レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 331人登録
  • 3.52評価
    • (22)
    • (61)
    • (66)
    • (16)
    • (1)
  • 62レビュー
監督 : アレハンドロ・G・イニャリトゥ 
出演 : レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン  ウィル・ポールター 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2016年8月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142206114

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • この作品もDVD化を待ち焦がれて映画館に行くのを我慢した作品でした。

    ようやく、リリースされたのでマイホーム・シアターで大音響にての鑑賞に大満足の私です。デカプリオが初めて主演男優賞を受賞した演技を楽しみにしていました。

    無駄に明るい光を排除した映像は初めから終わりまで壮絶なるもので見応え十分な物でした。主人公がクマに襲われ瀕死の重傷を負うシーンや逃走する際に激しい激流に呑まれるシーン。それに死んだ馬の内臓を排除しその体内に潜り込み寒さを凌ぐシーンなど息を呑むシーンの連続です。

    未開時代の北米の極寒の大地に愛する息子を殺された上、一人置き去りにされたハンター(実在した人物)壮絶なる‘レヴェナント’が凄い・・・。

    デカプリオの汚れ役の演技が見事でした。納得の受賞演技でした。それに坂本龍一さんの音楽が重く辛い映像に上手くマッチしていました。

  • 悲惨でとてリアルな見てられないほどの熊との格闘から、ずっとかわいそうな主人公。
    せっかく回復したのにまた崖から落ちる。

    やっと対決し始めたのはラスト10分。
    生き残り方ときれいな自然の描写がメインのようだった。

  • レオナルド・ディカプリオの復讐ものです。
    息子を殺された父親が、復讐するって話です。

    私はこれ・・・ダメでした・・・。

    最後の方、件に漏れず、ディカプリオと息子を殺した男が死闘を繰り広げるわけですが、
    その時に復讐相手が言うんです。
    「ケチな復讐のためにここまできたのか。だが息子は戻らねぇ」

    うん・・・そうなんです。

    復讐する。
    それは分かった。
    で・・・?
    みたいな。

    終始陰鬱な雰囲気で、人との駆け引き、心理戦、みたいな要素もあまりなく、
    人というより、
    復讐相手のところに行くまでに、
    瀕死のディカプリオが、いかに大自然相手に、苦戦を強いられるか、
    そこにスポットが当たっている感じです。

    レオナルド・ディカプリオは、この映画で、アカデミー賞獲りました。
    たしかに、極寒の凍てついた地で、
    ひげを凍らせて、それがまた、鼻水が凍ってるみたいにも見えつつ、
    熱演されえていましたね。
    少ない台詞で、体全体、身にまとうオーラごと憑依されたような感じに見えました。

  • 映画館で観た。2016/5/3

    ディカプリオがやっとアカデミー主演男優賞取った映画…なので観てきた。

    実話がベースらしいけど、映画の子どもが殺されて…の部分は事実と異なるらしく。
    復讐の前にとにかくサバイバルでよく生きてるなぁと。雪と水で観ているこちらも身震いする。

    復讐よりも親子愛がメインであり、熊だって子どもを助けるため、インディアンの娘探しも親子愛なのだ。

    実話は子どもはいないことから、自分の怒りだけでの復讐になるから映画にするには共感が低くなるからテーマを変えたのかな?

  • 2016/8/26 あらすじは聞いてたけど…内容は復讐と野性の命でしょうか?特に内容はなかった気がするけど…飽きずに観せるところは すごい‼︎
    やはり、ディカプリオ何をやっても上手いけど…この作品で主演男優賞とは?何だか違う気もした。演技は最高だから もっと早くに取ってほしかった。それはそうとして かなり 血生臭い映画ではあったし、セリフも少なく 自然の驚異と言うか…熊との闘いも人間同士も ちょっとキツかったけど…感動的とはいかない 妄想や思い出のシーンを夢にみながら 話は進んでゆくが ストーリー設定はよく分からなかった。でも、何だか 大作の雰囲気は出てました トム.ハーディも頑張ってましたが…もう少しストーリー性があれば もっと面白かったかも、音楽は合ってましたね

  • 生命力ハンパない。

  • 開拓時代のシビアさが背景と言うよりテーマだな。ストーリーより映像メイン。ディカプリオがオスカーをとったけど、この役をやれた俳優なら彼じゃなくても候補にはなっただろう。今までの開拓物は何だったんだろうなって比較してるのが○十年前の作品だし(^^;
    ともあれ、秀作です。個人的には少し甘さも欲しかったが(笑)それにしても、一番は熊との格闘シーンだろうな・・

  • バベル、バードマンで有名な監督。ただただ痛そうなシーンが続く。馬の死体に入るシーンや川をくだるシーンなど、実際に撮影したそうで圧巻。

  • 1823年、毛皮ハンターの一団はアメリカ西部の未開拓地を進んでいた。隊長のヘンリーを先頭に、ガイド役のヒュー・グラスとその息子のホーク、そしてグラスに対して敵意を抱いているフィッツジェラルドたち一行だったが、ある時、先住民に襲撃され多くの犠牲者を出す事態に。生き残ったグラスたちは危険な川を避け、船を捨てて陸路で砦に戻ろうとするが、グラスは巨大な熊に襲われて瀕死の重傷を負ってしまう。隊長のヘンリーは余命わずかに見えるグラスを残して行くことを決断。息子のホーク、金に釣られて居残ることにしたフィッツジェラルド達にグラスの最期を看取るよう命じるが……。

  • レオナルドディカプリオ主演 トムハーディー ウィルポールター
    アレハンドロイリャリティス監督
    バベル撮った監督なんですって。暗め重め一筋縄ではいかない映画が多いとか。
    この作品に関しては数々の賞を獲っているだけあった。アカデミーも獲ってるしデカプリオ自体長年獲れなかったゴールデングローブ主演男優賞獲ってる。納得の演技と迫力。
    役作りも凄い。ベジタリアンなのにバッファローの生レバー食べるんだもの…
    生と死、再生、執念、復讐、親子。
    並べるとこんな感じだが最中は観ていて苦しくちょい引いたりもした。観終わった後はハーッと息を吐く程疲れたw
    先住民の怖さも強さも感じたしラストはスッキリ復讐出来た!やった!って終わり方じゃない。
    復讐でスッキリなんてリアルではないのかもしれない。重くて冷たくて苦しかったけど観て良かったと思った。
    マッドマックスのトムハーディーとは全然違う嫌な奴でそれはそれで、やられたと思ったしウィルポールターは大人になったし益々活躍が期待できるね。にしてもヘビー。
    映像美は凄いけど3かなー
    同尺でオデッセイを最近観たけど観た後の疲労感が全く違ったなw

  • アクションシーンや
    残虐なシーンもあるけど、
    ヒューマンドラマなのか?

    とにかく自然が美しくて、厳しい。

    ディカプリオじゃなくて、
    無名役者だと、面白さも半減なんだろう。
    だからの受賞か?

    やってることは、西部劇の極寒ヴァージョン。

  • THE REVENANT
    2015年 アメリカ 157分
    監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
    音楽:坂本龍一
    出演:レオナルド・ディカプリオ/トム・ハーディ/ドーナル・グリーソン
    http://www.foxmovies-jp.com/revenant/movie/

    とりあえず瀕死のディカプリオの不死身っぷりが凄い。個人的にちょっと前に「アイアムアヒーロー」を観たとこだったので、もはやディカプリオがZQNになったとしか思えない(笑)よしながふみの「大奥」で赤面疱瘡の感染源になったのは熊でしたが、たぶんディカプリオもアカカブト(違)と闘って噛まれたときにZQNウィルスに感染したんだと思う(真顔)

    そしてすっかり不死身になったディカプリオは、その後も何度死にかけても胎内回帰的な設定から復活を遂げる。親切な先住民のお兄さんに助けられたときも、彼が吹雪から守るために作ってくれた木の囲いの中から、すっかり蒸気でいぶされたディカプリオが産まれたて感たっぷりで出てくるし、馬と一緒に崖から墜落しても死なないディカプリオ(※当然馬は死んでる)、吹雪をしのぐために馬の内臓を取り出しその毛皮の中にもぐりこみ一夜を明かし、朝になって馬の中から出てくるこれまた産まれたて感たっぷりのディカプリオ(でもものすごく臭そう!)とにかく彼は何度も、死から蘇り、生まれ変わるのです!なぜかしら、日本の説経節「小栗判官」がちょっとデジャブしました。

    基本的に彼を生かしているのは「息子を殺したやつに復讐してやる」という執念のみなのでしょうが、なんかもう毛皮をまとったディカプリオが「もののけ姫」に見えてきて、たぶん死んだ奥さんの精霊とかいろんなものが彼の耳元で「生きろ。」と囁いているんでしょうね。そしてその親バカ主人公の復讐だけでなく、熊は自分の子供を守ろうとしただけだし、いきなり襲ってくる先住民たちも実は別の白人(フランス人)のハンター一行に酋長の娘が連れ去られたのを追っているだけだし、つまり親バカ+復讐のコンボがネガティブに連鎖していってるだけという見方もできる。

    映像はとにかく壮大で美しい!とにかく大自然そのまま、自然の美しさ壮大さの前では人間はちっぽけだなというベタな感想を抱かせるのに十分効果的。この映像だけはスクリーンで観て良かったと思えました。わりとグロいシーンも結構あるのだけど、大自然の中でだとまだ我慢できる感じ。都会でやったらとんだ猟奇犯罪なことも、なんとなく許容範囲に。個人的には本筋とは関係ない幻想的なシーンが美しくて好きでした。廃墟の教会で息子と再会する夢とか、奥さんが空中に浮かんでるのとか。

    悪役フィッツジェラルドは、もちろんとっても悪い奴ですが、しかしもし自分があの狩猟チームの一人だったとして、やっぱり命からがら逃げてる途中で大怪我した仲間をひたすら無心に助けられるかというとやっぱ自分そこそこクズなので難しく、足手まといは置いてけば?って非情なこと言っちゃうかもしれないし、お金稼いでテキサスに土地買って暮らしたいってのも彼なりの夢なわけで、そのために汚いことでもする、っていう生きざまを単純に「悪い奴」でくくってしまえない気もする。

    結局ディカプリオの復讐に関わったせいで死んじゃった人もいるわけで、彼の復讐だけを正当化するのは無理がある。ていうかディカプリオが不死身すぎて、むしろ他のキャラクターが撃たれたり刺されたりしただけで簡単に死んじゃうことに「なんで?」ってなったり(苦笑)、つまり彼だけでなく他の人間にもおのおの生きるべき理由がありそれぞれ必死で生きているのに、主人公以外はご都合主義的に死んでいくことには少し憤りを感じました。

    ディカプリオの演技は文句なしだったけど、個人的にはやっぱり若い頃の繊細な... 続きを読む

  • まあ面白くはあったけれども、見ている間中、「ディカプリオ熱演!」「オスカー欲しいんだろうなあ」「ありえない」の言葉が頭の中をぐるぐる。
    アラスカほど極寒ではなくても、時代はジャック・ロンドンの「火を熾す」より古いわけだから、装備は粗末だったろうし、そもそも置き去りにされることは予測していなかったわけだからね。
    寒いときに何より怖いのは身につけているものが濡れることなのに、まあ主人公がじゃぶじゃぶ川に着たまま入る。雪解け水の冷たさは半端でないのに平気だし、あの程度の火では乾きませんよ。
    モデルのグラスが置き去りにされたのは8月だということだから、物語を劇的にするために、また、絵的に映えるように冬にしたんだろうけども。まあ、ほんとだったら死んでるね。
    生魚や生肉にむしゃぶりついて、ホントにお疲れ様。オスカーとれてよかった。これからはもっと抑えた演技を見せてほしいです。
    イニャリトゥの作品としては、特別素晴らしいとは思わなかったけど、最後の決闘の場面なんか、すごい。才能があることは間違いない。

  • レオナルド・ディカプリオが念願のオスカーを受賞した作品。
    まぁ一言で言えば、撮影技術に唖然、呆然と驚きしかない。
    どうやってこれ撮ったんだ?的なとこ満載。
    ど迫力の内容と映像美に、これこそ映画館で観るべき作品だとも思うほど。

    物語としては、至ってシンプルなものと言えるかもしれない。
    いわゆる、復讐という憎悪だけが生を突き動かす。

  • レオナルド・ディカプリオがオスカー受賞した作品。
    というわけで観に行きました。IMAXの迫力もあり、映像の綺麗さ、音声の迫力にまずびびった。照明を使わず、自然な光で撮ったそうですね。
    冒頭がディカプリオと息子の寝息で始まるんですが、それが本当に近くの人の寝息かと思いましたw

    クマに襲われるシーンとか原住民に追っかけられるシーンとか、本当に迫力あって、怖いくらいでした。
    ストーリーとしては、まあ普通。昔の人は大変な旅をしていたんだな、と思いました。

    ただ、トム・ハーディ演じるフィッツジェラルドも嫌な奴だけど、よく考えたらそんなに悪い奴でもないのかも?と思えてしまった。まあ息子を殺されたグラスには関係ないんですけども。

  • 映像美と迫力に圧倒された。あと熊こわすぎ。

  • 体を張ってよく頑張りました系
    映像はきれいで映画館で見たかったところですね

  • 土と雪とジビエの映画…ディカプリオの青い目が一層炯々としていてグーです

  • ブルー・レイで見る価値が実感できるほど、とにかく映像が美麗。ブルー・モーメントと呼ばれるような貴重で奇跡的な一瞬一瞬を、自然と天候まかせの中、撮影し続けたスタッフの執念が伝わって来る。舞台は日本人にはあまり馴染みのないアメリカの開拓時代なので、そこで描かれる正義や倫理にちょっと疑問を持ってしまったりするけれど、シンプルで骨太なストーリーが全編を貫いている。シンプルすぎて「ストーリーがない」という批評もあるようだけど。僕が気になったのは唯一、熊に襲われるシーン。着ぐるみっぽい動きで『デンデラ』を思い出したんだけど、CGを避けた挙句ああなってしまったのかな。☆3

  • 傑作!最高!作品の流れとしては一部少しやり過ぎな部分はあったかもしれないけども、大自然を捉えたルベツキの映像と現代社会を批判した部分が繊細さと大胆さを持って娯楽として成立している。物語の展開がシンプルなところも魅力的。

  • とにかく映像の素晴らしさに感嘆してしまいました。アメリカ大陸の大自然を感じることができます。また、何度かある戦いのシーンは迫力満点で、ものすごく引き込まれてしまいます。
    ただ、この映画で非常に勿体ないのはストーリーがかなり微妙で、子供向けかとも思えるレベルという点です。
    ほしい映画ですが、日本映画では観ることのできないところが多々あり、個人的にはオススメです。

  • うーん。演出以外には特に何の感想もない

  • 自然がすごく美しく描かれてました。
    そしてやはりディカプリオがすごい。
    自分があの環境に置かれたら果たしてここまでできるだろうかと考えさせられました。

  • 観終えた後の率直な感想は、なんでこんなしんどいものを見なきゃならんのだ、と。
    主演を演じたディカプリオの熊と闘う叫び声や、奔流に呑み込まれ、生魚を食べ、牛の生肉を貪り、崖から馬とともに落ち、切り裂いた馬の腹の内で雪解けを待つ姿は、スタントやCGを使わず自ら演じ切った凄さ(本当に鼻の骨を折ったらしい)が伝わってくるし純粋に驚く。が、この自然の中でもがくディカプリオの佇まいは演技の巧拙以前の、もはやサバイバルドキュメンタリーにしか見えない。鑑賞後の爽快感は欠片もなく、なんと言うか観てて苦しい・・。


    ストーリーはごく単純。アメリカ開拓期、息子を殺され森に捨て置かれた瀕死の猟師・主人公グラスが裏切った仲間に復讐するという実話ベースのお話。
    ただ、猟師が先住民の女性と結婚して息子がいた、と架空の物語設定を設けることで、物語を個人間の遺恨から人種間の闘争へと昇華している。と、深読みしたくなるのは監督がイニャリトゥだからだ。ストーリーラインをなぞれば単純な復讐劇だが、度々描かれる白人たちの傲慢や偏見、人種的優越感は映画全体に通底和音のように響く。

    ただ、ストーリー以前に映像世界が圧巻で、これは映画館で観るべきもの、としか言えない。画のみでも観る価値はある。
    陽の光を背にし役者のローアングルとアップのショットが多いのは、自然光のみを照明に使った制作現場の制約ゆえか。しかし光線すら幻惑的で見惚れた。
    CGもあまり使わず、原生林や大自然の厳しい中で映されたルベツキの撮影は芸術品といっていい。揺らぐ川面の照り返し。地響きを轟かせた雪崩の静かさ。樹木の合間に見える青空に霧吹きのような雲が突然現れ、雪粒が舞う天の変相。雪解けの雫が葉を打つ甘美な音。と、言葉で書くのも虚しいほどのカットにただただ圧倒された。ルベツキはカメラマンというよりもまるで画家だ。

    映像技術の進化は日進月歩。現代ではあらゆることが映像で表現できる。しかし、あえて荒野のなか手間隙かけて作り上げた本作は、いまという映像の時代へのアンチ・テーゼだろう。ある意味、この映画はCGまみれのハリウッド映画に対するルベツキとイニャリトゥからの果たし状だと思う。

  • デカプリオの主演男優賞をとった演技を観たくて、映画館で観た。スプラッターが苦手な私には前半の血なまぐささは厳しかったなぁ。あまりにも壮絶な物語で観てて疲れたわぁ。真実は小説より奇なりとはまさしくこのことだわ。普通、死んでるよ。あんなことになったら、、この主人公。デカプリオ、若い時から演技派で、主演男優賞、もっと早くあげるべきだったと個人的には思う。この作品で特に演技がうまかったわけではない。前から、いつでも上手いのよ、彼は、、

全62件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする