進撃の巨人 ATTACK ON TITAN DVD 通常版

  • 189人登録
  • 2.53評価
    • (5)
    • (7)
    • (42)
    • (42)
    • (13)
  • 41レビュー
監督 : 樋口真嗣 
出演 : 三浦春馬  長谷川博己  水原希子  本郷奏多  三浦貴大 
  • 東宝 (2016年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104100412

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN DVD 通常版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この異次元のコミックの実写化を何の不満も無いものを作れるひとがいるのだろうか。

    巨人が跳梁跋扈する様を見られるだけでもお金出せます。
    あの進撃の巨人の世界観と視覚的インパクトは申し分ないものでした。

    それで80点。


    マイナス920点は
    ・巨人と向かい合う兵士たちのエピソードのチョイスがまずい。
    ・どんな危急的状況でもエロは強しを入れたかったのだろうが
    もっと優先すべきエピソードがあったと思う。
    ・シキシマの魅力の欠如。キャラクター設定に疑問あり。
    ・りんご、、、何かいや。
    ・音楽がアニメの方がよかった(妻談)

    どんな映画にも好きなところ、嫌いなところはあります。
    大画面の巨人に震えるというだけでもこれを見る価値はあると思います。

    あ、この感想に限って1000点満点で評価しました。

  • マンガ未読、アニメ未視聴。
    映画公開されたときに観に行こうか悩んでいたけど、結局レンタルDVDで。
    原作ファンの人には受け入れにくい内容になってしまっている(オリジナル展開?)のせいで低評価らしいが、何も知らない私には楽しめる内容だった。
    シキシマ隊長はシャアみたいw

    後編もレンタル開始したらチェックしようっと。

  • 原作通りではないという点では★1。
    ゾンビ映画としては★3。間を取って★2。
    絶望に絶望で追い打ちをかけているあたりはとても胸糞で
    気持ち悪かったです。

  • ■タイトル

    タイトル:進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

    ■概要

    諫山創の人気漫画を実写映画化したアクション大作の前編。100年以上前、突如現れた
    巨人たちに人類の大半は食われ、文明は崩壊した。生き残った人類は巨大な壁を三重
    に築き、その内側で暮らしていたが…。通常版。
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    もうね、突っ込みどころが多すぎて・・・・・・

    ・なぜこの映画を作った??
    ・配役、ふざけてる??
    ・誰をどうしたい?
    ・主人公3人とも性格変える意味が分からん・・・
    ・エレンが巨人を憎む動機が・・・・・・わけわからん。
     ミカサが死んだのが根本になっているはずなのに、ミカサが生きている時点で
     もはや動機ないだろう・・・後付けで意味不明な動機言ってたけど、そりゃねーわ
    ・主人公3人の演技、いいのか、これで。
    ・ミカサの性格の軸が・・・・・
     エレンが軸のはずなのに、その軸を無くしたり、いじくったりして結局、ミカサって
     何???みたいな感じになってるよ~
    ・ストーリーも、原作が考え抜かれているだけあって、変えていても原作は当然越えられず
     わけがわからないストーリーと登場人物となっている・・・・
    ・最初の町の風景、何年か前の中国か??
     もうね、あの映像見ただけで、失敗作感がすごい・・・・・
    ・ミカサの最初の方、運動神経悪い人の走り方だし・・・・・


    全てがゴミレベルの映画って久しぶりに見た。

    これ、恐らくだけど、原作好きな素人映像グループみたいな人たちが脚本作って作成して
    いた方が絶対面白いのではないだろうか・・・・・

    原作が無い映画として観ても、やはりだめだろう。
    主人公の想いに「軸」が無いのは致命的。
    意見が変わるのはいいが、「軸/想い」が変わるのはダメだろう・・・・

  • 皆さんもお感じの通りマンガやアニメのものとは
    別物と考えたほうがいいです

    そうであってもかなりダメな作品

    あまり皆さんが述べられていない点でいうと
    BGM、エバのように古い曲を選んで流していますが
    そのセンスがかなり悪い
    なにやっとるねん、って感じ

  • 劇場で鑑賞。
    原作は最新巻まで既読、アニメも全話(1期)視聴済みです。
    兎に角酷かったです/(^o^)\

    劇場版とかになると、どうして設定を大幅に変えたりするんですかね?
    今作も多少の改変は仕方ないと思うのですが、ここまで変わると何だろうな~という感じです。←どんな感じ?
    エレンやミカサの設定じたいが変わっていたのにはびっくりしました。
    別物と捉えて観るべきなんでしょうが違和感がありすぎて混乱しました。
    ミカサがヤンデレじゃないなんて!!!
    一番酷かったのがリヴァイ兵長のかわりっぽいシキシマ。
    彼が出てくるだけで苦笑せざるを得ない。
    リンゴばかり食べてるし(デスノートのリュークですか?)ニヤリ顔ばっかり。
    ホントにニヤリ顔ばっかりでニヤリ(ドヤァ)ってされる度に冷める一方。

    唯一期待していた立体機動も、う~~~んイマイチ。
    アニメと同じにしろとまでは言いませんがもう少しなんとかならなかったのかな?
    巨人も最初こそ気味の悪さが出ていて良かったのですが終盤はただの裸のオッサン達で笑えました。雑すぎます。
    そんなこんなでガッカリしたので後編まだ観てません。
    いつか勇気出たら観ようと思います。

  • 公開時は、評判あんまりよくなかったんだよね?
    原作は電子書籍試し読み程度。
    なので逆によかったのかも。

    思ったより楽しめました。
    立体起動装置(?)のスピード感がええっすね。いかにも映画感があっておおおおーとなるわ!
    勇者ヨシヒコを見た直後だったせいか、お金かけてんなーって印象(笑)

    石原さとみは壊れた役でもやっぱかわいいっす。
    なんだあれ。しっかり&壊れたでメリハリもあるしやられました。
    逆に長谷川さんがねぇ……。長谷川さん自体は大好きすぎるんですが、どーも役に合わない。
    違和感が付きまとうのでした。

  • 前後編一気に見た。
    感想はまとめて後編のほうで。

  • 漫画既読。立体機動装置を4DXで楽しむために観た。エレンなど主要「巨人」の描写は素晴らしかったが、それ以外の巨人がただの気持ち悪い人間にしか見えなかったのが残念。原作と違うものになるのは百も承知で観たハズが心構え出来ずだったようで、昼ドラ的恋愛模様に吐き気がし、ただ言われた通り演技しただけなのに長谷川博己が大嫌いになった。

  • 丁寧な 構想力。
    世界観が 物語の骨格を支える。

    壁の中にいる 人間たち。
    まるで、万里の長城である。

    人類が 滅亡しかけて 巨人が生まれたのかな。
    突然変異として 考えてもいいのか。
    巨人が なぜ生まれたのか わからない。
    生殖機能を持たない。
    人間を食べて 生きる。踊り食い。
    服ごと食べてしまう。
    しかし、知能が高いと言えない。
    道具をもっていない。

    ミカサ/水原希子が おきざりになり 闘士として変化する。
    巨人を 殺すことが アイデンティ。
    シキシマ/長谷川博己 が 教育した。恋人のようだ。
    しかし、エレン/三浦春馬には、まだミレンがある。

    石原さとみが 妙にコミカルな演技をする。

    巨人の弱点が クビの裏側。
    そこをキヅつけると、『死』に 消滅する。

    エレンが 食べられて あらたな巨人ができる。
    人間を守る 巨人である。
    そして、クビの後ろから エレンが 生まれた。

全41件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN DVD 通常版を本棚に登録しているひと

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN DVD 通常版を本棚に「観終わった」で登録しているひと

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN DVD 通常版を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする