人事の超プロが明かす評価基準 (三笠書房 電子書籍) [Kindle]

  • 18人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 西尾太
  • 三笠書房 (2015年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (162ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

人事の超プロが明かす評価基準 (三笠書房 電子書籍)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 心に残った部分を書き留めておく。
    ・評価制度の目的は育成
    ・高い評価を得るには、出世するには、高い年収を得るには自分の影響力を高めることを目標にする
    ・普遍的な評価基準を知り、必要なコンピテンシーを獲得すれば人生の選択肢を増やすことができる

  • 評価について、給料を決めるためのものと思っていたが、トレーニングのための手段として使えばいいんだな〜と思えたので良かった。

    -------
    ・人事制度は、人材育成をベースとしたものにしなければならない。
    ・自分の将来が見える、キャリアステップを明確にしたものであるべきだ。
    ・評価される人=影響力のある人
    ・営業マンの役割は「業者」「パートナー」「先生」
    ・マナーが守れないはなぜだめなのか。
     →周囲の人々に多大なストレスを与え、マイナスの影響力を放つ
    ・「どうしましょう?」ではなく「こうしたいのですが、いいですか?」と提案することは、リーダーシップを身に着けていく第一歩
    ・オペレーションマネージャー
    ・目標を紙に書いた人とそうでない人の20年後の平均年収に10倍の差

    ・メンバー向け
    無知の自覚を促す項目を評価に入れる

    ・マネージャー向け
    人材育成という項目を評価に入れる

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

人事の超プロが明かす評価基準 (三笠書房 電子書籍)を本棚に登録しているひと

人事の超プロが明かす評価基準 (三笠書房 電子書籍)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人事の超プロが明かす評価基準 (三笠書房 電子書籍)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人事の超プロが明かす評価基準 (三笠書房 電子書籍)を本棚に「積読」で登録しているひと

人事の超プロが明かす評価基準 (三笠書房 電子書籍)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする