幸せになる勇気 [Kindle]

  • 223人登録
  • 4.33評価
    • (39)
    • (30)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
  • ダイヤモンド社 (2016年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

幸せになる勇気の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 悩める青年の社会的課題を、哲人がアドラー心理学によって解決していく、シリーズ第2弾解決編。
    教育、仕事、結婚、愛など青年期にある大人が悩みがちな、共通して人間関係の問題を課題とするテーマを対話の話題としていた。
    特に、教育に関しては多く語られており、教育職のみならず、指導の機会がある人全てに、一読を薦めたい。
    結婚についての論は、あまり目にしない論法であるが、実に強く現実に即しているいい考え方だと思う。
    3時間程度で読み終わるので、上記テーマのいずれかに思うところがある方には、強くおすすめする。

  • 「自立とは「自己中心性からの脱却」なのです。」

    嫌われる勇気の続編にあたる本。今回は、幸せになる勇気を説く。相変わらず面白い。刺激的な話が多く、批判役の青年の発言も的確だ。それに対する返答も素晴らしく、アドラー心理学の凄さがわかる。

    本書からは多くの学びを得た。
    愛されるから愛するのではなく、愛するから愛される。これはとても深い言葉だ。愛されなければ離れていくとは、まさに自己中心的な思想だ。

    褒められるのを原動力にすれば、永遠に他者に依存し続けなければならない。常に自分には能力がないと言うようなものだ。

    過去は存在しない。

  • 前作「嫌われる勇気」が面白かったので、本書を購入しました。

    位置づけとしては、前作がアドラーの思想を概観するものであり、今作は思想を実行するための行動指針を示すものです。

    そのため、内容的にも物語的にも前作を読んでいることを前提としています。

    前作を読んでアドラーの思想をおおまかに把握したつもりでしたが、実際実行しようと思うとどうしたら良いのか分かりませんでした。
    今作では、まさにアドラーの思想に感化されて教師になった青年が教育現場で生かそうとしたが、上手く行かずアドラーの思想に疑念と失望を抱いて哲人のもとを訪れます。

    本書にはキーワードが3つあります。
    「自立」、「愛」、「共同体感覚」
    自立により、自己中心性から脱却する。
    他者を愛することが自立につながる。
    共同体感覚は、社会への関心、他者への関心である。

    これらのことを、教育を舞台に説いていきます。そのため、教師と生徒という例で解説されることが多いですが、子供・生徒という自分が歩んできた道と親というこれから歩む道の内容なので、興味深く読むことができました。

    本書で特に、学んだことは、
    ・課題が誰のものか見分ける方法は、結末を最終的に引き受けるのは誰なのか考えること。
    および以下の教育論
    ・教育とは介入ではなく自立に向けた援助である。
    ・自分の人生は、日々の行いはすべて自分で決定するものなのだと教えること。そして決めるにあたって必要な材料(知識・経験など)があれば提供していくこと。
    ・子供を叱ってはならない。なぜなら叱ることは互いの尊敬を毀損するため。
    ・子供をほめてもいけない。なぜなら競争原理を生むため。
    ・子供に賞罰を与えてはならない。なぜなら子供の自立を妨げるため。

    今後、自分の子供を育てる上で信条としていきたいと思いました。

  • 「嫌われる勇気」の続編。アドラー心理学による、家族、仕事、社会、愛などについて。特に、「愛や恋は落ちるものではなく、築き上げていくもの」は印象に残った。また「運命の人がいつか現れるという幻想や可能性に逃げてはいけない」は刺さった。むむむ

  • ただひたすら最良の別れのために努力をおしまず、今を生きよ

  • 内容は理解できるけど、実際は難しい。

  • 1回目読了
    哲人先生に鋭く突かれた心持ち。
    自分も弱くて勇気のない人間なんだと。

    例えば尊敬とは?
    人間の姿をありのままに見て、その人が唯一無二の存在であることを知る能力のことで、また、その人がその人らしく成長発展していけるよう、気づかうことであるという。
    これまでの概念がひっくり返される考え方だと思った。

    信頼とは?
    相手を条件付きで信じる信用と違い、信頼は何があろうと相手が嘘をついていようと、その嘘をついている相手も含めて信じることだと書かれている。信頼を踏みにじられても、それも含めて信じるとは本当に厳しい。信頼にも勇気が必要なんだろうか…

    世界も人生もシンプルだというが、それが実はとても難しい。

    理解を深めるために、もう一回読んでみようと思う。

  • 「嫌われる勇気」の続編。期待して購入したが、自分の心境に合わなくて、かえって胸が苦しくなってしまい、読み終えるのが辛かった。

  • アドラーを通じて、自分はいったいどうしていけば良いのかについて教えていただける内容になっています。この考え方(思想?)が良いと思ったのは、他者ではなく、自分が行動することの重要さを、繰り返し繰り返し述べられているところにあります。そんなことわかっているのですが、本書を読むことでそれが腑に落ちていきます。幸せもそうですが、すべての人生は、自分で決断し作り上げていくことなのだと、他者との関係も自分で作るものだと教えていただきました。そして最後にそれの困難さ、そう決断し続けることの困難さについても書かれています。それゆえの人生を楽しむことができるよう、著者の思いが伝わってくるようでした。

  • ◯教育は自立に向けた援助。カウンセリング。
    ◯他者を尊敬する。ありのままの他者を認め、その人らしく成長できるよう勇気づける。
    ◯共同体感覚=他者への関心。他者の関心事に関心を寄せる。他者の目で見て、耳で聞き、心で感じる。他者と同じ心と人生を持っていたら…と考えてみる(=共感)。
    ◯変えること=過去の自分を否定すること(今を肯定したいから過去も肯定する)。実際には過去は存在しない。存在するのは解釈。
    ◯これからどうするかが重要。可愛そうな自分、悪い他人について考えない。変えられないものに執着するのではなく、変えられるものを直視する。
    ◯無知で犯したことに叱るのではなく、教える。
    ◯問題行動の5段階:①称賛の要求、②注目喚起、③権力争い、④復讐、⑤無能の証明
    ◯他者の言うことを聞いて生きる方が楽。
    ◯リーダーは保身のために支配しがち。相手は依存・無責任に陥りがち。常に自立をテーマに挙げるべき。孤独だが貢献感に幸せを見出だす。
    ◯自分の人生は、自分で選ぶ。リーダーは他者の決断を援助する。
    ◯誉めるとそれを目指して競争がおきる。ライバルの存在は有益だが勝とうとしてはならない。競争原理ではなく協力原理に基づく組織を目指す。
    ◯人は皆元来劣等感を持っている。心の成長に体の成長が追い付いていない。弱さゆえに集団形成。これが共同体感覚。
    ◯共同体で所属感を持つこと=その他大勢にならないことを目指す。しかし他者からの承認ではダメ。終わりのない依存。自らを承認する=自立。その他大勢でも構わない。
    ◯メサイヤ・コンプレックス。他者を救うことで自らを救おうとする。
    ◯人間の悩みだけでなく、喜びも対人関係から生まれる。
    ◯仕事の関係は信用、交友の関係は信頼。仕事では、利己心を追求すると、分業・利他・他者貢献に繋がる。人間の価値は、どんな仕事をするかではなく、どのような態度で取り組むかで決まる。この人と一緒に働きたいと思われるか、誠実さが大事。
    ◯先に相手を信頼する。分からない他者であっても信じるのが信頼。
    ◯自分を愛せなければ他人も愛せない。自分を信じられなければ他人も信じられない。自分のことが嫌いだと不安にかられ自分にばかり関心が向き自己中心的になる。
    ◯まずは目の前の人を信頼することから始める。
    ◯交友では、他者に与える。そうすれば与えられる。
    ◯愛とは築くもの。愛することは愛されることより難しい。
    ◯愛は二人の幸せを目指す。主語を私から私達に変える。自立=自己中心性からの脱却。これが共同体感覚に繋がる。
    ◯子供の転は愛されるライフスタイルを選択している。ここから脱却が必要。
    ◯愛とは担保なく愛すること。先に愛せる。強要はできない。
    ◯愛することは決断。運命の人はいない。運命の人だと決断する。愛する勇気、信念を持つ。愛する勇気=幸せになる勇気=自己中心性からの解放。
    ◯愛し、自立し、人生を選べ。
    ◯シンプルであり続けること、歩み続けることは難しい。
    ◯人は別れるために出会う。全ての対人関係において最良の別れに向けた不断の努力をする。今、こここを真剣に生きる。

全20件中 1 - 10件を表示

岸見一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
岸見 一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

幸せになる勇気を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幸せになる勇気を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幸せになる勇気を本棚に「積読」で登録しているひと

幸せになる勇気の単行本(ソフトカバー)

ツイートする