Re:LIFE~リライフ~ [DVD]

  • 93人登録
  • 3.15評価
    • (0)
    • (13)
    • (29)
    • (6)
    • (0)
  • 15レビュー
監督 : マーク・ローレンス 
出演 : ヒュー・グラント  マリサ・トメイ  ベラ・ヒースコート  J・K・シモンズ  クリス・エリオット 
  • Happinet(SB)(D) (2016年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953067370

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Re:LIFE~リライフ~ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • おもしろかったー。好きだ。
    ハリウッドで一度は成功した脚本家(ヒュー・グラント)が売れなくなって田舎の大学で教える、って、まあ話なんだけど、映画や文学の小ネタがいっぱいで楽しかった。ジェーン・オースティンが専門の女性の教授とけんかしたりとか。
    大学があるニューヨーク州のビリンガムって街も素敵で。
    そもそも、大学の話っていうのがなぜか無性に好きだ。
    マリサ・トメイも昔のなんかロマコメみたいのに出てたような、っていう印象だったけど、いい感じに年をとっていた(52歳だって)。
    なによりヒュー・グラントはやっぱりいい。年とったけど、年とっても軽い感じなのがいい。

  • 脚本で一発当てたけどもその後がうまくいかなかった脚本家がニューヨーク州の外れの学校で講師をやることになり、最初は適当に過ごしていた彼も生徒と触れ、自身の脚本への気持ちも変わっていくという、ずっと前向きな物語で観ていて気持ちが良かったのと、映画好きならわかるあれこれの作品への比喩。知らない作品も見て観たくなるそんな映画。
    ヒューグラント年取ったなーと思ったけれどやはりいい男。かっこいい。。。

  • しょーもない(けど憎めない)奴役といえばやっぱりヒュー・グラント。もっとポンコツでもいいくらい。
    田舎町が舞台。他の登場人物を深く掘り下げることはなく、緩やかにエンディングを迎えました。一応彼の中での気づきはあったみたいだけど。
    家族の話題を振られるJ・Kシモンズはどれも良かった。

  • 過去の栄光を引きずっていたものの、仕事がなくなりしょうがなく大学の客員教授に。全く乗り気じゃなかったものの、自分が話すことを素直に吸収し上達する生徒たちを見て脚本の魅力を再認識するキース役のヒュー・グラントが素敵だった。生徒の1人のシングルマザー、ホリー(マリサ・トメイ)の自分を高め、人生を楽しんでいる姿に私も心を動かされた。
    マクゴナガル先生と喧嘩したとか、生徒とイケナイ関係になっちゃうところはさすが、ヒュー・グラント。楽しかった。

  • 落ち目のハリウッド脚本家が教師になる。

    特に大きな盛り上がりないが、最後にはそれなりに清々しさを味わえる不思議な映画。

    会話のやりとりは、映画への知識が多い人ほど楽しめそう。

  • 派手な映画じゃないけど、じわじわくる。「教師ってクセになる」と教えてくれた同僚の表情や、理不尽なことを文学の登場人物を引用して実行するスパルタ教師… 大人視点で描かれているものの、全体的に毒がなくピュア。

  • ふつう・・・w
    ハッピーエンディングでよかった。

    あんな堂々と生徒と付き合ったら
    そりゃあバレるよw

  • 最初はダメ男すぎてうわぁって感じだったけど、そうやって一段と大人になってくんですかね
    アメリカの学校ってすぐ美女がいじめるイメージ強かったからクラスが仲良しでびっくりした笑
    生徒がやる気溢れてて先生がやる気なしとか逆パターン初めて見た笑
    まぁこれで生徒もやる気なかったら物語破綻するか笑

    学科長ってセッションの人だよね?
    ふぁっ○んテンポ!って叫んでる姿と大違いすぎて…笑

  • 日常系というか、安心して観られる映画。学部長が何気にツボ。

  • 一言で言うと、都落ちした脚本家が再起を目指す話。
    ハリウッドでは仕事が無く、田舎の大学で脚本を教える講師として赴任するが、当然過去の栄光が忘れられず授業には全く身が入らない主人公。
    クラス分けも女子は美人ばかり集め、男子はテキトー。早速、一番可愛い女生徒と出来てしまう。流石はアメリカ、みんな軽いです。
    ところが授業を進めるうちに、生徒たちの才能に気付き、脚本を書き始めたころの情熱を思い出し、段々熱くなっていく主人公。
    主人公の指導も有り生徒の一人が描いた脚本がハリウッドで目に留まる。
    その脚本に乗っかって自身もハリウッドに返り咲こうと目論むが、エージェントに持ち上げられながらも初々しく受け答えする生徒に付き添っているうちに、自身のヤル気がモリモリと湧き上がってくる。
    女生徒との関係がバレて首寸前だったのを、生徒指導のオバサン教授に必死でアピールし無事に講師を続けることが出来るようになる。
    まあ、後半は定番のノリ、お決まりのオチですが、楽しめる1本です。

  • 大ヒット1本の後、ぱっとしない脚本家が大学の脚本のクラスを受け持つことに。やる気がなかったダメ教師が変わっていく話。字幕が微妙。小ネタがいろいろありそうで英語字幕で観たかったのについてなかった。

  • 普通の映画
    せめて映画を題材にするなら
    台詞を洒脱にしてほしかった

  • 2016/05/15
    やっぱりヒュー・グラント好きだなぁ。
    クスッと笑わせて、でも最後にはほっこり前向きになれる。
    観て良かった。

  • 2016/5/4 何か映画の脚本を書いて賞を取った後の次回作に苦しんでたが…田舎の町に 講師としてやって来て最初は 全くやる気がなかったのに 学生との やり取りで初心に戻ってゆく…映画の内容などをテーマにディスカションしているので 、なかなか楽しく観れました。人間の内と外は違うって事も面白かったです。大作ではないものの ほんのりした気分で観れる映画かも…。

全15件中 1 - 15件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

Re:LIFE~リライフ~ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

Re:LIFE~リライフ~ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

Re:LIFE~リライフ~ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする