映画 みんな! エスパーだよ! DVD初回限定生産版(2枚組)

  • 68人登録
  • 2.21評価
    • (1)
    • (1)
    • (11)
    • (12)
    • (9)
  • 18レビュー
監督 : 園子温 
出演 : 染谷将太  池田エライザ  真野恵里菜  マキタスポーツ  高橋メアリージュン 
  • 東宝 (2016年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104100566

映画 みんな! エスパーだよ! DVD初回限定生産版(2枚組)の感想・レビュー・書評

  • ドラマ版の続きかと思いきや、続編じゃなくて再構築版って感じの作りだったのでびっくりした。ドラマも映画も、ばかでふざけててくだらないストーリーの中にどことなく哀愁が漂ってて好き。

  • 逆に“エロ”って何か考えさせられる。
    これはおバカ映画を装った“アンチ・エロ”なのではないか。



    若杉公徳原作マンガ、ヒロイン夏帆ドラマ版ともに未見ながら、遡って見る気概はない。要するに“透明人間になって銭湯に行きたい”とか“凡庸っつーか中の下な俺だけど世界を守るヒーローになりたい”という誇大妄想だけで内容が全く伴わない、“青春”+“お色気”=“童貞映画”の王道パターンである。

    童貞たちはTENGAを握りしめ「セックスしてー」と吠え盛り、ヒロインはワカメちゃんばりに四六時中パンツ丸出しで駆け回り、最終的には町全体でアッハンウッフン言い出す訳だが、これが全くもって“エロくない”のだ。

    この物語の現代的なところは、「男子って本当バカ」に留まらず、セックスしてー女子、百合女子、レズもひっくるめて「エロって本当バカ」に描いており、“男女平等にバカ”にしている点。主人公・鴨川嘉郎は“運命の相手”を妄想してオナニーに励むが、シンデレラ・シンドローム女子のそれと大差ない。“エロい女”たちは街中で男を取り囲んで服を剝ぎ取ろうとする。

    男女を問わず“エロ”を徹底的に開放し、“妄想”を肥大化させ、肯定どころか推奨した結果、動物的で、爽快なほどに健康的なそれは全く“エロくない”という矛盾。それは果たしてパラダイスなのか。

    そんな世界は、ディフォルメされた成人映画やエロ動画そのものではないのか。現実にはあり得ない、ただ己の欲求を満たすためだけの整合性がある世界。“AしてBしてCする”ためだけにある世界。その行き着く先は微塵も“エロくない”。

    ときとして私たちは、細い足首や可憐な後れ毛、無骨な首筋や前腕に膨らむ血管に目を奪われる。全身を包むもこもこのルームウェア姿や、スーツから覗くシャツとタイの組み合わせに妄想を膨らませる。マウスを操る指先を、耳元で囁かれる声のトーンを、笑った時だけ見せる頬の皺を、心底愛している。

    しかしこの映画で描かれるのは、そうした現実とは乖離した“パンツ、おっぱい→勃起不可避”という、エロが究極までに記号化した世界である。“エロは結局エロくない”と言い切ることで、性器即修正、という芸術史全体に係る性の問題に対するアンチの姿勢を読み取ることは、愚かだろうか。



    園子温監督が、インタビューで「スコセッシ映画だと役者が似たような芝居をするので、毎回同じ人が出ているかのように錯覚する」と語っているが、今作でも登場人物になり切ったキャストたちが存在する。自分からパンツを見せたいと思わないから開き直って“恥ずかしい”ことを演じた池田エライザ、上映舞台挨拶で「男子の青春はこれだと、健全だと心に余裕が持てるようになった」と骨の髄まで優等生になりきる真野恵里菜らはこれからが楽しみでしかない。

    それにしても本作のロケを故郷豊橋で行う監督の“逆・錦を飾る”倒錯っぷりは見上げた根性だと思った。

  • おバカ映画です。ここまでおバカを徹底していると、ガッカリ度も物足りなさ度も呆れ度も含めて納得してみられます。なんたって、園子温。良かろうが悪かろうが、それが園子温。

    下着シーンは頻繁に出てきます。でも、乳や裸は見せてません。逆にその方がトキメキや想像をかき立てます。そのやり方も園子温なのかな。

    ただ、メインヒロインや染谷将太に関わる脇役ヒロインも同じヘヤースタイル。皆、同じ顔に見えたりします。これは単に園子温のヘェチから来ているのかな。

    本当に呆れます。でも、退屈せずに観終えてしまいます。その後に、詰まらないけど納得する映画だと思います。

  • くだらないというか楽しくなかったな。最近の園子温はホント思い立ったら撮りまくるという感じか。ほんと色んなグラビアアイドルを集めたんだろうな。豊橋市豊川市が色々映るから、その出身の人は楽しいかも。
    池田エライザはかわいいかも。

  • 豊橋市を舞台にした映画。
    すこし、懐かしい風景があった。
    園子温は 豊川市出身と知った。
    天体の配列が決まっていて 宇宙線が 東三河に差し込んむ。
    性的未経験者であり、性的な興奮していたものが
    エスパーになる。
    鴨川嘉郎は こころの中で思っていることを
    聞けるようになる。エスパーだから、平和のために
    戦う必要があると思う。
    それぞれ特殊能力を持つが、いったい
    どう使ったらいいのか よくわからない。
    どんな人を対象につくっているのだろうか。
    園子温が こういう作品をつくることに意外感があった。

  • 先日、映画「みんな!エスパーだよ!」を観ました。

    園子温監督作品ですね。

    エロ系おバカ映画といった感じでした。

    で、僕は、ドラマ・シリーズはちゃんと見てないんですけど(ドラマ・シリーズが終わったあとにやった、スペシャル・ドラマは見てます)、たしか、ドラマだと、夏帆さんが出てましたよね?

    でも、今作には出てなくて、なんか、出演を拒否したのがわかるなあと(実際に出演を拒否したのかはわかりませんが・・・)。

    こういう作品、夏帆さん、好きじゃなさそうですもんね(夏帆さんのことよく知りませんが・・・)。

    あと、意外なところで、関根勤さんが出てました。

  • エロエロばっかり。

    最初は笑えたのに、しつこくて、同じリアクションばかりで途中からうんざりしてくるダニ。

  • カンコンキンが好きな人なら好きな映画だろうな。
    関根さんの夢が叶ったような顔がGood。

  • くだらないんだけど、好きな、くだらなさだった。染谷将太の雰囲気が良かった。
    あの感じ、なんか好きだった。

  • ひたすら下品で、無駄に下着が見えます。
    笑えるところもあるけど、女性目線で見るとひたすらキモいっす。

  • ドラマの総集編か?ってだけだった。初見にはつらい。

  • ドラマの続編かと思いきや、、、\(^o^)/
    最近園さんはもう漫画とかの原作ものがあるものはやらないって言ってるけど、誰ももう原作ものオファーしてくんなよ!!と言ってるかのような作品。。内容はないです。そして面白くない。でも真野ちゃんの可愛い!いろんなグラビアアイドルさんが出てきますが真野ちゃんはピカイチに輝いてました。

  • ドラマの方が好きだけど

    おばかっぷりは健在

  • 制作年:2015年
    監 督:園子温
    主 演:染谷将太、池田エライザ、真野恵里菜、マキタスポーツ
    時 間:114分
    音 声:日:ドルビーデジタル5.1ch


    鴨川嘉郎は、運命の出会いを夢見る高校2年生。
    そして、童貞。
    突然、人の心の声が聞こえるようになり、エスパーとしての能力に覚醒した彼は早速、憧れの女の子の本心を聞いてみるが、期待とは裏腹に幻滅するばかり。
    その頃、時を同じくして、悪のエスパーによる人類滅亡の序章“世界エロ化計画”が幕を開ける。
    超能力研究者の浅見教授は、嘉郎と同じく超能力に目覚めたエスパーたちを招集。
    能力覚醒に関する驚愕の事実を伝え、迫り来る世界危機の阻止を命じる。
    ところが、テレパシー、テレキネシス、テレポーテーション、透視といった彼らのスゴい能力は、エロいことにしか機能しなかった。
    果たして、これで世界の危機を救えるのか?
    そして嘉郎は運命の彼女と出会い、想いを通わせることができるのか…?

  • つべで。
    面白くはなかった、ただエロイだけ。

  • ひたすらバカやってるだけでよかったのに、なんちゃってテーマをつけちゃったのが傷。

  • ドラマ版とは別物。はじめからエロいのが最後までエロいと、ありがたいのだけど。エロいことに飽きてくるという不思議な映画でした。

全18件中 1 - 18件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

映画 みんな! エスパーだよ! DVD初回限定生産版(2枚組)を本棚に「観たい」で登録しているひと

映画 みんな! エスパーだよ! DVD初回限定生産版(2枚組)を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

映画 みんな! エスパーだよ! DVD初回限定生産版(2枚組)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする