臆病な僕でも勇者になれた七つの教え [Kindle]

  • 23人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (5)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 旺季志ずか
  • サンマーク出版 (2015年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (144ページ)

臆病な僕でも勇者になれた七つの教えの感想・レビュー・書評

  • 本当に出会えてよかった本。
    私は、こういう本を作りたいんだって気づかせてくれた本。
    絶対読んでください、今年1番の出会いです。
     
     
    空想世界に見えるけど、これは現実。
     
     
    こんなに素敵に、ワクワクする形で伝えてくださって、心から感謝します…!
    作者さんにお会いしてみたい♡

  • 小説といえば小説ですが、自己啓発書の要素が強いかな。
    自己啓発×ファンタジーという感じで、自己啓発要素を上手く物語に絡めています。物語そのものを楽しむというよりは、お話やキャラの台詞から気づきを得る本だなと思いました。文章もわかりやすくすらすら読めた。

    しかし、言いたいことはわかる。わかるんだけれど、読んでも「う〜ん……?」となるものが多く、心に響くものはなかった。私には合わなかったようです。

  • ジャンルを『小説』にすべきか、『自己啓発』にすべきか悩ましい本です。
     
    児童小説っぽいノリですか、大人が読んでも面白いです。
     
    『内なる声とは、身体からのサイン、ハートの囁きのようなもの。キラは今まで人の顔色ばかりうかがって生きてきた。自分がどうしたいかよりも、人がそうするから同じことをするということをしてきた。ほんなことしとったら、内なる声を聴く能力は失われていく。』
     
    老師の言葉にははっとさせられることが多い。
     
    冒険が進むにつれて、精神的に成長するキラとリク。
     
    これが2016年本屋大賞にノミネートすらされなかったら、『本屋大賞』そのものの存在を疑っても良いかもしれないと思うくらい、全ての人に読んで欲しい良書です。

  • 人生の姿勢について教えてくれる本。
    居住まい。正したくなります。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

臆病な僕でも勇者になれた七つの教えの単行本(ソフトカバー)

ツイートする