものはよくあるテーマ。しかし、それがバケモノと人間であるとか細田作品である といったことで、新しい師弟ものになるかと思ったらベタなままでした。

    人間は心に闇を抱えているからバケモノに劣っているという設定が面白い。しかし心に闇がある弱さこそが人間のいいところではないかと思ったら、そうはならずに、闇に飲み込まれた人間がひどく暴力的になる。人間は心に抱えてる闇に負けてはいけませんというテーマもありでしょうが、闇が勝つと人間ってそんなに暴力的になります?別の世界の人間?

    後半人間のバケモノの世界の行き来が自由になっていたり不自然なところが多い。

    学校に行ってないので漢字もロクに読めない蓮。
    「レンのいう名前は草かんむりにつらなる?」と聞かれて「うん」と答えるのだが、草かんむりとか読めてるじゃん。

  • これは面白い、役所広司の声も素晴らしい。

  • 役所さんと宮崎さん、良い…

  • ほぼ2時間と長い
    なんとなく想像がつく敵
    お父さんが全然年相応に見えない

    ヒロインはどう見ても足手まとい
    まあ商業的理由で必要なんでしょう

  • 細田守監督の中で一番悪い作品だと思う。
    全てにちぐはぐで言葉と感情の噛み合わなさに首を傾げさせられる。熊鉄のキャラが良かっただけに残念

全121件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする