ニュータウンは黄昏れて(新潮文庫) [Kindle]

  • 15人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 垣谷美雨
  • 新潮社 (2015年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (282ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ニュータウンは黄昏れて(新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ニュータウンの現状が赤裸々に綴られていて勉強になった。家は人生を左右する大きな買い物だけど何十年も先の事は誰にも予測不可能なので難しい。

  • 著者の実体験をもとにした老巧化した団地とそれをとりまく人々の話で、おもしろくあっという間に読んでしまった。これを読んで分譲の集合住宅の問題を実感した。住宅というのは金額が大きいだけ人生を大きく左右し、バブル期に高掴みしてしまった人は本当にアンラッキーですね。これからは住宅価格は下がっていくでしょうから、これからの人はラッキーだと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ニュータウンは黄昏れて(新潮文庫)はこんな電子書籍です

ニュータウンは黄昏れて(新潮文庫)の単行本

ニュータウンは黄昏れて(新潮文庫)の文庫

ツイートする