マツリカ・マジョルカ 「マツリカ」シリーズ (角川文庫) [Kindle]

  • 24人登録
  • 3.27評価
    • (2)
    • (2)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 相沢沙呼
  • KADOKAWA / 角川書店 (2016年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (162ページ)

マツリカ・マジョルカ 「マツリカ」シリーズ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公の柴山は冴えない高校1年生の男子。
    ある日、ひょんなことから廃墟ビルで学校を観察する女子高生マツリカと知り合う。
    それからというもの、怪談めいた噂の調査に付き合わされたり、ただの
    パシリとしか言えないような扱われ方をしたり。

    それでも、クラスに居場所を見つけられない柴山にとってはマツリカと過ごす時間は
    とても大切なモノとなっていき・・・

    といった感じの、ミステリ、青春、性、恋愛、そして生をテーマにした物語。
    序盤の展開は少し退屈でミステリ要素もなんだかイマイチ。
    でも、後半の展開は良かったなー。
    とちゅうまでは。このシリーズは読まなくてもいいかなと思ってたけど、
    最終的には次作も読んでみようかと。

  • 脚が魅力的

  • 殺人事件の起きない学園コージー?ミステリ。とりあえずマツリカさんの太もも!と主人公であるダメダメな男子高校生・柴山を罵倒する言葉がステキすぎる作品。ただ、肝心のミステリーはちょっと拍子抜けするような結論だし、基本的にはあくまでもマツリカさんの推測のままに終わっていて、本当にその推理が正しいのかがわからない。また、2話目以降は手すり女とかゴキブリ男とったものがないがしろにされ過ぎているのも気になった。これがなにかの伏線なのかと勘繰ったりもしたが、それもなかった。続編は、まあ読まんでもいいかな。

全4件中 1 - 4件を表示

相沢沙呼の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

マツリカ・マジョルカ 「マツリカ」シリーズ (角川文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

マツリカ・マジョルカ 「マツリカ」シリーズ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

マツリカ・マジョルカ 「マツリカ」シリーズ (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マツリカ・マジョルカ 「マツリカ」シリーズ (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マツリカ・マジョルカ 「マツリカ」シリーズ (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

マツリカ・マジョルカ 「マツリカ」シリーズ (角川文庫)の文庫

マツリカ・マジョルカ 「マツリカ」シリーズ (角川文庫)の単行本

ツイートする