宇宙軍士官学校─前哨─ 9 (ハヤカワ文庫JA) [Kindle]

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 鷹見一幸
  • 早川書房 (2015年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (173ページ)

宇宙軍士官学校─前哨─ 9 (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

  • 「かつて,地球を一周するだけで世界一周と呼ばれた時代があった」

    今回は太陽系に出現する粛清者と
    それと戦う地球防衛軍という様相.

    最初は少数で偵察じみてたので数の有利で叩き潰す.
    しかしどんどん数が増えていく.
    このままではそのうち数の優位が無くなる.
    更に相手は耐ビームコーディングによって
    こちらのビーム兵器が効かない.
    どんどん追いつめられていく.

    一度目は4艦が
    二度目は8艦が
    三度目は16艦が
    四度目は32艦が.
    法則性見えてきたよ!
    次は64艦だな!
    おいおい
    いつまで続くんだよ.
    このままじゃジリ貧だぞ.

    今回も面白かった!
    でももうほとんど士官学校は関係ないよな.

  • 地球に粛清者が二度目の攻撃をしてきた。その数4隻。地球軍のみで迎撃に成功する。がその後も8隻、16隻と倍加していく攻撃にビーム攻撃を無効化された地球軍は疲弊していく。
    今回は物語がアリサカ以外にもスポットが多く当てられ幅が出ている。ストーリーでも武器の改良などにも焦点が当てられ面白い。
    おそらく次で最終巻。どう区切るのかが楽しみ。

全2件中 1 - 2件を表示

鷹見一幸の作品一覧

鷹見一幸の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

宇宙軍士官学校─前哨─ 9 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

宇宙軍士官学校─前哨─ 9 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に「積読」で登録しているひと

宇宙軍士官学校─前哨─ 9 (ハヤカワ文庫JA)の新書

ツイートする