ヴィンランド・サガ(17) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • 59人登録
  • 3.89評価
    • (4)
    • (9)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 幸村誠
  • 講談社 (2016年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴィンランド・サガ(17) (アフタヌーンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 怒りでトルフィンを殺そうとするヒルド。ヒルドの過去。彼女に対しトルフィンとエイナル,そして仲間たちみんながとった行動。

  • トルフィンの償いへの旅路に立ちはだかる過去のツケ、的な17巻目。殺してきたトルフィンにも、殺された人達にも、人生と家族と感情と愛情があるからこそ、生き残る苦難は計り知れない。トルフィンの償いがヒルドに届くことを願って、以下次号。

  • ヒルドの過去が明らかになる。殺される直前の父親に人を赦しなさいと言われても、俺がヒルドの立場だったら、やっぱりトルフィンのことは許せないと思う。
    それでも生きて争いのない国を作ろうとするトルフィンを仲間とヒルドの父と師匠が赦せという。
    今後どうなるんだ。。。

  • 相変わらずの超絶画力かつ、息もつかせぬ展開に、Kindleのページの%が過ぎていくのが、ただただ惜しい。

    天才には人並みの考えを押し付けず、やりたいにやらせようという、ヒルドのお父さんの言葉が心に残った。
    最近は、自分が得意ではないが、世間で求められることも率先してやろうとすることで、人間的な魅力が育つと私は信じているので、このまま村が襲撃を受けなかったとしても、ヒルドは果たして幸せになれたのであろうか。
    いや、その場合でも、お母さんや妹さんの世間の女の人並みの人生を送らせようという意見と衝突して、人並みの義務(と考えられているもの)を果たしつつ、天才的な工学の才能も尊重されるような、幸せな人生になったのだろうか。

    ヒルドはトルフィン一向に同行することになったのだろうか?
    そうだとすると、まだ完全に仲間とは言えないかもしれないが、心強い仲間がまた増えた。
    次巻がまた楽しみ。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ヴィンランド・サガ(17) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヴィンランド・サガ(17) (アフタヌーンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヴィンランド・サガ(17) (アフタヌーンコミックス)はこんな電子書籍です

ヴィンランド・サガ(17) (アフタヌーンコミックス)のコミック

ツイートする