かわいくおごられて気持ちよくおごる方法 (幻冬舎単行本) [Kindle]

  • 46人登録
  • 3.55評価
    • (4)
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : はあちゅう
  • 幻冬舎 (2015年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (147ページ)

かわいくおごられて気持ちよくおごる方法 (幻冬舎単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先日はあちゅうさんがブログで本書の内容を紹介していて、内容に惹かれて購入。
    この本の存在はずっと前から知っていましたが、なかなか触手が伸びなかったんです。その理由は、タイトル。

    連載時のタイトルは「東京いい店やられる店」
    そして単行本、Kindle本では本書「かわいくおごられて気持ちよくおごる方法」
    なかなか、明け透けなタイトルで、ちょっと怯んでしまう。
    それがこの度文庫化されるにあたり「恋が生まれるご飯のために」というタイトルになるらしい。
    こうして徐々にタイトルが変わることで、届く層が変わっていくんだなぁと思うと、本気で売ろうというのはこういうことかと感服します。

    内容は思ったよりもガツガツしておらず、ほっとしました。
    デートに限らず、食というものはとても大切だと思っています。食べることは生きること。食べることに適当な人は生き方も適当です、というのはそうかもしれない。

    今年になって恋人を探そうと考えて男性と食事をしたりもしてみましたが、みんなご馳走してくれる。
    学生同士とはまた随分違うなと、久しぶりに恋愛市場に出てみて思ったものです。おごられ慣れていないので恐縮してしまうのですが、それでもやっぱり、おごるということが当たり前じゃないからこそ、おごられたら特別に感じるというのはあると思っています。

    想いも優しさも胸に秘めてるだけじゃ伝わらないし、なるべく言葉にしたり、行動に移そうと心がけています。
    きちんと感謝を伝えること、楽しく一緒に食事をすることなど、恋愛も人との関係だから人付き合いの基本を大事にしていくことが大切なんだろうと改めて感じています。

    恋愛も、美味しいものを食べるのも、楽しいよね。

  • 「おごらない男は大嫌い」と言い切る著者は大嫌いだが、内容は非常におもしろい。
    ごはんを食べるということに対するスタンスにおいて、勉強になる部分が多々あり!
    ごはんにこだわり持って過ごしたいなー

  • 食べる事が大好き!美味しい物を食べる為に生きてる!って人には、とっても面白いと思うし、共感できる部分も多いと思う。食べる事を楽しめない人、食に興味がない人とは絶対に付き合えないという事を再認識した。

  • 新聞の広告で見つけ
    図書館にリクエストしたら
    購入してくれた

    題名が秀逸だと思う

    内容的にはそんなに
    新鮮味はないかな

    あと女性目線でちょっと
    粘っこい感じはちょっと苦手

    P81
    ごちそうさまは最低4回
    とかは当然してたけど
    指摘されてなるほどと思った

    新鮮だったのは
    P31「焼きそば食べに行こう」
    P78下ネタは質問返しで切り抜ける
    P101サプライズよりしっとり祝って
    P122「作ってよ」は失礼
    (使ったことないけど)
    P141主人公が恋に落ちるのは
    嫌なやつだという真理
    P145女子の気持ちはデートに行く前に
    決まってる
    P2「女の子にその気がゼロだったら
    間違いは絶対におこらない」
    P12自分といる時間を短く感じさせる
    P22デートってごはんを食べること
    P189恋愛は楽しくご飯を食べれる相手を
    見つけること。結婚は一生一緒にご飯を
    食べる約束

    やっぱり恋愛を語る時特有の
    妄想的まどろっこしさは苦手かな
    駆け引き的な意味合いの内容も
    個人的にちょっと…

    高級な話やモテてる感もちょっと
    鼻についてしまった

    メンドいと思う男性もいるかも

全4件中 1 - 4件を表示

かわいくおごられて気持ちよくおごる方法 (幻冬舎単行本)のその他の作品

はあちゅうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

かわいくおごられて気持ちよくおごる方法 (幻冬舎単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かわいくおごられて気持ちよくおごる方法 (幻冬舎単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする