ミケランジェロ・プロジェクト [DVD]

  • 158人登録
  • 3.05評価
    • (3)
    • (16)
    • (40)
    • (14)
    • (2)
  • 27レビュー
監督 : ジョージ・クルーニー 
出演 : ジョージ・クルーニー  マット・デイモン  ビル・マーレイ  ジョン・グッドマン  ジャン・デュジャルダン 
  • 松竹 (2016年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105071469

ミケランジェロ・プロジェクト [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美術品は人間のかけがえのない文化、ひいてはこれまでの歴史。
    今は感謝しかないけど、当時はその為に人員割くってほんと大変だったろうな。
    人命こそがかけがえのないものなのでは?と考えずにもいられない。
    けど、この作品後にたまに文化作品に触れるとやっぱりナチス収蔵品って経緯少なくないんだよね。
    残そうとしてくれた人たちがいるからこそ、文化が美が受け継がれている と本当に勉強になりました。

  • 何ていうかあまりパッとせず、素直に面白くなかった。

  • 飲みながらの鑑賞。かなりヨッパモード。内容はほとんど覚えていません。それでも、色々な事を思い考えました。
    大戦時のナチスが出てくる映画の中に広場で大量の書籍を燃やす。そのシーンは何度か観た記憶があります。
    同様に怪が美術品も行われていた事を認識しました。

    観ながら、かつて日本のバブル時代、日本の大企業の会長がゴッホの絵画を当時史上最高額で落札した。
    ゴッホに対する熱い思いを語り、「私が死んだら一緒に燃やして欲しい。」と言った。その事を思い出した。今現在、イスラムの過激テロ組織が遺跡を破壊している。その事も思い浮かんだ。

    この2つの事に関して、色々と思う事、考える事は多々ある。それらの事は大きくレビューからかけ離れてしまう。
    いくらレビューにならない事を書いているブログとはいえ、
    私の胸の内だけにしまっておこう。

  • ずっと何してるかもぴんとこなくて退屈。流したのみ。

  • クルーニーと奪われた美術品たち〜マット・デイモン添え〜

  • 良かった。
    戦争の最中だが、明るく前向き。
    ヒトラーは、色々な事をやった。美術品を強奪し、取り返されるなら燃やすとは、いかにも有りそう。それを守ろうと命をかけた人がいた。

  • 実録なので真に迫るエピソードが多い反面、物語としては若干散漫な印象。
    ディスカバリーの再現ドラマっぽい。

  • キャスティングと予告編で見た感じから、完全にオーシャンズ11を期待して見てしまった。
    思ってたのとはまったく違った。
    なるほどそういうお話かー。
    期待とは違ったがまあ割とよいお話であった。
    ストーリーはよかったが、アフレコのキャスティングがちょっとイマイチだったなあ。

  • ナチスに奪われた名画を奪還するという「素材」は面白い。映画としては、これといった盛り上がり場所がないのが残念。役者も豪華ですが、見せ場に乏しい感あり。

    原題は「Monuments Man」。この邦題はキャッチーですが、これってネタバレではあるまいか? 最後に発見されたアレに素直に驚いたのかも。

  • 芸術っていう、人によって価値が違うものを命をかけて守ってくれた人たちのお話 話は面白いしこういう事があったっていうのを知れてすごく良かった!万人受けはしなそう

全27件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ミケランジェロ・プロジェクト [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ミケランジェロ・プロジェクト [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする