昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫) [Kindle]

  • 46人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 木皿泉
  • 河出書房新社 (2016年1月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (159ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
高野 和明
西 加奈子
又吉 直樹
宮部 みゆき
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫)の感想・レビュー・書評

  • この本は、人の背中を押してくれる本かも。

    読みやすい文章や、個性のあるキャラ達など、入り口は入りやすいのに内容は深かった。

    家族のこと、生きるということ、死ぬということ。

    タイトルの意味がわかる一樹って話はボーイミーツガールって感じで良かった。ギフとテツコの関係性絶妙。そこに岩井が入っていくんだろうな。岩井さんも面白くていい人そう。飽きなさそう。一樹も素敵そうだけど。
    雪だるまのキーホルダーの顛末好き。

  • 穏やかで優しくて、そして美しい物語たちでした。何気ない文章が胸に響いて、涙が溢れてしまう、ということが何度もありました。自分はこんな風には生きられない、と思うから余計に愛しいのかもしれません。

  • 寝る前にぴったりのお話でした。
    解説を呼んで「なるほど」。
    「そうか/それでいいじゃないか」で、これからの人生生きていけたらいいなあと思いました。

  • 設定を掴むのに時間がかかり、いつ読むのをやめようかと思いながら読み進めましたが、そこはやはり2014本屋大賞2位は伊達ではなく、いろいろな伏線や横のつながりは面白かったです。

    一つの出来事であっても、立場や視点が違えば、違った見え方がするという、主人公を中心としない展開が心地よい読了感でした。

    ドラマ化されているようなので、そっちも見てみたくなりました。
    もっと早くに読めばよかったと思える小説でした。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫)を本棚に登録しているひと

昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫)はこんな電子書籍です

昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫)の単行本

昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫)の文庫

ツイートする