鏡界の白雪 - PS Vita

  • 23人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • アイディアファクトリー (2016年5月26日発売)
  • PlayStation Vita
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4995857094295

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鏡界の白雪 - PS Vitaの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文章が簡潔で読みやすく、オトメイトの意欲作の1つと推測。ただ、オチが甘いというか積み重ねたモノのわりに安易に決着がつく印象。罪と罰も何となくは理解できたがモヤッともした。絵は好き嫌い分かれるが、個人的には動きがあってよかったと思う。

  • 評判がよかったのでやってみました。
    評判通り恋愛面は丁寧でした。
    最近は恋愛面で描写不足の作品が多い気がするので好感持てます。
    でもゆっくり進むのでなんだか恥ずかしいと感じてしまいました。
    ヒロインの未白ちゃんはとても良い子で母性を感じる女の子なのですが、おせっかいなところや柘榴が好きすぎる場面は気になりました。
    鏡界と現実の彼が個別の人格みたいな感じなのが残念でした。
    鏡界での記憶も現実の彼にあったらもっと萌えた気がします。
    推しは刺君くんです。
    意外と人懐っこい…というか未白ちゃんに懐いてるのが可愛かった。
    素直でちゃっかりしたとこも好きです。

  • まごうことなきカウンセリング系乙女ゲー。

    さあ!
    カウンセラーオトメの諸君!
    頑張って彼らの悩みをカウンセリングするんだ!

    っていう内容です。

    公式から出ている推奨攻略順を守った方が徐々に秘密がわかって面白いかもしれないけど、基本的に己の好みに身を任せるのが一番だと思います。

    ☆-1になったのは、「罪を重ねる」と「罰を受ける」の選択肢に意味を感じなかった、そして、ソレによる変化(鏡がどうなっているか)というヒントがちょっとわかりにくかった。数値化して「今○○%まで壊れてるよ」とかわかれば己で目安がわかっただろうに…と思ったり。
    そこがちょっと残念でした。
    (私個人の場合は、ゆらちゃんかだれかの攻略ときに微妙なさじ加減で辿りつけなくて、ちょっと苦労したので)

    あと、ましろちゃんがベストEDに突き進む場合、メチャクチャメンタル強い子(カウンセリング系男子を相手にして、マイナスメンタルを引き上げるにはちょうどいいメンタルプラス方面の女子)なので、一緒にくよくよしないところがよかったなあ、と。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

鏡界の白雪 - PS Vitaはこんなゲームです

ツイートする