ピクセル(初回限定版) [DVD]

  • 228人登録
  • 3.17評価
    • (12)
    • (19)
    • (62)
    • (20)
    • (2)
  • 44レビュー
監督 : クリス・コロンバス 
出演 : アダム・サンドラー  ケヴィン・ジェームズ  ミシェル・モナハン  ピーター・ディンクレイジ 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2016年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462101365

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ピクセル(初回限定版) [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 何故?が付きまとう設定の映画であるが、昔懐かしいゲームのキャラクターがたくさん出てくるのは良かった。それだけかな。

  • ゲーマーのオタクのおっさんたちが、昔のゲームのキャラクターになって地球に現れたエイリアンと戦う。
    レトロゲームに思い入れがあると楽しめるんだろう。

  • 「金曜ロードショー」にて。あまり評判が良くなかったようですが、結構面白かったですよ。かなり無茶苦茶な設定ですが、世の中でなんの役にも立たなかったおたくゲーマーたちが世界を救って自己肯定感を獲得するというストーリーがよかったです。パックマンやドンキーコングの実写化(?)も胸が熱くなりますね。まぁ、おっさん限定ですが(笑)

  • 心がアメリカ人なので細かいことをまっっっっっっっっっっったく気にせず楽しめたし、幸せな気持ちになれました!

  • まあ、ネタとして観たのでこれでいいんじゃないかと…思う次第なんですけれどもねぇ…。

    パックマンの発案者まで登場してくるとは思いませんでしたけれどもねぇ…他にも意外な方が出演されていて良かったですね!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    こういう映画は頭空っぽにして観れるので良いですよ! 小難しい芸術映画ばかりだと疲れてしまいますからねぇ…。

    世界的にも"オタク"と呼ばれる人種が増えているから、こうした映画が作られるんでしょうか…「オタクはカッコイイ!」そうしたことを感じられる唯一無二の映画だと思いました…おしまい…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • レンタル>パックマン出てるんで、どんな内容になってるのかと期待したんだけど…全くお寒い内容でがっかりだった(-_-;)。。
    これならシュガー・ラッシュ見てた方がよっぽどいいわ♪♪
    パックマン、何故か悪者なんだもん…何で??
    ENDロールの8ビットな感じの方がワクワクしたwww
    ニンテンドーやナムコ,タイトー等、数々のゲームメーカーが協賛してる割には…あんまりゲームキャラの出番がない。。
    マリオ出てたけど、ほんの少し顔出しただけっていう(;´・ω・)。。
    80年代感は出てたけど、ゲームのチョイスが私的にちょっと古い方だった。。
    アダム・サンドラーの笑いには私は相性悪いみたい…で全く笑えなかった。。デブの大統領もアホ過ぎてイライラするし、オタク童貞君キャラも嫌い。スマーフ殺した女許せねぇ。
    何で急にゲームキャラが侵略者的になっちゃうのかわかんない。。何でこんな話の設定にしちゃったんだろうねぇ?

  • パックマン、街に出る

  • めっっっちゃよかった!
    冒頭の展開の速さからエンディングまで余すところなく楽しめた。
    勢いがあり、ノンストレス。
    過剰なくらいのハッピーエンド、ドリーム成り上がり展開は賛否分かれるだろうが、二次元世界にはまり込んで時を費やしたことのある(というか今なお費やしている)自分が、楽しむことを目的に観たものとしては最高だった。
    とにかくこういうの大好きだ!

  • おっさんリベンジちやほや物語…。

    けど、これはQバートいるし。
    嫌な奴はちゃんと嫌な奴扱いされるから、良かった

  • 馬鹿げているしマンガすぎるけど、愉快でユーモアがあって遊び心が徹底している。エンドロールの映像もいい。楽しい映画。

  • パックマンのゴーストも出てきてほしかった。
    でコーヒーブレイクで裾が破れて、足が見えると。

    VRの技術が進歩したら、このくらいのゲームは出来そう。

  • B級映画作るなとは勿論言わんし、愛のない映画作るなとも言わんが、金かけて愛のないB級映画作るなくらいは言っても良いのではないだろうか。

  • キャラクター懐かしい。昔のゲームやりたくなった。

  •  地球からのゲーム大会の映像メッセージを勘違いした宇宙人がレトロゲームを実体化して攻めてきた。その脅威に立ち向かうのはかつてのゲーム大会で活躍した今は冴えない中年達!

     やはりアダム・サンドラ―ものに外れなし。レトロゲームが実体化しただけの映画ではない。
     主人公の男はレトロゲームの腕前はすごかったけど、そんんなの別に大人になって役立つわけじゃない。世界一を逃した傷つきもあってその後の人生はボロボロ。親友が歴代で一番ダメな大統領ってのも人生紙一重感が出てていい感じ。
     アダム・サンドラ―映画って色んなことがさりげなくてテンポがいい。安心して楽しめる。

     しかし、レトロゲームってパターンを体に染み込ませるって感じで修行だったよな。。。

  • 清く正しいバカ映画。ただ、元ネタのパックマンをやったことがないのでそこまで楽しめなかった。わかったネタはテトリスぐらい。岩谷さん、テニスのセリーナ・ウィリアムズとマーサ・スチュワートがカメオ出演していて笑いました。
    懐かしゲームネタもさることながら、内容はブラックジョークまみれ。「古いゲームが好きな負け犬」が英雄としてちやほやされる…という割とどうしようもない映画。それ以上でもそれ以下でもありません。100円レンタルだったのでこんなものかな、という印象。ただ、劇場で1800円だったら叩いてたと思う。それぐらいの内容です。
    ***
    日頃、芸能人の吹き替えを批判するのは好きではないのですが、主人公を演じる柳沢慎吾の吹き替えはあまり出来がいいとは思えませんでした。なんというか、画面から声が浮き上がっているような、とにかく合っていない印象だった。

  • 2016.05.21.

    勢いはあった。

  • 映画を見る前からなんとなくわかるようなよくあるストーリーだった。予算が少ないのか、余り、特殊映像も少なくて、また、ヒロインの女性もそこそこでした。

  • 夫がTSUTAYAで借りてきたもの。

    上映時に映画館で観たかったけど、子育て中で叶わなかったので。
    5歳児も一緒なので、吹き替え版で。
    「アバヨ!」の台詞あたりで、ん?と思ったら、アダム・サンドラ―演じる主人公の吹き替えは柳沢慎吾。それに神谷明や沢城みゆきもいる。
    ファミコンやレトロゲーの洗礼を受けた、こっち側(オタク側)のものとしてはとても楽しめた。

  • アホらしい発想神映画。

  • もっとおバカ映画なのかと思ったら、割と普通にちゃんとした映画だった。これを見る前に、「荒野はつらいよ」を見たのが大きかったようですが! ドットキャラクターがかわいかった。よく見るといろんなキャラがいて楽しい。

  • 「最高だぜ!」「生きてて良かった。」
    大好きな 得意な ゲームが現実の世界に。
    冴えないオタクが地球のために大活躍。ゲームウォー。

    ゲームの世界チャンピオン サムやウィルと仲間達。でもそれは子供時代の話。
    サムはしがない修理工、ウィルは失言だらけで失脚寸前の大統領、ラドローは変人扱い。エディは刑務所暮らし。
    ゲームの腕前は世界一。でも周りからは何の評価もされなかった。
    ところがある日 宇宙人がやって来て、ゲームで地球の命運を決めると言って来た。

    見向きもされなかった男達が、得意分野で大活躍して世間を見返す逆転ドラマ。
    「僕が修理屋じゃなく、大富豪のセレブだったとしても キスしなかったって言い切れる?」

    鈍臭いおデブちゃんだったウィルが、場面転換後、説明なく大統領になっててビックリ。
    宇宙人がゲームのビデオを勘違いしたとしても、ゲームを作って侵略する設定も理解できない。
    しかし、所詮 物語なんだから、言い切ったもの勝ち。
    好きなことは好き、やりたいようにやる。そんな開き直りを感じた。

    パックマン、ギャラガ、ドンキーコングなど お馴染みの大ヒットゲームが現実世界に!
    ゲームの世界のヒロインへの憧れや、ゲームにだけは見せる頑張りなど、
    ゲーム少年の心をざわつかす映画だった。

  • 1980年代世代は確かに微笑みながら楽に見れる映画やったと思う。 ディズニーキャラクターを撃って行ったり、皮肉もいっぱいで面白かった!

  • 2015年公開
    監督 : クリス・コロンバス
    ==
    80年代に一世を風靡したアーケードゲームが、宇宙人の勘違いによって兵器化され地球を襲うお話。

    画落ちですよね。ピクセル状のパックマンがマンハッタンを食い散らかすっていう画がすべて。現実とピクセル画の入り混じった風景は新鮮で面白かったけど。

    あとは「親友が大統領になってる」っていう設定は結構斬新で見たことなかったかも。その描写は結構皮肉強めだったけども。

    クリスコロンバスお得意の最後は正義が勝つSF王道ストーリーを面白お化粧で意外な絵面に、っていう感じでした。

  • おじさんと、ちっちゃめの男の子向けの映画かな。キューブのカランカランっていう音は聞いていて気持ちがいい!

全44件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ピクセル(初回限定版) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ピクセル(初回限定版) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする