幻想ギネコクラシー 1 (楽園コミックス) [Kindle]

  • 18人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 沙村広明
  • 白泉社 (2014年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (150ページ)

幻想ギネコクラシー 1 (楽園コミックス)の感想・レビュー・書評

  • ああ、やっちゃった感。手出しちゃった、読んじゃった、と軽い後悔とでも言いましょうか。皮肉というのかブラックジョークというのかな、なんとなく裏側を突かれたような読後感でした。キレイな絵というか美しい女性たちでヒドイオチというか。蓋をしたいというか普段見せないようにしている人間のエゴというか欲を出しちゃっているような。清濁併せてゴックンな感じですよ。
    初めての作家さんですが、いろいろ書かれているとのこと。ただ、この作風は長編よりも短編向きな気がする、勝手な想像ですが。
    1.鳳梨娘(フォー リー ニャン) 早とちりで、兄を殺し、妹を助けるが。おとんが原因というチャンチャンなオチ
    2.かまくりあん ホノボノなのか??
    3.楽園からのハッピー・バースデー 40歳童貞がやっちゃった。ネコパラダイスが(笑)
    4.筒井筒 井戸が竹になっていたのは?
    5.コップと泥棒、その妻と愛人 結局どっちが嘘つき村だったのか、わかっていない
    6.新世紀ゴッドスレイヤー そりゃ女の子を創るよね。
    7.青い珊瑚礁2011 クラゲびりびり
    8.オムレツの想い出 バター犬とかひどいオチ。しかしバター犬ってなんの?
    9.惑星ソラリッサ おっさんひでぇ。下剤で石油とか・・・
    10.健啖家・最後の晩餐 大食い優勝マシンが逆流とか。オチのトイレが・・・あると便利かもね
    11.殺し屋リジィの追憶 津軽弁の訳が丁寧語なのが笑えた
    12.イヴァン・ゴーリエ 絵とマッチしていると思った作品。

  • 読むのがもったいなほど濃厚な短篇集。切れ味バツグンのユーモアありお色気あり暴力有り。やりたい放題すきなものを描いている感じ

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

幻想ギネコクラシー 1 (楽園コミックス)を本棚に登録しているひと

幻想ギネコクラシー 1 (楽園コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幻想ギネコクラシー 1 (楽園コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幻想ギネコクラシー 1 (楽園コミックス)のコミック

ツイートする