ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ [DVD]

  • 40人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (8)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
監督 : キア・ローチ=ターナー 
出演 : ジェイ・ギャラガー  ビアンカ・ブレイディー  ルーク・マッケンジー  レオン・バーチル  キャサリン・テラチーニ 
  • トランスフォーマー (2016年4月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4522178011238

ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • オーストラリアの作品かな…珍しい…
    インディーズっぽさが半端なくて、ゾンビ映画でも他の作品で感じない荒っぽさと粗っぽさを感じるなぁ。しかもマッドマックスにXメンのオマージュまで(笑)面白いねぇ〜

  • ■タイトル

    タイトル:ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ

    ■概要

    生 き る た め に 狂 え !
    謎の彗星が地球に降り注ぎ、ほとんどの人類がゾンビ化してしまう謎
    の奇病に侵されてしまった近未来。
    わずかな生存者たちは過酷な現実を必死に生き抜こうとしていたが、
    食料や物資は不足し、さらに隕石の影響で貴重な燃料資源は使用不可能
    になってしまう。
    妻子を失った平凡な整備工・バリー(ジェイ・ギャラガー)は同じ境遇の
    生存者たちに助けられ、彼らが所有するガレージに命からがら避難する。
    はたして、このまま世界は狂気と絶望に支配されてしまうのか?
    その時、一筋の光明がさす。
    バリーたちはゾンビの血液がガソリンの代替になることを発見したのだ。
    滅びてたまるか! 人類の逆襲が片田舎のガレージで始まった! ! !
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    ゾンビ映画です。
    なんだろう、途中冗長はしますが結構斬新でした。
    半分ゾンビの人間が、ゾンビを操れるという設定は面白い。
    終盤はこの設定が上手くいかされていると思いますが、途中の女性の部分
    の冗長はいらない感じでしたね。

    絶対死なないと分かっている人間に対して、冗長で緊張感を持たせようと
    してもあまり意味は無いです。

    設定は面白いのだから、もう少し中盤をシンプルにして、後半ももっと
    見せても良かったのにな~と思います。

    期待しないで観たので楽しめたゾンビ映画でしたよ。

  • タイトルからして某映画をパクってるけど中身はゾンビ物。
    ただのゾンビ映画じゃなくヒロイン(?)が超能力でゾンビ操れるようになるのがポイント。斬新な展開ではあるものの個人的にはゾンビ操れちゃったら面白くないんだよね。ゾンビの怖さが半減しちゃった。バイオハザード3でアリスが超能力使い始めたときの失望感を思い出しました。でもB級映画としては十分楽しめます。脇役どんどん死んじゃうのも先が読めなくて良かったよ!

  •  流星群が地球に降り注ぎゾンビ発生! しかも石油が燃焼しなくなってしまった。しかしゾンビの体液がガソリンの代わりになることが分かり。。。

     オーストラリア発でのこの映画は確かにマッドマックスみたいなエネルギーを持っている。設定も見事だけど、それ以上にテンションの高さがいい! 特にアボリジニの人がよかった。最後ブーメラン出てくるしね。
     オーストラリアってのはなんかそういうパワーがあるのかなぁ。無駄に広いからかっ飛ばすぜってなっちゃうんでしょうかねぇ。。。

     邦題は中途半端にしないで、ゾンビ・マッドマックスにしちゃえばよかった。大丈夫。訴えられないって。
     

  • タイトルは、「マッドマックス怒りのデスロード」から来ていると思われます。
    知っている俳優はいないし、過去何作も作られたゾンビもの、タイトルもべただし…と思いきや、面白く見れました。ゾンビを操れる人間など面白い設定が。

  • スタートから快調にゾンビを殺しまくる。ゾンビの造形もいいんじゃないでしょうか。殺戮の爽快感もキチンと描けてる。
    今回は隕石にウィルスのようなものがついていてそれが原因というような設定なので、「アイアムヒーロー」に似ていなくもない。このウィルスはガソリンなどの燃焼を妨げるので車など多くものがストップする。と言ってもカメラは社会全体を写す気はないようで森の中で車が止まる程度。さらにゾンビの血液が燃料となるという設定。なのでゾンビを荷台に乗せて息を吐かせて車を走らせる。こういうメチャクチャな設定は好きだなぁ。それに見合ったクレージー科学者も出てくる。作ってる人はわかってます。
    併せて、マッドマックスに出そうな格子窓の改造車に装備。完全武装だと言って、そんな装備があるのがおかしい。ブーメランが出てくるのもオーストラリアらしいところ。
    さらに血液型がRh-だと感染しないとか、夜は血液の燃焼性がなくなるのでその分動きがよくなる、ゾンビを操れる能力を持ち、逆に襲ってくる人間に逆襲するなど、ゾンビもののアレンジの妙をよく心得た設定です。
    久しぶりに見たゾンビ映画、まだまだこの世界あなどれません。

  • マッドマックスに乗っかったアレな映画かと思いきや、大当たりでした。
    ゾンビには独自設定があったり、ストーリーも色々詰まっていたりするのですがごちゃごちゃせずにちゃんとわかりやすくまとまっているあたり、きっちり練られたって感じがしますね。
    そういうのは置いといても、ビジュアルが素晴らしいです。特に女主人公。アベンジャーズからのオファーが待たれます。

  • 主人公も世間もものすごく飲み込みが早く、対応力が半端ない。すぐミサイル打ち込むアメリカとは違うのだよ、アメリカとは(笑)
    この対応力、間違いない、こいつら相当ゾンビ映画観てる!その証拠にほら、あれが!
    「オイルがダメならゾンビを使えばいいじゃない」には度肝。
    エンドロールのZOMBIESにたくさんの名前が。確かにゾンビさんたちの熱演が光っていました。

  • 制作年:2015年
    監 督:キア・ローチ=ターナー
    主 演:ジェイ・ギャラガー、ビアンカ・ブレイディー、ルーク・マッケンジー、レオン・バーチル
    時 間:98分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ


    近未来、突如として謎の流星群が地球に降り注ぎ、人類のほとんどがゾンビと化した。
    妻子を亡くした整備工バリーは同じような境遇の人々に助けられ、彼らが所有するガレージに避難する。
    隕石の影響で燃料資源が使えなくなり困り果てていた人々は、やがてゾンビの血液がガソリンの代替になることを発見する。
    一方、バリーの妹ブルックはマッドサイエンティストに捕らえられ、ゾンビエキスを注入して強化人間をつくる実験の被験者にされてしまう。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする