マンガで読む名作 ソクラテスの弁明 [Kindle]

  • 20人登録
  • 3.18評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 日本文芸社 (2010年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マンガで読む名作 ソクラテスの弁明の感想・レビュー・書評

  • マンガでしか読んでません。
    なので解釈が甘いかもしれません。
    許してください。

    なにかを後世に残したいと考える人は少なくありません。
    ソクラテスは70歳という歳から考えて、もう自分に伝えられることは多くないと考えたのではないでしょうか、
    その上で、裁判という大きな場で自分の主張し、さらに自分も死ぬことで大きなインパクトとしてそれを後世に残したのではないかと考えます。
    実際、プラトンという立派な弟子も育ってきたこともありましたし。
    ただ、僕にはこの高尚さは上手く馴染みませんでした。
    なかでも死は罰ではないとのことでしたが、これは罪人本人にとっての罰ではなく、この世から罪人がいなくなることによって得をする人が多いという意味でのだと刑罰だと思いますし。
    途中までは逆転裁判やダンガンロンパみたいで面白かったのですが。

  • Amazon Prime Reading で読みました。

    マンガなのですぐに読み終えました。
    哲学に興味を持つ、入り口にはなると思います。

  • 嘘のない人生とは。嘘にまみれた人生とは。

  • 漫画で読みやすかったので良かった。

  • マンガである必要性があんまりない気が。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マンガで読む名作 ソクラテスの弁明の文庫

ツイートする