真実の10メートル手前 [Kindle]

  • 62人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (7)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 東京創元社 (2015年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (212ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
高野 和明
百田尚樹
東山 彰良
朝井 リョウ
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

真実の10メートル手前の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 太刀洗万智(一括変換で出る名前にしてほしいw)を主役にした短編集。
    同作者の満願でも思ったのだけれど、どれも悪くはない。確かにミステリー。ただ、印象が強烈でもなく、読後もうん、そっか。どの話も暗く重いテーマなのではあるけれど、真実の探求のみが描かれ、とくに救いや希望は、話の中にない。週刊誌のルポタージュを読んでいるような気分となった。主人公の職業からいうと、成功してるのかもしれない。
    さよなら妖精が一番気に入っているので、「ナイフを失われた思い出の中に」は、お兄さんの登場は嬉しかったんだけど。
    もしかしたら、長編の方がいいのかなぁ。王とサーカスに手をつけようか。

  • 恐ろしいほど完成された短編集。読後感は重いが大変読み応えがあった。

  • これがあったから「王とサーカス」が誕生したのか。「さよなら妖精」で登場した大刀洗万智を探偵に見立てそこに一話ずつワトソン代わりの相棒を配する、シャーロック・ホームズである、ただしジャーナリストとしての目を通しての謎解きというのが目新しい。ぜひこのシリーズは続けてもらいたい。

  • どの短編もすばらしい水準です。作家さんが身を削りながら書いているのがよくわかります。買ってよかった。

  • ジャーナリスト 太刀洗万智が絡む
    6つの事件を描いた短編集。
    どの事件も、落とし所に期待しつつ、
    ゾクゾクしながら、一気読み。
    太刀洗シリーズ 初対面 でしたが、
    じわりじわりと真実ににじり寄る
    鋭い推理力と、抜け目のない仕事っぷりに、
    すっかり魅了され。
    直木賞 残念だったけど、
    個人的には、投げかけてくるものは
    大きかった作品、でした

  • 米澤穂信作品を初読了。

    どうやら他の作品にも登場するらしい
    大刀洗万智の、事件を追う記者としての
    話を集めた短編集。

    主人公の表情は乏しいが内面が感性豊か、という
    キャラクターがなんとも可愛らしい。

    この主人公は刑事でも探偵でもないので、
    たとえ事件の真相に近づいても、解決する張本人ではない、
    という構成が新鮮だった。
    事件を追っていく中での主人公や登場人物の
    心情に重きを置いてる感じ。

    「名を刻む死」が良かった。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

真実の10メートル手前を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真実の10メートル手前を本棚に「積読」で登録しているひと

真実の10メートル手前はこんな電子書籍です

真実の10メートル手前の単行本

ツイートする