戦略読書 [Kindle]

  • 44人登録
  • 4.18評価
    • (9)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 三谷宏治
  • ダイヤモンド社 (2015年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

戦略読書の感想・レビュー・書評

  • 純粋に本を読む事の楽しさを感じつつ、ビジネスに活かすために、戦略的に読んで行こう、という本。

    読書により、想像力・批判的思考力・メタ認知能力が鍛えられる。

    ビジネス本ばかりを読んでいると、周りと同じ意見しか言えなくなる。
    非ビジネス本も読む事で、自分を変えていく。
    それを戦略的に実施していく。

  • キャリアの時期によって読むべき本の種類(ビジネス書・小説・SF・趣味)の配分を考えるべきであるという趣旨の本。
    また表紙の「みんなと同じ本を読んではいけない」という文言は、ビジネス書のみを読んでいた当時の筆者の体験によるものであり(社内の同期と発言内容がかぶった)、社会人2-3年目以降ではビジネスと非ビジネスを同じくらいの割合で読むべきという話につながる。

    個人的には「内定者のための読書案内」として非常に有意義な指標となった。外資系コンサル出身で数千冊もの本を読破した著者の「戦略」は参考になる。

  • 「何を読んだかでその人が決まる」
    自身を高めるため、幅を広げるために、沢山の価値観に出会える読書を戦略的に行っていく。

  • ・精神・思考は読んだ本(触れた情報)がつくる
    ・読書も資源配分

  • 他人と異なる独自の蓄積を築きたいものだなと、あらためて思った。そのための取り組み方が具体的に書かれていて参考になった。
    でも本の主題よりも、極めて個人的な読書歴のほうが読んでて面白かった。SFでも読んでみようかという気にさせられた。

  • 読書に関する書籍の中で久しぶりにヒットした。自分の中では成毛さんの『本は10冊同時に読め!』以来。読書に戦略を持ち込むことは自分もすでにやってることだが、セグメント分割はここまで明確にやっていなかった。「読め方」の話はすでに読書初心者を脱した人にとっても結構ためになると思う。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

戦略読書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戦略読書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦略読書を本棚に「積読」で登録しているひと

戦略読書はこんな電子書籍です

戦略読書の単行本(ソフトカバー)

ツイートする