進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド DVD 通常版

  • 141人登録
  • 2.51評価
    • (3)
    • (10)
    • (28)
    • (27)
    • (15)
  • 36レビュー
監督 : 樋口真嗣 
出演 : 三浦春馬  長谷川博己  水原希子  本郷奏多  三浦貴大 
  • 東宝 (2016年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104100641

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド DVD 通常版の感想・レビュー・書評

  • 批判みあるかもしれませんが、ストーリー的に自分は好きでした、原作と違う考え方がよかったかなー

  • 後編のこちらだけ観ても楽しめます。個人的には、後編の方が「進撃~」ぽかったです。三浦春馬が、徐々にエレンと重なっていく様子が印象的でした。シキシマも、おしゃれです。布で手を拭く様子は、リヴァイをイメージさせますが。全く別のキャラです。リヴァイとは違う意味で、シキシマも熱かった!

  • 前作と続けて続編も。
    とにかく、原作と違うものなので、割り切って見たほうが楽しめると思います。シキシマもリヴァイの代わりではない。
    オリキャラ。

  • ■タイトル

    タイトル:進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

    ■概要

    諫山創の人気コミックを映画化したアクション大作の後編。外壁修復作戦に出発した
    エレンたちは、巨人の急襲で窮地に陥る。“人類最強の男”シキシマによって危機を
    脱するが、手負いとなったエレンは、アルミンを庇って巨人に飲み込まれてしまう。
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    前作と同様ですね。
    もうね、何が何だか・・・・
    オリジナルっぽくなるのは分かっていたのだが、やっすいメッセージ詰め込んだな~

    リヴァイ兵長の代わりの役が、面白かった。
    どうせなら、その人の案に乗ってみて内部の壁を破壊するというストーリーの
    方が断然面白かった気がするのだが・・・・

    あそこまで原作を壊しているんだから、突き抜ければいいのに、それが出来ない
    とは・・・・

    前作同様、ゴミレベルの映画です。

    しっかし、他の漫画原作から学ばないで同じ失敗してますねー

  • 皆さんもお感じの通りマンガやアニメのものとは
    別物と考えたほうがいいです

    そうであってもかなりダメな作品

    あまり皆さんが述べられていない点でいうと
    BGM、エバのように古い曲を選んで流していますが
    そのセンスがかなり悪い
    なにやっとるねん、って感じ

  • 前半楽しんだ分、後半にびっくりした!
    なにあれ!なにあれ!
    コントか!

    白い小部屋も分かるけど…分かるけど、アレなに!?
    巨人、もう操縦してるよね!操縦してる人同士で戦ってるよね!映画の内容変わってない!?
    光ってるの何あれ!ラピュタもどきですか!
    ジャン、引っ張ったわりに扱いひどくない!?忘れるの早くない!?
    何より、終わってみんな安心してるけどあそこ他の巨人がウロウロしてんじゃないんすか!

    なんかもう、つっこまれたい映画のような気がしてきました。

  • 慣れたせいかもしれないけど、一作目よりは多少マシ。CGとしてはそれなりにすごい部類に入るのではないだろうか。石原さとみのハンジさんは悪くないんだけど、叫んでるだけなのはちょっと...

  • 前後編一気に鑑賞。
    世間では非常に酷評されているので覚悟してみました。
    が・・・
    ん?
    なんで酷評されてんの?
    正直非常に面白かったし、立体機動装置もなかなかにリアルな感じで全然良かったけどな。
    相変わらず世間の人間は頭おかしいな。
    原作とは全然違う内容で、それはそれでまた非常に良かった。
    むしろ原作より面白かったんじゃない?
    原作も最初は面白かったんだけど途中で飽きたからな。
    それにしても石原さとみ最高すぎる。
    イかれっぷりがなかなかである。
    石原さとみ主演のヤツもあるみたいだからそっちも見よう。

  • 前編もひどかったが、一応の締めくくりをするために
    後編も見た。特撮以外は本当になんじゃこりゃでした。

    お金もたくさんかかってるんだろうなぁと思うと
    気の毒になる・・・

    2001年的光の部屋はなんだ?
    こんな大きな世界観なのにせまいせまいスケール感しか感じない場面設定、お話し・・・
    台詞の掛け合いが学芸会

    どいひー。

  • 漫画既読。前編で心折れたにも関わらず他にめぼしい4DXがないため観た、笑。前編同様、主要巨人は素晴らしかったがそれ以外は心に残らず。ちなみに前編で昼ドラ恋愛を投下した長谷川博己が、後編でもただ監督に言われた通り白い部屋でシャンパンをころがしただけなのに大嫌いになった。「家政婦のミタ」のキャラを回想しても、吐き気治まらず。

  • シキシマすごい腹から声出てるなと関心してたら長谷川さんか。彼の顔覚えられない。
    ミカサがエレンに執着してないのとエレンがミカサに執着してるのなんか不思議。

  • 初でこの作品から観てしまったが(原作も未読)

    巨人になるって、なんか

    ウルトラマンを連想した。。

  • 評判通りの原作無視のクソつまんない映画、つまらないどころか意味不明。あと三浦春馬がグェグェうるさいだけw
    あとエンドロールの後の何?あのApple TVのリモコン持った人?思わせぶりにしても全然続きに興味持てませんよ

  • 石原さとみ、面白いなぁ。

  • 前編と違い、原作から大きく離れた物語。

    退屈な会話シーンと、残虐な巨人シーンの繰り返しだけの映画。
    思わせぶりなラストもいらない。

  •  良かったのは、石原さとみと長谷川博己だけだった。

  • なんのことやねん・・・w

    原作と別物と割り切って見ればいいんだろうけど
    そういうわけにはいかんよねw

  •  制作陣は、あくまで特撮映画を撮りたかったのだと解釈することにした。「進撃の巨人」が原作というより、知名度と参考作品として拝借し、映画とは別物と割り切る。
     ただ、映画単独としても、詰込みすぎ・説明不十分なためストーリーになっていないと感じ、楽しめなかった。

  • やはり良くもなく悪くもなく。原作未読で原作に思い入れがないからかもしれませんが…。
    CGにしても、ストーリーとしても人物の描き方にしても中途半端感、B級感が否めませんが、これが日本映画の限界でしょう。致し方ない。
    でもシキシマの唐突な主義主張は、なんなんだと。もうちっと伏線を貼っておいてくれ。

  • 町山さんが脚本だったのか…

  • 途中から見始めた

    石原さとみのハンジがいいはっちゃけ具合

    映画版の設定なんも知らんのでストーリーに関しては何も言えないけど、全体的になんかやっすいなー
    演出、CG、演技あたりでそう感じるのかな?

    エンドロール下から上にのぼってくの
    壁だからってのはわかるけどなんか違和感

    続き作る気満々w

  • 前編から一気見しました。限られた時間の中でとても上手く話をまとめたと思います。そのキャラ何?と思っていたシキシマも後編を見れば、いないと話がまとまらないなと思います。何といってもハンジ役の石原さとみがはまり役!

  • エレンの仲間意識や巨人に対する怒りが描かれてないから、
    「こいつ、なんでそんな必死なの?」って、
    ちょっと興ざめでした。
    なんかやたら必死。
    その原動力の描写が少ないと思う。
    心に無理がある。

    あと、後半の特撮加減は、特撮苦手のわたしにはあいませんでした。

    大型巨人は迫力あって◎
    しかし、なんかも、飛んでるとことか高いとこのぼってるとことか、背景との合成が、合成が…
    これって、今の技術でもどうにもならないのですか。
    なんか、あれ思い出したの。
    大好きだったネバーエンディングストーリー。
    すごい昔の映画ですが、あのドラゴンにのって宙を舞うシーンを思い出した。
    合成技術は進歩していないのかい。

    漫画表現の良さを映像にもってくると、無理ありますな。
    もちろん、映像表現の美しさは漫画には表せないが。

    評価低いのにいっぱい書いちまっただ。

  • 漫画は読んでません。なので、裏の支配者とか、実験区域とか、どのくらいの要素が漫画どおりなのかわかりません。
    SFXは少しは楽しめました。

  • 制作年:2015年
    監 督:樋口真嗣
    主 演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、渡部秀、水崎綾女、武田梨奈、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼
    時 間:88分
    音 声:日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタル2.0chステレオ


    超大型巨人によって破壊された壁を修復するため、保護地域から出発したエレン達調査兵団は、巨人の急襲に遭い窮地に陥いる。
    戦いの中、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまうエレン。
    誰もが絶望しかけた時、謎の黒髪の巨人が出現、他の巨人達を駆逐し始めた…。

全36件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド DVD 通常版を本棚に登録しているひと

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド DVD 通常版を本棚に「観終わった」で登録しているひと

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド DVD 通常版を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド DVD 通常版はこんな映画です

ツイートする