さよなら、人類 [DVD]

  • 71人登録
  • 2.83評価
    • (2)
    • (4)
    • (14)
    • (7)
    • (3)
  • 12レビュー
監督 : ロイ・アンダーソン 
出演 : ホルガー・アンダーソン  ニルス・ウェストブロム 
  • TCエンタテインメント (2016年3月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474170086

さよなら、人類 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ロイ・アンダーソンの人間観、絶望から諧謔と笑いへの道筋、があまりに自分と近いことに驚く。

  • 類人猿の生体実験や、意味不明な人間オルゴール(?)など、最終章だけは心に突き刺さるモノがあった(つまりそれ以外は…)。

    恐らく本作は、何も考えず感性だけで観るものだと思うし、シュールレリズムや不条理劇が好きな人間なら追いtえこられるだろうが、それでもやはりもう少し物語性や判り易さが欲しい。

  • えーっと…。
    この映画、レベルが高すぎるのか凡人の私には良さが分からない。
    固定カメラで退屈な感じの1シーンを延々と流してる感じ。
    こういうの好きな人はハマると思う。
    ただ私には眠くて仕方なく、特別興味もそそられない…。
    50分くらい頑張って観たけど断念した。

    “パッとしないセールスマンコンビのサム(ニルス・ヴェストブロム)とヨナタン(ホルゲル・アンデション)は、面白グッズ販売を目的にさまざまな人々を訪ね回っていた。その際に彼らは、ワインを開けようとして心臓発作を起こしてしまう夫と異変に気付かない妻、天国まで持っていくと宝石入りのバッグを手放さない亡くなる直前の老女など、切なくもこっけいな人生模様を目の当たりにする。”

  • まあ、そんな感じ。

  • モンティパイソンはもちろんなんだけど、全盛期の松本人志(ひとりごっつとか)に近いブラックさと日常の可笑しさみたいな気づきが楽しくてとても良い。
    笑い袋が中途半端になり続けていたりとかあぁ‥あの感じとなる笑いの肌感が合えばめちゃくちゃ楽しめる良作でした。

  • 眠くなるのだけどなぜか見たくなる。寒い日とか雨の日とか天気の悪い日に見たくなる。

  • 「愛おしき隣人」を土砂降りの雨の日に
    雨音を聞きながら見るのが好きだけど、
    これはそんな日よりは
    雨上がりの曇りの日に見たい。

  • 2016/5/5 予告編のイメージとは違ってスピード感のない 静かな映画だったので 最初は入りにくかった。日常にある断片や歴史的事件を背景にしてたり、笑えるとことブラックなところがありますね。映像的に面白い部分もあったけど…舞台感があり過ぎて 捉えるのがスムーズじゃないところも多かったし、その国ならではの事もあるけど…何の意味もなく「元気そうで何より…良かった」っていう会話や「早朝出動の人もいるんですから…」と繰り返すところは どこでもあるなぁと笑えた (☞ ՞ਊ ՞)監督が伝えたかった断片的なイメージが投影された 少しあるあるネタをやってる間がありましたが…色々あっても何気に生きてゆく人類なんだね〜私達って、、ヨナタンの被り物 静かに笑えますね。

  • ☆☆☆2016/04/19

  • 静かで、ブラック。人間の愚かさとおさらばしよう、という体裁のもとで、ポリティカルコレクトネスを無視したジョークをひそかに楽しんでいる映画。

全12件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

さよなら、人類 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

さよなら、人類 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

さよなら、人類 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする