僕だけがいない街(7) (角川コミックス・エース) [Kindle]

  • 211人登録
  • 3.75評価
    • (15)
    • (27)
    • (29)
    • (2)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 三部けい
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

僕だけがいない街(7) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全く予想がつかないですねぇ。

  • 眠り続ける悟。喪失感で自分を見失いそうになる日々。それでも希望を持ち続けた。「必ず目を覚ます。」待ち続けたのは献身的な愛を注ぐ母親、そして『抗う者・悟』に妄執する真犯人ーー。

    17年の眠りから目覚めた悟の記憶が蘇り始めました。犯人は保身のために悟を狙うわけではないんですね。生きるための刺激が欲しいから。さすがの異常者。ラストバトルへの期待が高まります。

  • 溜め回でしたね。八代先生が議員先生になっているとは。愛梨との再会で、愛梨とタッグで解決に向かうのかと思ったら、早々に距離を置いてしまって。まあ、巻き込む可能性を考えたら、おいそれ声はかけられなくなるわな。おかんから犯人へとモノローグが移りゆくところがゾクゾクしましたねえ。
    話としてはあまり進展がなかったですが、どういう対決に持ち込むのか・・・おかんは無事生き残れるのか。
    でも、議員先生がそんなに簡単に変装というか人替わりできるもんかねえ、自由時間とかなさそうだけど。そもそもどんな経緯で議員になれたのか?
    北村先生が何気に良い感じで。カレーのシーンとか(笑)

  • 張り巡らされる伏線。
    一コマ一コマの片隅にまで気を配れ!

    と、何回も読み直してしまうですねー。
    そしてまた、一巻から読み直してみて
    「おぉぉーっ」
    となってみたり。
    なんだか色々ゾクゾクしてきた。
    続きが気になる!毎回気になる!

  • 前巻から新章突入だが、テイストはあまり変わらない。面白いことは面白いが、さすがに飽きがきた面もある。次巻以降も読むかどうか、ちょっと考えどころ。

  • 愛梨と記憶と1年ちょっと。
    近づいてきた、再び。でも今度は身体も仲間たちも大人だし、未来を変えたという手応えがある。だから、という希望がみえますね。
    北村先生良い先生でほっとする。

  • ターニングポイントになる7巻だが、最終回に向けての伏線的要素が多い回。8巻を読み終えた後また確認で思わず7巻を手にしたが、これは今までの僕街の傾向と同じであった。続きを読ませたくなる構成は相変わらずでこれを読んでから8巻が待ち遠しかったこと。。。素晴らしいです。

  • 目を覚ました悟。僕だけがいない街。というタイトルの意味が見えてきた。「もっとやれたハズ」っていう言葉は、「もっとやれるハズ」に換えて未来の自分に言いな」佐知子さんは相変わらず男前で、かっこいい。悟がいた過去と悟がいなかった過去と。悟を信じるケンヤや佐知子の心境いかばかりか。「なんかさー。見えないカラに囲まれてるみたい。だから、そーいうの。外界をしゃ断するって言うんでしょ?」悟がたまに陥る考え事している状況は外界を遮断してるかもな。子供は素直にするどいことをいう。

  • 謎が色々謎でなくなってきて、物語の終わりに向けて一気に進んでいる感が寂しい。
    そして犯人がわかりやす過ぎる悪人になってるのも、なんだか物足りない。
    次巻が最終巻なのかぁ。
    もっとあちこち掘り下げて長く続いてほしかったな。

  • まだ、引っ張るのか

全17件中 1 - 10件を表示

三部けいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

僕だけがいない街(7) (角川コミックス・エース)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕だけがいない街(7) (角川コミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕だけがいない街(7) (角川コミックス・エース)を本棚に「積読」で登録しているひと

僕だけがいない街(7) (角川コミックス・エース)のコミック

ツイートする