文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 [Kindle]

  • 11人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 古川智映子
  • 潮出版社 (2015年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (193ページ)

文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • NHKの連ドラがやっていたという話を小耳にしつつも、見たことはなく、太陽生命本社に伺ったときに会議室の待合にこの本が飾られていて、仕事の絡みもあるかと思って購入はしていたのだが、日本の私小説って細かいところ、内面とかを抉り出すような描写陰鬱なイメージがあって、読んでいなかった。

    最近、自己啓発的な本をいろいろと読んで読み疲れていて、毛色が違うであろうこの本にようやく手が伸びた。
    読んでみての感想は、伝記だなと。まあ、広岡浅子の生涯って書かれてるし。

    江戸から明治への動乱期に、両替商に嫁ぎ、事業の立て直し、海外の動きを機敏に察知し、他を先駆けた炭鉱の買収、銀行の設立、大同生命の創業、日本女子大設立の奮闘の様と、浅子個人の結婚・出産、結核、障害事件に巻き込まれて負傷、乳がんの治療等々、70年の生涯が描かれている。

    大体の年齢で見ていくと、
    20代で両替商加島屋を救うために奔走、
    35歳ごろ炭鉱事業、
    39歳ごろ加島銀行設立、
    53歳ごろ大同生命創業、
    56歳ごろ日本女子大設立。

    ビジネスの現場で、常に家業が潰れるかもしれないという緊張感の中、20代を過ごし、信用を付けつつ、生き残りをかけて時代の流れをつかみに行く姿勢が描かれていて、非常に読みやすかった。

    彼女の内面にまとわりつくような感じの描写はほとんどなく、外に向かって戦い続ける姿勢にフォーカスが当たっていて、いやな気持になることなく、楽しみながら読めました。

  • 豪商の加島屋に嫁いだ広岡浅子が、炭鉱、女子大、大同生命の事業を興し、孤軍奮闘する一代記。正に今のダイバーシティを自ら実践した女性がこの時代にいたとは。

  •  広岡浅子の生涯についてはわかったけれど、どうして成功できたのかが、よくわからなかった。やっぱり小説なんだろうな。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯はこんな電子書籍です

文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯の文庫

ツイートする