海にかかる霧 [DVD]

  • 24人登録
  • 3.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
監督 : シム・ソンボ 
出演 : キム・ユンソク  パク・ユチョン  ハン・イェリ 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967258165

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

海にかかる霧 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 船長の存在感を筆頭にずっといい緊張感。
    彼女の顔が見えないラストもいい。

  • 2017/4/30
    韓国人、激しい。

  • 船の上で暴れると必ず壁から突き出た金属棒に頭が刺さり死亡します。そういう痛ましい事故をいろんなホラー映画で見てきました。

    ということは実際にあり得る事故ということになるんだが、なぜ壁から金属棒が出ている!危ないよ!曲げといてよ!

  • テチャン号事件という実際にあった出来事をもとにした映画。
    前半ちょっと退屈かなーと思っていたけど、中盤からずっと緊張の連続で、予想ができなかった。男の中に女がひとりいるとこうも狂っていくのかとも感じる。主人公が「恋人」を文字通り必死に守るのが「最悪の結果にならないよう本当に守ってほしい」と思わせる演技でした。船長も船が沈みゆくときの絶望感がたまらなかった。そしてラストのあれはいったい。妄想しすぎて動きが止まるよ。
    いつも思うんだけど日本ではこういうの作れないんだろうな。

  • 01年に起きたテチャン号事件を基にした舞台を、ポン・ジュノのプロデュースにより映画化したサスペンス。悪天候の中、漁船で中国から韓国へと密入国しようとした人々と船員たちに起きる出来事を描く。

  • チョンジン号は一時、大漁に沸いていたこともあったが、最近は不漁続きで船の維持すら難しくなっていた。八方ふさがりの中、船長チョルジュ(キム・ユンソク)と年少の船員ドンシク(パク・ユチョン)を含む乗組員たちは、やむを得ず中国からの密航者たちを乗船させることに。そして決行の日、海上で中国船から密航者を迎え入れるが…。

    2001年に起きたテチャン号事件を題材にした映画。物語の前半は大人しかっただけに、途中のある展開にとてもびっくりしました。それ以降は全く先の読めない展開で緊張しっぱなし。なんとも言えない気持ちになるラストのワンシーンも見事でよく出来た作品だと思いました。
    また、キャストはキム・ソンウクの怪演は勿論、トップアイドルのパク・ユチョンがオーラを消してもっさりとした青年を演じていたのが印象的でした。

  • 韓国映画に慣れてきたので、初めの頃のうわーっていうのがなくなってきましたが、やはり日本人がやらない世界観ですね。
    猟奇殺人ものやらせたら日本では敵わないですね。
    ただこの映画は普通くらいです。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする