DEADPOOL[Blu-ray][Import]

  • 222人登録
  • 3.47評価
    • (18)
    • (35)
    • (51)
    • (12)
    • (2)
  • 51レビュー
  • 20th Century Fox (2016年発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 0643271721948

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

DEADPOOL[Blu-ray][Import]の感想・レビュー・書評

  • アメリカヒーロー物も日本怪獣映画みたいに対決、チーム形式になり、末期状態。そこでブラックヒーローみたいになるんだけど・・どうもね~楽しくない。適当、下品なイメージで面白がらせようとしてるんだろうが・・ユーモアと思えない。個人的に笑えるシーン皆無。おそらくセリフのギャグ性が翻訳だと伝わらないのかもしれない。
    まぁ、アクションシーンはまぁまぁだったかな。

  • 何処までもノリが軽い映画だったという感想。
    ただ、魅せる所は魅せていてそこらのグロさとは別物ではあった。
    やはりアクションなど、しっかり魅せる所は魅せてるんだなと。
    その分、話が単純でわかりやすい流れでも見れる不思議さ。

    キック・アス的な物を想像していたが、
    これはこれでありなのかなと。

  •  異色のヒーロー、デッドプールの誕生を描く。

     なるほど! これは確かにヒットするわ。センスとテンポの良さが光る。
     デップーのキャラクターはやっぱ素晴らしい。深刻な境遇なのに軽口。ほどよくエログロだけど、アクション映画としてもしっかりしている。
     X-MENの二人もデップーを光らせるいい脇役として機能。

     エンターテイメントな良作。

  • (↑なんか日本版のアマゾン商品リンクが見当たらず。デップーのイタズラ? 他サイトでも同様なので、大不評の海外版のページにてレビュー。)
     相手を殺すのに躊躇いなし! 口を開けばシモネタメタネタオフザケ満載のおしゃべり! マーベル史上最も異色のキャラクターを主役にしたアメコミアクション映画。
    ---------------------------------------------------------
     ――軽い。
     徹底的に話のノリが軽い。
     ミュータントへ成り果てた経緯は重いけれど、それが霞むほどにデッドプールのキャラが軽く、そして濃い。
     まとめ記事等で得た情報と比べてかなり正気寄りなのは、やっぱりあまり原作に忠実だと、物語が破綻して映画として成り立たなくなるからだろうか。
     あとデッドプール側のキャラが濃いメンツばかりなのに対して、敵側のキャラクターが地味で地味で、アクションと演出は悪くなかったので「面白かった」けど、「凄く面白かった」ではなかったな。
     もし次作があったら、敵キャラが強力な能力があるミュータント(もしくは今作の敵が原作に準じて再登場?)で、終盤、ピンチになっても余裕のおしゃべりののち、奇策で勝利という展開だといいなぁ。そう、ジョセフ・ジョースターのように。

  • 分かりやすい話でめっちゃ面白かった。お下品。

  • すっごく単純な話だった
    キックアスみたいなのを想像していたけど普通に超人だったわ
    なにも考えてなくても理解できるので気楽っちゃあ気楽

  • 最高でした。最初から最後までテンション上げっぱなし。R15ならではのグロがっつりなので戦闘シーンは迫力満点。ところどころの下品さも笑いを誘うなかなかナイスなストーリーでした。

  • 軽薄で軽率だけど愛に生きる男デッドプール。
    好きです。
    他のマーベル作品に比べたら少しグロいところが目立つけど、許容範囲内。
    アクションを楽しみました!刀かっこいい!

  • グロいの苦手。観なきゃ良かった。

  • MARVELヒーローらしからぬ、品性下劣なおしゃべりクソ野郎が、キレッキレのアクションを展開する異色R指定モノ。冒頭の静止画からの立ち回りは息を呑むほどの鮮やかさで期待が高まったが、そこから時系列を巻き戻して説明される改造人間の生い立ちは、これまでのMARVELでもさんざん見たことあるような陳腐さで、テンション下がる。ギャグも狙い過ぎでお寒く、『キック・アス』の方がまだ笑えたかな。けど第4の壁を破るという点では、エンディングロール後の『フェリス』オマージュに思わず胸熱。☆3.5

  • まあ面白いのだが、期待してたほどではない。
    グロさとお下品さを無理矢理出している感じがチョット違う。
    もっと自然にグロくてお下品なのがデッドプールなのである。
    まあこんな感じ嫌いじゃないけどね。
    もっと面白く出来そうなのに失敗しちゃった感があるなあ。
    アントマンのほうが圧倒的に面白かったな。
    それでも続編が作られそうなのでそっちに期待している。

  • はじめ、強いキックアスみたいな生身の人間を想像していたので体に穴があいたときは驚いた。
    その前にミュータントとはいっていたのだけれども負け惜しみみたいなものかと……

    で、よく喋るうえにXMENが出てきたし刀持っていたのでウルヴァリンの記憶失う前の映画に出てくる奴を思い出したのだけれども、あいつと関係あるのかな。

    とにかくよく喋る。
    それが凄く面白かったし意外と一途だし周りの人間もいい感じに面白いキャラだったので面白いしか出てこない。

  • 設定説明に時間を取られて真ん中ダルダルでした。
    次回以降楽しそうですね。

  • おバカ映画化と思っていたら、結構シリアスだった。
    英語が理解できたらもっとお下品なんだろうな~
    おもしろかった。

  • テンポが最高。

  • ノッケから下ネタ・メタ発言のオンパレード!
    オープニングからアクセル全開で笑わせてくれます
    R指定付いてるんで結構グロい?と思いきや
    マッドマックスFRよりちょっとバイオレンスなくらい
    なんで思ってた以上に観やすい

    エロ(ポロリもあるよ!)・メタ発言・グロが目立つけど
    その実、物語の中核を担うのはある男に降りかかる
    悲喜劇とその彼女を巡るひじょーにシンプルな
    ラブストーリーです
    下ネタに耐性があればカップルで観ても楽しめるん
    じゃないかな?
    (下ネタ苦手なのにむりやりみせると確実に怒られて、
    最悪別れ話も切り出されるだろうから用法容量は
    正しく守ってみるようにね!)

  • 俺ちゃんやっとレンタルに登場
    劇場で見たかったけどタイミング悪く見れなかったんだよ
    初っ端から下ネタの連続だけど、そこまで引くほどではないし、シリアスなシーンもあり、ぶっちゃけ眠くなったとこもあったが、MARVEL知らない自分でも楽しめた。
    普通のカップルや人が観たらドン引きすんだろうけどねえ。もっと過激でもよかったかな。

  • 黒目や口もないのに表情豊かに感じるCG技術がすごい。

  • 「Wham!」(※ [!]が重要w)

    いや面白かったwww
    下ネタ&残虐シーン満載ですがそこを笑える人には楽しめる作品だと思います。

    「マーヴルコミック」の世界は情報量が多すぎてほとんど理解していませんが、本作は「アべンジャーズ」ではなくて「X-MEN」よりの作品に今後出てくるようですね。
    (知りませんでしたが「ウルヴァリン」にも既に登場しているらしいです。後で見なくちゃ)

    ....まぁ、このキャラクタこそ「シビルウォー」に必要だったんじゃないかと個人的には思いますが....

    自分の知っている数少ない知識だと彼は「自分がコミックの中の登場人物であることを認識している唯一のキャラクタ」です。
    その辺も良く再現されていて劇中に視聴者によく話しかけてきましたw
    コロッサスもカッコよかったですしケーブルやビーストの話も出てきたので続編が更に楽しみですね。

    「X-MENシリーズ」は1、2作しか見ていないのですが....これはこちらにも手を伸ばさなきゃですかね...

    何にしても期待以上の出来に大満足でした。

  • 爽快、気軽なコメディ。
    肩の力を抜いて、楽しめた。
    家族で見るものではない。

  • 超前向きな男がグロと下ネタを足して割らずに活躍するアメコミアクション。殺戮版テッドと考えておけば間違いない。

  • グロいって聞いてたから、もっとグロいのかと思ってた(笑)

    だから、意外と抑え気味に感じて、なかなか良かったよ。

    いまや俺の中では、グロいは評価対象から外れているから(笑)

  • 「フェリスはある朝突然に」のパロディがある。
    えー、もう公開30年なのか

    下ネタ多いが結構派手なアクション&痛いシーン
    X-MENと関連

    ヒロインはセレニティーに出ていた人
    うーん、記憶にない

全51件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

DEADPOOL[Blu-ray][Import]を本棚に「観たい」で登録しているひと

DEADPOOL[Blu-ray][Import]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする