海街diary 7 あの日の青空 (flowers コミックス) [Kindle]

  • 74人登録
  • 4.15評価
    • (6)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 吉田秋生
  • 小学館 (2016年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

海街diary 7 あの日の青空 (flowers コミックス)の感想・レビュー・書評

  • チカちゃんの使ってたタブレット端末のケースが僕の使ってるのとよく似ていた。個人的にはあのタイプのが使い良いのです。恋模様があちこちで進んでてこれでまとめに入るのかなー・・って感じ。チカちゃんの妊娠検査薬ってのは気になるけれど、アフロ店長とヤっちゃってたってことなのかな?

  • すずもすっかり鎌倉の子になりはじめてきたが、目の前にさしせまった進学。悩むほど悩んではいないものの、いまいち踏ん切りがつかないのはやっと「家」と思える場所ができたからか。「おまえはもうひとりぼっちなんかじゃねえからだろ!?」風太はどうしてここぞと言うところでいいこと言うかね。「先廻りして世話を焼くことばかりが、いいとは限らないんですよね」オクトパスの監督で理学療法士のヤス。仕事柄か賢い人だよな。「生きることの先に死があるんじゃなくて、死はいつも影みたいにそばにいるんだって」そう。海街はなぜだか死が隣り合わせで、そこが鎌倉という土地と合間っていい感じのリアルさを出している気がする。「私たちと過ごせる時間はそう長くない。だから残される私たちのために日々を暮らしていくのに…ささやかだけど役に立つ知恵を教えてくれたんだなあって思う」家族っていうだけで、疎ましく思ったりすることもあるけど、これから先の生が長い人のことを思ってはいるんだよな。「どうしてもつらいことや困ったことがあった時はちゃんと誰か大人に話すこと」大船のおばちゃんは大人でおばちゃんだ。

  • 電子書籍 購入済み 読了

    すずの修学旅行の前の
    「男ってバカにひきずられんのよ」にひとしきり笑わせていただきましたw

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

海街diary 7 あの日の青空 (flowers コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海街diary 7 あの日の青空 (flowers コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海街diary 7 あの日の青空 (flowers コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海街diary 7 あの日の青空 (flowers コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

海街diary 7 あの日の青空 (flowers コミックス)はこんな電子書籍です

海街diary 7 あの日の青空 (flowers コミックス)のコミック

ツイートする