世に棲む日日 全4巻セット

  • 30人登録
  • 4.17評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 2015年発売
  • Amazon.co.jp ・本

世に棲む日日 全4巻セットの感想・レビュー・書評

  • 平成29年2月

    長州の幕末:吉田松蔭と高杉晋作の物語。

    この時代の長州が、どうして時代の先駆になれたのか。司馬さんなりの考察があり、自分はそれを納得。
    長州は思想的な藩で、命よりも思想を大事にした人たちがたくさんいた。その思想を生み出したのが、吉田松蔭で、そこから…。
    長州征伐で、長州が終わった時に、そのまま長州が終わったら幕府が続いたかも。
    そこから、高杉晋作が、決起。奇兵隊を率いて、勝てる可能性の少ない藩と戦い。勝利を得る。
    ということで、高杉晋作のやったことと言えば、奇兵隊を作った。ってなってたんだね。納得。
    でも、もっと歴史の授業で教えてもらいたかったな。
    別になんでこれで有名になったんだろうって思ったもんな。


    改革は、三代で完成する。
    初代は、吉田松蔭がその心を
    二代は、高杉晋作が実行し
    三代は、伊藤博文、山形有朋がカタチを作り完成する。
    きっと、これは、どんな変革であってもそうなんだろうな。

    神武に起こってより2000年
    億万心魂 散って煙となる
    愚者英雄 ともに白骨
    まことなるかな 浮世の値三銭

    確かにね。って詩ですね~
    沁みました。

  • 時代は幕末 長州の高杉晋作を題材にした小説 4部作
    ・騒動の際にはその余りある才能を惜しみなく発揮するが、騒動が終わり新体制で新しく積み重ねていくフェーズに入ると途端にやる気をなくす、軍事の天才 
    ・動けば風の如く、発すれば雷電の如し
    ・若くして(28)逝去 
    ・おもしろき こともなき世を おもしろく

  • 2016.9月もおわり。やっと4巻。
    ひとは大抵組織の中でもがき生きている。高杉はあらゆる組織をわたり歩き、創っては壊し、新しい場を求めて漂う浮浪者にみえる。けど、大きく長い眼でみれば、ニホンという小さくて巨大な組織を丸めでどうにかしようとした英雄なんだろう。

    ある人がいないと廻らない組織なんて、組織として未熟だけど、その人がいなくては成りえなかったカタチがきっとある。結局組織は個々が動き、変わってゆく。
    …と信じて皆日々もがくのだろう。

    11月
    ようやく4巻おわり。
    高杉晋作27歳とすこし。
    それだけの、年数なんだな、27とは。

  • 〈1巻〉
    毛利家(長州藩)と朝廷との関係
    ・毛利家の系図・・・大江広元(源頼朝のブレーン、公家の文章道)
    ・大江広元の先祖=奈良帝(平城天皇の御子・阿保親王)毛利家の家系は皇統に連なる
    ・江戸時代;大名が直接朝廷と接触NG、入京も幕府により厳しく制限
    ・毛利家のみ、特例として入京許可、三條河原町に京都藩邸を造る、歳末歳首の品物の献上
    ・毛利家;伝統的に朝廷に対する崇敬の念が強い、経済的支援も含めて朝廷を支援、朝廷からも信頼・信任
    [参考]山口県のHP
    http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a19300/ishinshi/topics7.html

    〈2巻〉
    一橋慶喜
    薩摩;島津斉彬
    越前福井;松平春嶽(しゅんがく)
    土佐;山内容堂
    伊予宇和島;伊達宗城
    肥前佐賀;鍋島閑そう(直正)

    長井雅楽「航海遠略策」

    〈3巻〉
    1866年3月7日 薩長同盟
    1867年 第二次長州征伐(=四境戦争)幕府×長州、長州大勝利1853年7月8日 ペリー来航
    1854年2月13日 ペリー再来航
    1854年3月31日 日米和親条約
    1858年7月29日 日米修好通商条約
    1858年~1859年 安政の大獄
    1860年 桜田門外の変
    (1862年9月14日 生麦事件(横浜市、薩摩藩の行列にイギリス人騎馬が乱入したため、イギリス人を殺傷した)
    1863年5月10日 下関事件=馬関戦争の原因となった事件
    (1863年8月15日~17日薩英戦争)
    1863年9月30日 八月十八日の政変(会津・薩摩×長州)、七卿落ち
    1864年7月8日 池田屋事件
    1864年8月20日 禁門の変(=蛤御門の変)長州が朝敵に
    1864年8月22日 第一次長州征伐(禁門の変の処分)  
    1864年8月下旬 四国艦隊下関砲撃事件=馬関戦争(英・仏・米・蘭4か国連合艦隊×長州藩)→連合艦隊と講和=過激攘夷藩から開国論へと変更=国内戦に専念

    〈4巻〉
    1866年3月7日 薩長同盟
    1867年 第二次長州征伐(=四境戦争)幕府×長州、長州大勝利

全4件中 1 - 4件を表示

世に棲む日日 全4巻セットはこんな本です

ツイートする