あん Blu-ray スペシャル・エディション

  • 13人登録
  • 4.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
監督 : 河瀨直美 
出演 : 樹木希林  永瀬正敏  内田伽羅  市原悦子  水野美紀 
  • ポニーキャニオン (2016年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013509481

あん Blu-ray スペシャル・エディションの感想・レビュー・書評

  • 希望が無い、家族も無い、ただひたすら明日だけを生きる為だけにどら焼きやをする千太郎に差し込む一本の光。

    予告編では何だかちょっと滑稽なおばあちゃん徳江の存在はきっと神様がくれた人生の宝物でしょうか。

    もっと淡々としたストーリーだと思っていたのにこんなに面白くて泣けるだなんて、意外でした。

    監督の熱い想いや役者の魂の演技。

    この映画は河瀬直美×樹木希林×永瀬正敏でなければなし得なかった作品です。

    世間から見ないふりをされ続けていた人々の重くて悲しい人生から身につけた丁寧な生き方。

    春の桜並木に感動し、美しい鳥のさえずり、緑そよぐ夏の風の音や冬の白い吐息。

    日本の美しい四季のなかで繊細な心で物事を見つめる徳江さんの姿が美しくて、優しくて、見ているだけで涙が出ました。

    わたしもつい、都会の日常のなかで小さなことに腹を立てたりイライラしたり、空も見上げず、足元の草花にも目もくれず、日々を過ごしてしまうことがあるけれど、この映画の徳江さんの言葉によって、自然の中に抱かれている自分自身のちっぽけな存在に気付かされて、恥ずかしい気持ちにさえなりました。

    一般社会から隔離された彼らのほうが、私たちよりもよっぽど人間らしく、血の通った人々なのかもしれません。

    この映画は、ハンセン病について深くは語られません。

    しかし、徳江の歩んだであろう壮絶な人生については、深く語らずとも彼女のどら焼き屋で働くことを少女のように、喜ぶ姿だけで充分に伝わり、熱いものを感じずにはいられませんでした。

    人生の殆どを差別と偏見と隔離の中で過ごした徳江が数ヶ月間、幸せだったと心から信じたい。

    そして徳江さんからもらった暖かくてかけがえのない優しさが、千太郎とわかなちゃんの中に響き、これから生きる活力となってほしい。

    映画を観る私も徳江さんからこのかけがえのない宝物をいただけたのでこれはみんなも味わって欲しい。

    自分の生きる価値を見失いそうな人にも徳江さんに出会ってほしい。

    きっと河瀬直美さんもそんな気持ちで作られたのかなと思います。

    自由に、笑いながら生きることが、どんなに素晴らしい幸せなのか教えてくれる映画は沢山あれど、こんなにまでこころの一番深いところに響いて心底から涙が絞りとられた胸を抉られるような作品は久しぶりでした。

    前半は2人のすっとぼけた会話に笑い、最後は心の底から泣けるような、この素晴らしい映画に出会えてよかった。

    間違いなく私の中で邦画2015年No1の作品。邦画の中でも5本の指に入る一作となりました。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

あん Blu-ray スペシャル・エディションを本棚に登録しているひと

あん Blu-ray スペシャル・エディションを本棚に「観たい」で登録しているひと

あん Blu-ray スペシャル・エディションはこんな映画です

ツイートする