劇場版MOZU 通常版DVD

  • 124人登録
  • 2.73評価
    • (2)
    • (7)
    • (28)
    • (24)
    • (2)
  • 24レビュー
監督 : 羽住英一郎 
出演 : 西島秀俊  香川照之  真木よう子 
  • TCエンタテインメント (2016年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474171137

劇場版MOZU 通常版DVDの感想・レビュー・書評

  • テレビドラマ版はううううん、まぁまぁかなぁ?と楽しんで、、劇場版。
    前宣とか結構すごかったよねぇ。メーキング映像とかもテレビに流れてて、松坂桃李のハチャメチャ気味が楽しみだったのですが、が、しかし。

    ドラマのときから劇場版っぽかったのでいざ劇場版になると安っぽく感じてしまうね。タイでロケやったっけ?そこまでする必要あるの?

    収穫は松坂君の演技。長谷川さんと同じようにクレイジーでいけてたわ。でも、誰だっけ長谷川の子分役やったか誰か忘れましたが(公安に潜り込んでたやつ)ばれた途端にクレイジーなキャラになったのが超興ざめ。クレイジーになればいいってもんでもないのに。

    ダルマの正体が何だったのかも。国家が絡んでたのかも。
    何もかもよくわからないまま、クレイジーと派手なアクションだけで終わった感があり、残念です。

  • やっとダルマの謎が解けたー。
    長かった。
    でもいまいち納得できない部分も。
    無理やり感が否めず。
    ただキャストがよかったから★3にする。
    狂った人たちが言い味だしてる。
    新谷宏美も好きなので出てきてくれて嬉しい。
    ただ倉木の傍若無人ぶりにはイライラするけども(笑)

  • 大好きな原作や、ドラマ版を台無しにするような作品。

    目を背けたくなるような残虐なシーン。
    無理やり海外登場した新谷。

    「チャオ!」と「ダルマさんが転んだ」しか印象に残らない。

  •  桃李くんの切れっぷりが凄かった。
    長谷川博己はああいう役似合いすぎる。

  • ドラマ版を見ていたので、ドラマで残された謎を知りたくて観た。

    ドラマ版の空気そのままの、暴力と狂気が入り混じった世界。西島さん演じる倉木は、相変わらず。煙草吸いすぎだし、だいたい血まみれ。ぼっこぼこに殴ったと思ったらぼっこぼこに殴られ。どSなの、どMなの、どっち!?新キャラの松坂桃李くん、めちゃくちゃ怖い。目を背けたシーン多数。そんな中、東を演じる長谷川博己さんがまともに見えるというか、お茶目なキャラで笑えた。ぼっこぼこにやられた倉木を写メ撮るシーンで爆笑。ボートで去っていくシーンでは、お決まりの「チャオ!」を2回も言ってて爆笑。

    全体としては、正直、肩透かしな内容だった。
    ダルマが日本に絶大な影響力をもっている…、というストーリーに説得力がない。かつ、ダルマ役のビートたけしにそれだけの凄みも感じられない。倉木の妻の謎も、予想通りの展開。津城(小日向)さんはあっさり死んじゃうし。っていうか明星(真木ようこ)は居た意味あったの?ロケーションは、すごい。ここどこ?CG?と思ってしまう場面が多数。でも、映画にした意味はあったのか?と正直思った。

  • シリーズ最大の謎・・・
    ダルマ・・・

    ダルマとは・・・
    いったい何者なのか?
    ダルマは・・・
    日本犯罪史の闇であり・・・
    戦後日本のS級のフィクサーである・・・
    そのダルマが姿を現す・・・
    最大の敵、ダルマに倉木が挑む・・・
    己を飲み込んだ因縁に決着をつける時が来た・・・

    ・・・

    危惧した通りやっちまったね・・・
    時間に制限があるのは仕方ないけども・・・
    これだけ引っ張っといて・・・
    その最後の呆気なさたるや・・・
    最後畳み込んだなー感がヤバイ・・・
    終盤の展開がインパクトに欠けており、クライマックスが盛り上がらない・・・
    え?!ってなる・・・
    いや、呆気ない幕切れがイイ味を出す場合もあるのだけど、この映画は×です・・・
    海外の場面もなんか無理ヤリだし・・・
    一応理由は述べられているけど、別にいらないんじゃね?国内で良くない?ってなる・・・
    劇場版だからスペシャルさ、派手さを出そうとしている感がどうも臭かった・・・
    劇場版!って気張ったってシーズン2の時に感じた、もはやチャオ東を楽しむだけの作品、という評価を覆すことはできませんでしたわ・・・
    結局シーズン1のデキがピークで、2と劇場版はその遺産でどうにかなった感じ・・・
    アクションにしても同じ・・・
    シーズン1はイイキャラがたくさんいて、イイキャラ発揮して楽しめたのになぁ・・・
    シーズン1の輝きが色褪せてしまったことを実感する映画でした・・・
    残念である・・・

    新キャラの中では松坂桃李も伊勢谷友介も良かったよ・・・
    特に松坂桃李は新境地だったのではなかろうか・・・
    ビートたけしは迫力なかったなぁ・・・
    現場ではしらないけど、映像からは伝わらなかった・・・
    合ってなかったのではなかろうか・・・
    ええ・・・

  • season2観てないからかつまらなかった。原作は全て読んだけど。エレナ役の子が可愛かった。。。長谷川さんの壊れっぷりがやはり好き!

  • TVシリーズから間を経て見た自分も悪いけど、なんだか製作者側だけがその世界観に酔ってしまってる感が。
    アニメのキャラみたいな人も出てきて、なんだか滑稽。

  • 相変わらずわけわからん。

  •  WOWWOWとTBSのタイアップドラマの映画版。

     うーん。。。魅力的なキャラクター(特に悪役)を増やして海外ロケして豪華な映画版をつくるという狙いは悪くないのだが、登場人物が多すぎてぼやけてしまった印象。ドラマみてないと面白くない感じだった。

  • シーズン2観てなかったからいまいちわからない部分も多く…
    ラストも意外とあっけなかった感じ。
    でも、俳優陣の演技が凄くて緊迫感にドキドキした。

  •  家族の死の謎を求めて公安警察の内部にまで踏み込んだ倉木警部。父親がまだ生きていると信じる明星警部、そして香川照之演じる不器用な大杉警部。全ての黒幕にはダルマの存在があった。ダルマは、テロも殺人もお手の物、少数の犠牲で平和を維持してきた。倉木警部の娘も、ダルマによって殺され、妻は歯車となった。ダルマは戦後のフィクサー吉田。そのダルマの歯車に倉木警部を設えようとするが、明星を実質的な人質にとるも、闘いを挑む。
     ドラマシリーズを見ていないと、正直難解な背景設定だけに、本作から入るとつまずくだろう。映画として完結させる必要がある分、最終結論を観客に委ねる点もまた映画ならではの展開。倉木警部と明星警部の恋は実ったのか、ダルマは本当に死んだのか、3名の死とは誰のことなのか等々、伏線を紐解いていかないとたどり着けないあたりも好きな感じ。

  • ドラマファンの友人に連れられ初MOZU。友人激怒。キャラや場所が多すぎて散らかり雑になった印象。最早フィリピンロケがただの慰安旅行じゃないのかと思う程スパイスにならズ。カーチェイスってそんなに撮りたいもんなんかな?唯一松坂桃李の猟奇演技は心に残った。けれど、このキャラも散らかし要因の一つと言う残念さ。

  • あの世界観にまたハマれた。東のトビっぷりが最高。
    映画ということで表現は格段に派手になっている。だが、ストーリーはどうだ?2時間という時間では少し消化不良か?良く詰め込まれているが、詳細についてもっとイジってほしかったエピソードがある。

  • 観賞した。見始めは、ワクワクした。終わってみると、う~んという感じになった。ビートたけしは嫌いになった。西島秀俊のコメディードラマをやってれば、見たくなる。もう暗い顔見るのは、いいので明るい人生を歩んで欲しい。スピンオフドラマの探偵大杉なんたらを見たくなった。香川照之が良い。

  • なんかもうストーリーがよくわからんくなってきた。
    みんなイカレてる。笑
    東の倉木好きはやはり面白い。笑

  • ただただラストが展開の説明付が少なくラスボス対決もあっけなく残念でした。

  • ドラマが好きだったし、ダルマの正体も気になるし!と期待して観たけど…。
    イケメン俳優勢揃いでクールなアクションシーンの見せ場ばかりで、話の焦点はない。もしやこれは続かせたいのか?と思わせる中途半端な作りだった。
    アクションシーンはカッコいいです。

  • 制作年:2015年
    監 督:羽住英一郎
    主 演:西島秀俊、香川照之、真木よう子、ビートたけし、池松荘亮、伊藤淳史、杉咲花、阿部力、伊勢谷友介、松坂桃李、長谷川博己、小日向文世
    時 間:116分
    音 声:日:ドルビーデジタル5.1ch


    妻子の死の謎を追う公安警察官・倉木は、大杉、明星とともに一連の“MOZU事件”で警察内部に巣食う闇を白日のもとに晒すが、それは恐るべき謀略の氷山の一角に過ぎなかった…。
    半年後。高層ビル占拠爆破、そしてベトナム大使館襲撃というふたつの大規模テロが同時発生。
    これらの事件は犯罪プランナー・高柳と、暗殺専門の殺し屋・権藤を中心とするテログループによる犯行であった。
    彼らは、日本犯罪史の重大事件を影で操ってきた存在“ダルマ”の名のもとに、ある犯罪計画を極秘裏に進行していたのだ。
    犯罪エージェント東や津城警視正)、鳴宮巡査たちがその名を語り、倉木の妻子に起きた悲劇の裏にもダルマの存在が…。

  • 奥さんが大好きでドラマ版も録画して観ていましたが
    自分はシーズン2の途中ぐらいからあまりの内容の暗さに飽きてきてしまって
    見るのをやめていました。

    奥さんは映画を会社の友達と見にいったし、
    WOWOWでの映画の舞台裏特集などもしっかり録画して観ていました。
    奥さんが久々にハマった映画だと思います。

    遅まきながら今回DVDで自分は見て
    このMOZUという作品は映画だからこそ、味ができる作品だと感じました。
    ドラマの時のような退屈感は全くなく
    展開も早く、追加の俳優陣も本当に豪華
    一転してすっごくおもしろい映画で、あらためていろいろYUTUBEで拾って
    見直したりしました。

    ドラマ版で伏線になっていたダルマの正体や
    倉木の家族の死の謎もしっかりと分かりスッキリ。
    奥さんともようやくこの作品の話をじっくりできてよかったです。

  • ドラマシリーズからなんとなく感じてた、広げすぎた風呂敷を畳めない感に溢れててただただそこが残念。役者さんの演技はすごく好きです。特に松坂桃李、あんなキワモノというか狂った演技すると思わなくて引き込まれました。新谷の後継を名乗るだけある。

  • 無駄なシーンがない。
    みんな不死身。

    モズは托卵されやすい。衝動的。

  • 尺が足りないがために展開を急ぎすぎた感じ。
    最後の伏線ダルマについて、、があっさりそのしょぼい内容が明かされちゃうし、大物警視正もあっさり殺されちゃうしで台無し。

    Season1だけ見て、あとは想像に任せるが吉。

全24件中 1 - 24件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

劇場版MOZU 通常版DVDを本棚に「観たい」で登録しているひと

劇場版MOZU 通常版DVDを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

劇場版MOZU 通常版DVDを本棚に「観終わった」で登録しているひと

劇場版MOZU 通常版DVDを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする