ヴェルサイユの宮廷庭師 [DVD]

  • 60人登録
  • 3.43評価
    • (3)
    • (8)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 17レビュー
監督 : アラン・リックマン 
出演 : ケイト・ウィンスレット  マティアス・スーナールツ  アラン・リックマン  スタンリー・トゥッチ 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2016年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111249388

ヴェルサイユの宮廷庭師 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016/6/2 アラン.リックマン監督 ルイ14世の王様として 出演 とても役柄があってた。少し前に訃報を聞いたような気がしてたけど…とても亡くなったとは思えない存在感でした。ケイト.ウィンスレットは やはり 上手いし、こういう役柄にピッタリだと思った。ただ、あの庭に薔薇を咲かせて欲しかったなぁ〜。でも あの庭に貝を入れて 噴水広場にするなんて粋な感じで良かった。
    アランのラストの王様として立つ様も 素敵に捉えられてました。

  • 原題はA Little Chaos。
    ルイ14世のアラン・リックマンが監督した映画なのか。
    へ~そうなんだ~。
    私の好みの映画だったわ。ケイトさんはナイスボディで迫力あって魅力的だし、ケイトさんの師匠でもあり最後愛し合う相手のマティアス・スーナールツさん、イケメンで素敵だったわ。



    サビーヌ・ド・バラ・・・ケイト・ウィンスレット
    アンドレ・ル・ノートル・・・マティアス・スーナールツ
    ルイ14世・・・アラン・リックマン
    フィリップ1世、オルレアン公・・・スタンリー・トゥッチ
    マダム・ル・ノートル・・・ヘレン・マックロリー

  • ストーリーの主軸があまり定まっていないような。
    「なんとなく綺麗で、いい話っぽい」で最後まで行った感じ。
    役者3人はすごく良かった。
    アラン・リックマンが服の前ボタン留めてる時がなんか可愛くて萌えた。

  • 過去に囚われたマダム・ド・バラと、現実に囚われたルクレール先生。ヴェルサイユの庭づくりを通して、数々の障壁を乗り越え、二人は真実の愛にたどり着く。天から降る音楽、あふれんばかりの水と緑。美しいラストは、エデンの楽園から自ら走り去るアダムとイヴのよう。

  • いい庭作るから待っときや〜

  • B。もっと庭が出てくるかと思った。

  • アランリックマン監督作品。ケイトウィンスレットがとても素敵だった。エロスと少女性を備えたような感じはさすが。知性の感じられる。下品に見えないのは凛とした健康的な美しさのせいなんだなと思った。いまでいうキャリアウーマン。嫌味も無理も卑下もなく弱さと強さの同居する女性をうまく表現していた。
    子供と夫を一気に失い、その辛さを抱えた抑えられた悲しみ苦しみと、庭師に恋をしていくことの葛藤が心に入ってきてたまらなくなった。女たちとバラについて王に話すシーンも良かった。ラストはやはりマダム・ド・バラならバラがバーッと咲いているところも見たかったなぁ。
    でもとても美しくて音楽もよくて気持ちのいい穏やかな涙がこみあげた。

  • きれいだった。
    もう少し汗と涙で勝ち取った感のあるお話かと思ってた。

全17件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ヴェルサイユの宮廷庭師 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ヴェルサイユの宮廷庭師 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ヴェルサイユの宮廷庭師 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする