ミケランジェロ・プロジェクト [Blu-ray]

  • 35人登録
  • 2.94評価
    • (0)
    • (3)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : ジョージ・クルーニー 
出演 : ジョージ・クルーニー  マット・デイモン  ビル・マーレイ  ジョン・グッドマン  ジャン・デュジャルダン 
  • 松竹 (2016年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105104167

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ミケランジェロ・プロジェクト [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 戦争映画の割には、血が少ないです。

  • 世界大戦下、美術品の保護に尽力した人達の話。
    実話ベース?

    状況が状況だから、命懸けの仕事だったと言うのは分かるし(実際2名亡くなってる)、ナチスの略奪品で保護出来た物は元の持ち主に返却されメデタシ!!なんだけど、どうにもこうにも盛り上がらない。
    美術品の保護の為に集められたチームとは言え、みんな個別に行動してて話がブッチブチに切れてる上に、吹替で見たけど絵面的にも声的にも誰が誰だか判別が付かないので、今、誰が、何処で、何を保護しようと追っているのかがさっぱり分からない。

    申し訳ないけど、淡々としたドキュメンタリーだと思って、乍ら見してちょうどいい感じだったかな……。


    趣味の一環として絵を見たりするのが好きな身には、最後の最後、保護した美術品と、その作戦の為に落命したチームメイトに話が及んだ際に「この美術品は命を賭ける価値があったのか?」と問われたチームリーダーの返答は、なかなかグッと来るものがあったので、それだけは見て良かったと思える事だった。
    こういう人達が居てくれたお陰で、私達が今、絵画や彫刻を見る事が出来ているんだなー。有り難し。



    しかし、なんだな。
    『ドイツ語が出来るドイツ系アメリカ人兵士』の吹替キャストに柿原徹也を持ってくるのは、物凄くズルいとおもうぞ!!(笑)

  • どこか見せ場があれば…。

  • このキャストだとエンタメ作品と思ってしまうけど内容は戦時中の実話でわりとシリアス。ドイツ軍に略奪された美術品をアメリカが奪還する話とはいえ、いろんな国が絡んできて、歴史に疎いと国の関係性がわからず混乱する。

  • 劇場にて。ジョージ・クルーニー監督作にしてはたるい印象の映画。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ミケランジェロ・プロジェクト [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする