マルガリータで乾杯を! [DVD]

  • 15人登録
  • 3.86評価
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : ショナリ・ボース 
出演 : カルキ・ケクラン  レーヴァティ  サヤーニー・グプタ―  ウィリアム・モーズリー 
  • TCエンタテインメント (2016年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474172189

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マルガリータで乾杯を! [DVD]の感想・レビュー・書評

  • さわやかな後口の青春映画でした。
    まず主演女優さんが滅茶苦茶演技が巧い。
    ほんとに障害のある方が女優になったのかと思った。

    あと障害者=善、聖、正、と描かれてないのも良かった。
    結構わがままで、したたか、性欲ももちろんある、普通の大学生。
    何度『ダメだよ!その行動は!」と言いたくなったことか。

    主人公が障害者というだけで、中身は普遍的な青春ものでした。

  • 障害があり車椅子で生活する女子大生ライラだったが、作詞した曲がコンテストで選ばれたのが障害者だからと聞きショックを受ける。
    恋も実らず、失意のライラはニューヨーク大学へ転入を希望する。
    母とインドからニューヨークへやってきたライラは目の不自由なハヌムと知り合う。

    最後の乾杯シーン良かったなぁ。
    ライラは自分らしい生き方ができるようになったんだと思う。
    障害のある人でも色々な人がいるし自由に生きる権利がある。
    そんな当たり前のことを再認識させられる映画でした。

  • 2016/6/21 インドの障害者の思春期の主人公を基に家族愛や生活を描く そして 障害者を持つ親の気持ちと甘やかされ 少し生意気な主人公ライラ
    演技はとても上手だったし、可愛い女の子でしたね〜多分 もっと大変な事は色々あるんだろうけど、性の目覚めや思春期特有の気持ちを上手く表していると思った。障害を持つ事によって まわりや特に家族を頼りにしないと生きていけない現実の中で 少女も自分自身と向き合うことを感じることが素晴らしかったです。インド映画って
    悲しい時も前向きな感じがいいと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マルガリータで乾杯を! [DVD]はこんな映画です

ツイートする