雪が降る (講談社文庫) [Kindle]

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 藤原伊織
  • 講談社 (2001年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (199ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

雪が降る (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 以前から気になっていた直木賞作家、藤原伊織の短編集。
    バラエティに富んだ短編ミステリーが6篇入って居るのだが、
    その内容は噂以上。というか、久々に凄い作家と出会ったかもし
    れない。ちなみに藤原伊織は既に故人。ちょっと出会うのが遅か
    ったかも・・・。

    ともかくこの作品、テイスト・トーン共に重く、そして暗い。
    ミステリーとしてのギミックも決して凝っているワケではなく、
    どちらかと言えば純文学系の作品を読んでいるいるような気分。
    こういうのってだいたい途中でイヤになっちゃうのだが、文章
    全体から醸し出される独特な“惹き”のレベルが尋常ではない。
    これはきっと物語それぞれにハッキリした緩急が付けられてい
    るためで、1篇を読み始めるとその世界観の虜になってしまうか
    ら凄い。無理に説明するなら、「基礎体力運動を毎日欠かさず
    やっているアスリート」のような安心感がある。

    6篇はどれもすばらしいのだが、印象に残ったのはこの中でも
    一風変わったテイストの「トマト」。他の篇よりも若干短めの
    不思議系ストーリーが絶妙な位置に配置されており、その効果
    に驚嘆した。

    ミステリーとして読み始めたのに、読後は極上のヒューマン
    ストーリーを読んだかのような感覚。よくできた企画書を熟読し、
    一発で採用を決める、みたいな・・・。

    ・・・なんて思ってたら、この作家の前職は広告マンだったらしい。
    現役時代はきっと凄い企画書書いてたんだろうなぁ、と羨ましく
    思った。・・・営業だったらちょっと寂しいなぁ、いろいろ(^^;)。

  • なかなか渋くてカッコよい短編ばかり。文章がうまいから安心して読めるよね。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

雪が降る (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

雪が降る (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

雪が降る (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

雪が降る (講談社文庫)はこんな電子書籍です

雪が降る (講談社文庫)の文庫

雪が降る (講談社文庫)の単行本

ツイートする