あん DVD スタンダード・エディション

  • 273人登録
  • 4.08評価
    • (45)
    • (51)
    • (31)
    • (2)
    • (0)
  • 57レビュー
監督 : 河瀨直美 
出演 : 樹木希林  永瀬正敏  内田伽羅  市原悦子  水野美紀 
  • ポニーキャニオン (2016年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013509788

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あん DVD スタンダード・エディションの感想・レビュー・書評

  • 素晴らしかった。

    みんな籠の鳥。

    月は、花は、脅かさない。
    耳をすませば、目を凝らせば。
    本当は感じることができるのに。
    生きる資格なんて、どうして考えてしまうんだろう。

    塩大福とか。
    少しだけしょっぱいから、甘さが引き立つ。

    樹木希林さんも、永瀬さんも本当に素晴らしかった。

    -----
    あんは、気持ちよ。

    世間の無理解に苦しむときも、知恵を使わなければいけないときもある。

    この世をみるために、きくために、生まれてきた
    だからたとえなにかになれなくても、生きる意味が、あるのよ、と

  • かつてないほど泣いた。こんなに丁寧に人のこころの機微を描いた映画ははじめてかもしれない。いのちの尊さを静かに、ひたむきに訴えかけてくる作品だった。ひとりで観るにはもったいないので、家族とまた観よう。

  • 中高生の女の子たちでにぎわうどら焼き屋。
    無愛想で、自分の作るどら焼きに愛情なんか感じていないんだろうなあというような働きぶり。
    そこへひとりの老女・徳江がやってくる。

    「アルバイト募集してるって書いてますけど、誰でもいいんですか?」
    「じゃあ、雇ってください」

    無理ですよ。
    明らかに年寄りですし。
    見た目よりずっと体力使う仕事だし。

    「時給、400円でいいですから」(最終的には200円でもいいとまで言う)

    断り続けてゐたわりには、ひょんなことからできる範囲で働いてもらうことになり、徳江のあん作りに対する姿勢を見て徐々に変わり始める店長。
    小豆に感謝し、小豆を励まし、小豆と会話しながらあんを作る徳江。

    徳江は、鳥や花などをいつも心にとめている様子。
    多分店長は、周囲に目を向けないよう、深くかかわらないように生きてきたんだろう。(ひとりの女子中学生以外)
    そんなことが、徳江を見る眼差しからわかる。

    徳江の作るあんが評判二なり店は繁盛。
    少しずつ接客なども始めるようになった矢先、徳江がハンセン氏病であるという噂が流れ始める。

    徳江は女学生のころハンセン氏病と診断され、ずっと世の中から隔離されて生きてきた。
    だからだ。
    隔離された部屋の窓越しに季節を運んでくれる鳥や花や風だけが、世間と彼女を繋いでくれた。
    同じ施設に暮らす人々を除けば、人間じゃないものだけが彼女の世界だった。

    無知ゆえの偏見。
    怖さゆえの拒絶。
    悪意ではないだけに、怒りの持って行き場がない。

    静かに、ずっと静かに流れていく映画のなかの時間。
    つかのまの世間は、彼女にとって温かくもあり冷たくもあり。
    その全てを、やはり彼女は黙って受け入れて、そして…。

    「この世を見るため、聞くために生まれてきた、それが生きる意味」

    隔離された小さな世界で、どうやって大きな心をはぐくんでこられたのか。
    徳江の生き方が店長とワカナ(常連の中学生)の固く閉じていた心を開いていく。

    声高に主張しているわけではない。
    美味しいあんこを食べるとしみじみ身体に温かさが広がるように、じんわり心に温かさが広がる映画だった。

  • お正月に原作を読み終わり、即TSUTAYA DISCASのレンタルリストに入れたのですが、ネットで検索したら近場で上映している映画館が一件見つかりました。なんたる偶然! もちろんレンタルで観ていたとしてもいい映画であることに変わりはありませんが、大きなスクリーンで、素晴らしい音響設備で、この映画を観ることができたのは本当にラッキーでした。静かな映画ですが、いろんな音が素晴らしいのです。耳を澄ませて味わいたい映画なのです。

    もちろん役者の方々も素晴らしい。河瀨監督は撮影をしていないところでも役になりきることを要求なさるそうです。徳江さんや千太郎さんがそこにいました。それだけに、思い出すと胸が詰まります。原作を読んでいる段階で、徳江さんが樹木希林さんだということは知っていたんですが、あとの役者さんは知りませんでした。千太郎…陰や哀愁のあるあれぐらいの年代の役者さんって誰だろうと。読み終わり、永瀬正敏さんの名前を見たとき膝を打ちました。最高でした。

    河瀨監督の作品は初めてでしたが、別の作品も観てみたいと思いました。次もぜひ、映画館で。

  • 最初はゆるーい映画かなーくらいの感覚で見ていたけど、ハンセン病という結構重いテーマを扱う映画。
    でも、その重さをあまり感じさせない爽やかさというか…
    観終わったあとは、元気がじわじわと溢れてくるような感じ。決して暗くない。むしろ明るい。
    美味しそうな粒あんや満開の桜。映像もキレイだった。
    永瀬さんもだけど、樹木希林の演技が素晴らしくて気がついたら泣いてた。
    ひとりの人との出会いで救われることってある。数じゃないよね。
    徳さんの思いが店長さんの心を溶かして、自分らしく自由に前に進む力をくれたんだな〜。最後に屋台でどら焼き売ってるシーンの店長の表情がそれを物語ってる。
    徳さんの人柄から、強い優しさを感じられた。
    辛いことを経験した人は、本当の意味で優しくなれるんだと思う。

  • ↑☆は6つでもいいくらい。

    河瀨直美監督、2015年作。樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅出演。
    何の予備知識もなく、DVDの映画予告でキャストがよかったから選んだ映画。
    見始めてようやく、タイトルの「あん」が、どら焼きの「餡」だと知る。
    ところが最後まで見ると、ハンセン病への差別を起点に、生きることの意味を問う映画だった。

    <あらすじ(ネタバレ)>
    犯した罪で背負った借金の肩代わりに、不本意ながらどら焼き店の雇われ店長として働く千太郎(永瀬正敏)、ハンセン病患者として人生の大半を施設に隔離されて生きてきた徳江(樹木希林)、シングルマザーの母(水野美紀)にネグレクトされているJCのワカナ(内田伽羅)。それぞれに世間に知られたくない訳ありの孤独を抱えて生きる三人の交錯を描く。

    桜並木がきれいな通りに面したどら焼き屋の店長、千太郎のもとに、バイト募集を見た老婆(徳江)が採用を懇請、再度懇請時に徳江は自作の餡を持参する。限られた自由の中で人とのかかわりを模索する徳江。味見した餡の美味しさに千太郎は驚く。徳江は施設であんを50年も煮込み続けていた。
    徳江のあんのおかげで店は繁盛。ところが借金を肩代わりした店のオーナー(浅田美代子)が、徳江の過去を知り解雇を迫る。一旦は保留した千太郎だったが、じきに客足が全く途絶え、徳江は店を辞めた。
    どら焼き屋の常連だったワカナは千太郎を誘い、徳江が暮らす施設を訪れる。
    ハンセン病という言われなきレッテルを貼られ、施設に拘束され、自由を奪われてきた半生を振り返りながら、徳江は最期にこう言う。

    「こちらに非はないつもりで生きていても、世間の無理解に押しつぶされてしまうことはあります。知恵を働かさなければいけないときもあります。そうしたことも伝えるべきでした。」

    「初めてどら焼き屋を見たときにあなたのお顔がありました。その目がとても悲しそうだった。それはかつてのあたしの目です。垣根の外に出られないと覚悟したときのあたしの目でした。だからあたしは吸い寄せられるように店の前に立っていたのだと思います。ああ、あのときの子供が私にいたら、あなたくらいの年齢になっているだろうなと。」

    「ねえ店長さん、わたしたちはこの世を見るために、きくために生まれてきた。だとすれば、何かになれなくてもわたしたちは、私たちには生きる意味があるのよ。」

    千太郎とワカナは、彼らの抱えていた孤独から解放されていくのだった(完)。


    <コメント>
    ハンセン病が感染しないことは現代ではある程度浸透している。だから、ハンセン病の罹患歴が知れたことで客足が全く止まるとは思えない。この点を不自然とするレビューもある。
    しかし、鯛焼き屋や大福屋のような菓子店は、オープン当初こそ長蛇の列ができるが、しばらくすると列ができなくなり、1年も経つと閉店するのは街でよく見かける。どの菓子店でも起こりうるこういう経緯で客足が止まったとしても、元ハンセン病であることの負い目から、仕事を続けることができなくなる。そういうことをいいたかったのだろう。

    個人の尊厳というと、尊厳ある個人であるためには自由でいること、自分の個性を生かした何かになるように周囲からせき立てられる。
    では、自由でなければ、そして「何か」になれなければ、尊厳ある個人ではないのか?そうではないというのが、徳江の遺した言葉である。限られた環境で、見れるだけのものを見、聴けるだけのものを聞く、それでも人生に意味がある。「意味がある」というより、一度きりの人生である以上、それが意味だというほかはない。誰かのせいにするのではなく、そこに意味を見つけるほかない。
    それは問題の解決ではないのだけど、安息ではあり、千太郎とワカナはそこに助けられたのかもしれな... 続きを読む

  • ふつうの生活を送っている多くの人々には想像もできない生活を送っている人たちがいる.

    病気で明日生きて目覚めることすら苦痛である.過ちを犯し,それを一生背負って生きなければならない.etc etc ...

    そんな人にとって,生きがいとは何か.

    映画『あん』に登場するどら焼き屋のあんこは,生きがいとは何かを問うシンボルとして描かれているのではないか.

    年の瀬に嫁さんと Netflix で鑑賞.

  • 良かった。

    ことばが見つからないな。



    日本らしい静かにしみる映画。

    永瀬の男泣きには泣かされた。

  • 静かな映画、台詞で語られ過ぎないのがよかった。
    久しぶりに号泣しました。

    桜の空、最初は青空バックの方が綺麗なのに、と思ったけど、最後は、ああこれでいいんだ、と思わせてくれました。

    樹木希林さん、さすが。
    永瀬正敏さんも、素敵な店長さんでした。

  • 取引先のフランス人が、日本映画の”あん”を観て、感動のあまり私にメールを送ってきた。
    主演が樹木希林というだけでもう既に感動していたが(笑)、観てみると永瀬正敏も素晴らしく、大量に眼から水が溢れた。
    樹木希林の孫娘もナチュラルで素晴らしかった。
    永瀬正敏については、昔、歳上の女性を奪いその旦那を殺すという映画を観てその演技に驚愕したものだった。他の作品も観たい。かの映画でとても魅力を感じた。
    ハンセン病の事を知り、自分の無知を恥じた。
    らい病予防法の廃止から、たったの20年しか経っていない。根拠のない隔離、人権無視。この事実と内情に対して、1番恥じるべきは、知らないという事。施設に暮らしている人々は、80歳代が多いという。この先こういう負の歴史があった事は、無くしてはならない。

  • 実際にときどき通りかかるあの林の先。
    ずっと気になっていたあの林の先がどういうところかおそらくフィクションもあるだろうが、河瀬直美監督の噂を聞くと素のものを大切にするようなので、あれがだいたい本当なのではないか。知ることができてよかったとともに、考えさせられる背景がたくさんあって、ひとことでは言い表せない。いろんな感情がうずまいている。
    人生は他人が見えない所でいろいろある。
    その内部事情をよく知らずに否定される権利はない。
    お互い違うなと持っても折り合いを付けてどうにかやっていくものだと思う。
    しかしどうしても声の大きい人が仕切りたがり、その意見が通り、声の小さい人が傷つけられ人生を変えられてしまうこともある。
    この仕組みはいつの時代も世の中レベル、会社レベル、友達レベルでもあるので、そういうものなのかもしれない。もう誰のせいでもないのかもしれないと思ってしまう。
    悲しく、むなしい。
    その中でどう生きていけばいいか。
    最後に樹木希林演じる徳江さんは
    「聞いたり見たりできる。だから何者にもなれなくても生きている意味がある」と言う。
    生きていく、ヒントをいただいた。
    大人になると悲しいことが多く感じられる。
    もういいよとうんざりしてしまう。
    それでも、なんとか泥臭くも、生きていこうと思う。
    重い感情になるのは間違いない。
    しかし見て良かった映画。

  • 和菓子屋の何気ない日常を淡々と描く作品かと思っていたら中盤以降かなり重い展開に。引き込まれてしまいました。
    ハンセン病の問題については、正直そう詳しくはないのですが、いまだに差別があるということに衝撃です。
    相当な手ひどい差別を受けてきたのでしょうが、作品の中では具体的なことは描かれていませんでした。でも、それでも色々なことをあきらめてこなければいけなかったことは想像に難くありません。
    恨み言を述べるわけでもなく、達観しているような感じが身につまされます。
    和菓子屋の永瀬正敏と樹木希林がぜんざいを食べるシーンは秀逸です。
    久々に見ごたえのある日本映画でした。

  • どら焼き、その中の〝あん”というすっごく地味な印象を持っていましたが
    この映画を見終えて、心の中にずっしりとくるものがありました。

    日本映画には欠かせない名わき役の樹木希林さん。
    もうそこにいて当たり前のような演技をずっと見続けてきましたが
    主役になった時の凄さ。
    ハンセン病を患った老婆、働けること、普通のことがききることの喜びを
    すべての患者のみなさんの気持ちを身代わりに伝えるかのような演技。
    静かな中で、鬼気迫るものを感じました。

    静かだけど本当にずっしりとくる映画
    人間の尊厳だったり、生きる価値だったり、働く意味だったり
    言葉で簡単に説明できないようなこと、きっとこの映画を観れば
    何か導かれるものがあると思います。

    10歳になった長女に見せたいと思いました。

    あなたが何かにぶち当たった時に、きっとこの映画は糧になる。

  • 淡々とした映画の中に深い感覚が…満開の桜の陽射しと悲しみが満ちてくる。樹木希林さんは何をやっても深みがあり過ぎて 本当に泣けてしまう 永瀬正敏さんも殆どセリフない中で すごく感情が伝わってきた
    ハンセン病の事なんて忘れてた「砂の器」で衝撃を受けたものの、もうとっくに受け入れられてるものと感じてた
    昔、隔離された施設に入れられたまま、やはり外の世界では風評被害とか 今も変わらなくあるんだろうなぁ…店長さんはお母さんを亡くした時も会えず 徳江さんに会えなかったのも悲しすぎた。でも、ラストいいね〜桜になって見守ってくれる中 自分の生き方見つけたみたい
    生きるという事を改めて 考えさせられました。
    「あん」って どら焼きの あん だったんだ とても 美味しそうだった。

  • 気になっていた「あん」を見る。
    中学の卒業式で歌った曲「旅立ちの時」の作詞者だったドリアン助川が小説家だと知ったのはあんの原作者が彼だったから。
    それだけで気になっていました。
    一度刑務所に入った人とハンセン病患者だったものに通底するこの社会の「生き辛さ」が非常に苦しかったし、みんなが幸せに社会で行きていくためにはどうすればいいんだろうと考えさせられた。
    ハンセン病なんて”無知”が引き起こした社会の悲劇なのに。
    自分含め、人は本当に「学ばない」生き物なんだなーと悲しくなる。

  • 樹木希林 永瀬正敏 水野美紀 東村山 らい病=ハンセン病 ドリアン助川 隔離 市原悦子 洋菓子作りが得意 甘いものに塩 逆転の発想

  • BSプレミアム録画>2015年日仏独。
    樹木希林さんあっての今作でしょうね。演技が素晴らしい。
    ライ病=ハンセン病への偏見や差別意識が未だに残ってる?現状を描かれてるのが何とも悲しい…もう移らない病気なんだと知らされてるのにも関わらず。。そういう知らない人達が未だにいるんだろうか。浅田美代ちゃんがいや~なオーナー婆を演じてましたw
    患者の人達の想い,気持ちはいかばかりだったんでしょうね…いつもこの方達の当時の境遇の辛さ、家族との永遠の別れ、社会(地域)との隔離、断絶された世界と想いを巡らすと胸が痛みます。まるで存在を消したかのように隠れてひっそりと暮らす日々。。
    樹木さんのお孫さん,伽羅ちゃんとも初共演のようでw何だか微笑ましいです。
    無口な店長さん(永瀬さん)も良かったです。泣けました。
    炊いてるあんこがとってもとっても美味しそうでどら焼きが食べたくなりました♪

  • 『歩いても歩いても』http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/B001I93IEMのときも思ったけど樹木希林嫌すぎる(褒め言葉)。
    デフォルメなしのリアルさに現実をつきつけられる。

    人の話を聞かずに好きなこと話したいこと都合のいいことだけをしゃべるおばあちゃんの通じない感じ、あるある。
    でもあえて逸らしてるのかな、言えない思いや言えなくさせる経験があったのかなとか、身近な人に思いを馳せてしまう。
    そんなことしたくないのに。

    女の子の気のきかない鈍さとか、店長のうまくいかなくて当たり前な生きづらさとか、そういうのもみんなうまいから、ささくれをピリピリひっぱられるような気持ちになる。

    ああやっぱり苦手だ、こういう普通を普通に描けちゃうフィクションは。

  • 原作も後半、涙が止まらなかったけど、映画も泣けた。
    樹木希林、徳江さんのイメージとちょっと違うかなと思ったけどさすが役者さん、観終わってみれば樹木希林意外この役は考えられなくなっていた。
    一ヶ月くらい役作りで手を縛っていたんだとか。
    永瀬正敏は”ロクヨン”の時も思ったけど、無口な職人が似合ってる。
    樹木希林の朋友、浅田美代子もどら焼き屋の嫌な大家の役で出演。
    ドリアン助川と河瀨直美、最強コンビだ。
    自然の美しさを愛でる感性を持って、愛おしく話しかける徳江さん。
    それだけでも生きている意味は充分あるという。
    そんな映画だ。

    あん 2015年 113分 BSプレミアム
    監督 : 河瀨直美
    原作:ドリアン助川
    出演 : 樹木希林 永瀬正敏 内田伽羅 市原悦子 水野美紀
       大賀

  • 良くない噂が広まっていく過程、昨日までは「美味しい!」と言っていた人々がその噂によって急変する過程、特に日本人が陥りやすい過程はもっと鋭く描くべきだった。

    主人公がなぜ雇い主に縛られているかもイマイチはっきりしないし、その柵を克服した経緯も説明して欲しかった。

    せめて、ハンセン氏病患者の歴史を浅田美代子やその甥っ子に語るシーンも欲しかった(当然、彼らには何の感慨も持たないという現実も含め)

    以上、注文は多いが、やはり樹木希林の演技は涙なしに観ることができなかった。

    全体的には悪くないが、もう一歩の非常に惜しい映画。

  • 物凄くいい…
    ハンセン病の方の人生については、学生時代に見つめたことがあったけれど、あらためてこの映画を見て、あの時に感じたことを色々思い出した。
    あかんね、、、思い出しただなんて。

    自由になりたい
    悲しい目をしていた

    その、言葉の重み。

    そして、樹木希林さんの演技がものすごすぎた。

  • 流れている空気がとても好い。
    コトコトと鍋で小豆が煮立つ音やどら焼きの皮を鉄板からコテでジュワッと剥がす音が蒸した小豆や皮の焼ける匂いを想像させる。
    テーマは重くのしかかるのに雰囲気のよさが際立ったのは樹木希林あってでしょう。

    この作品をとても愛おしく感じます。

  •  男が一人でやってるどら焼き屋にあんをつくれるから雇ってくれと老婆がやってくる。彼女のつくるあんは確かに絶品だったが彼女には秘密があった。

     ハンセン病をテーマにしながら、そこに社会からドロップアウトした人達を絡めていく。
     樹木希林の自然な感じがいい。老婆をやらせたら日本一。モックンの娘との祖母孫共演もよかった。

  • 樹木希林 永瀬正敏 内田伽羅。どら焼き。

全57件中 1 - 25件を表示

あん DVD スタンダード・エディションに関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

あん DVD スタンダード・エディションを本棚に「観たい」で登録しているひと

あん DVD スタンダード・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする