コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス) [Kindle]

  • 28人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 旦部幸博
  • 講談社 (2016年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岸見 一郎
ダニエル カーネ...
カイザー・ ファ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コーヒーノキの育成から、コーヒー豆の精製、焙煎、コーヒーの抽出までを科学的に分析。

    コーヒー豆の種は、アラビカ種とカネフォーラ(ロブスタ)種の2つ。更にアラビカ種の中にティピカ、ブルボン等の品種が多数存在する。

    丸豆(ベリービーン)は、一つの実の中で、一つの豆が出来た状態。

    ドリップ等の浸漬法と、フレンチプレス等の透過法で、どのように成分が抽出されるかをモデルで説明。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)はこんな電子書籍です

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)の新書

ツイートする