守り人シリーズ電子版 1.精霊の守り人 [Kindle]

  • 62人登録
  • 3.87評価
    • (4)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 上橋菜穂子
制作 : 二木真希子 
  • 偕成社 (2015年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

守り人シリーズ電子版 1.精霊の守り人の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ファンタジーものの小説で、主人公と偶然出会った宿命を負った皇子が、いろんな人たちに助けられてそれに立ち向かっていくという、骨子としては王道の内容ですので、読んで読みやすかったです。しかし、その根底に流れている物語の芯(世界観など)は非常にしっかりされており、著者の文化人類学者としての治験がいかんなく発揮されていることを感じます。特に料理が出てくるところの描写が密に入っていて、聞いたことのないファンタジー世界の料理なのに、詳細にイメージができるところなどすごいと思わされました。
    異世界の人々というもののイメージも具体的に出来るような内容で、まるでその世界に行ったかのように感じ取ることができました。このような小説もあるのだと思いました。

  • 精霊の守り人、原作をやっと読みました。

    私がこの物語を知ったのはアニメから(2007年)。
    神山健治さんが監督をするという情報からアニメを見て、素晴らしい物語と映像に魅せられて、滅多に買わないDVDまで買い揃えてしまった作品でした。(神山健治さんは攻殻機動隊S.A.C.の監督)

    アニメとしての作品が好きすぎたので、原作を読むに至らなかったわけですが、そんな私が、今になって原作を読もうと思ったきっかけは実写化ドラマ(2016年)を見たこと。

    NHK大河ファンタジーとして製作された実写ドラマは、世界観を表現する映像はまぁ、そこそこ良くできていました。が、役者によるキャラクタ付けや、ストーリーや設定の薄さが気になりました。(まぁ、そもそも最初から、実写で、それも4回という短さで表現できるものではないと思っていたけれど)。

    それで、実写ドラマをディスる前に、原作と、アニメと、実写ドラマの違いをちゃんと把握しておかねば、と思ったわけなのです(笑)。


    原作は、淡々と、精霊の守り人になってしまった皇子を取り巻く物語を書いてありました。そして、原作を読み終わって気がついたのは、私が好きになった人と人のつながりのいろいろなエピソードがアニメオリジナルだったのだということ。

    原作はもちろん素晴らしかったけれど、アニメでは、その原作に<温かみのある色彩>を加えてあったという印象。

    アニメでは、タンダ、トーヤ、サヤを、原作以上に参加させて、皇子の「子供として心の成長」がじっくり描かれていました。原作にある感動的な会話を、シチュエーションを少しだけ変えて、ドラマチックに彩っていました。

    実写ドラマは「精霊の守り人」を4回で表現し終わり、この先は、シリーズの先を描いていくようです。

    アニメは「精霊の守り人」1冊を、26話という長さで丁寧に描きました。


    アニメでこの先が作られないのがとても残念。神山健治さんがこの先を作るとしたら、どんな風にするだろう、というのを思い浮かべながら、そして、ドラマをディスる資格(?笑)を得るために、原作のシリーズを読み進めてみようと思ってます。

  • ちょっとまだ書籍は?当然乍(ながら)、明日の未明(本日の24:00)以降の再放送も?…裏番組( #JFAu23 #Friendly match )の関係性で観れ無く成りました!。

    でも申し訳無い!のですが、主人公と王子の国名である程度は評が書ける!ので?…敢えて批評させて戴きます。

    此の物語は?、日本発のファンタジアを売り込んでます!、けど?登場する国名やキャラクターの名前を勘案します?と?…江原道の南部に扶餘(ふ(韓読みではぷ)よ)と言う(日本で言えば群領ぐらい)の王国が実際に在(あ)った(建国世紀不詳〜3(中国の三国志の時代)〜4世紀頃に新羅(しらぎ‥10世紀に高麗に改名される迄(まで)に存在した!朝鮮半島(676年に)最初に統一した王国)に併合されて滅亡しました)!のですが?…その地域に伝わる民話が元(モチーフ)に為(な)った?のでは?…?。

  • 児童文学の枠を越えた、大人のためのファンタジー。主人公バルサが苦難の人生を乗り越えてきた30歳の女用心棒という設定も、その年齢だからこそ発言に説得力がある気がする。第2皇子チャグムの成長も丁寧に描かれていて微笑ましい。
    他の上橋さん作品と同じように、ストーリーに引き込まれて、あっという間に読了。
    2016年3月からNHK大河ドラマ(主演・綾瀬はるか)で放送。映像化が難しい作品だけに、期待も高い。

全4件中 1 - 4件を表示

守り人シリーズ電子版 1.精霊の守り人のその他の作品

精霊の守り人 (新潮文庫) 文庫 精霊の守り人 (新潮文庫) 上橋菜穂子
軽装版 精霊の守り人 (軽装版 偕成社ポッシュ) 単行本(ソフトカバー) 軽装版 精霊の守り人 (軽装版 偕成社ポッシュ) 上橋菜穂子

上橋菜穂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮部 みゆき
村上 春樹
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

守り人シリーズ電子版 1.精霊の守り人はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

守り人シリーズ電子版 1.精霊の守り人を本棚に「読みたい」で登録しているひと

守り人シリーズ電子版 1.精霊の守り人を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

守り人シリーズ電子版 1.精霊の守り人を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

守り人シリーズ電子版 1.精霊の守り人を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする