守り人シリーズ電子版 6.神の守り人 下 帰還編 [Kindle]

  • 21人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 上橋菜穂子
制作 : 二木真希子 
  • 偕成社 (2016年2月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

守り人シリーズ電子版 6.神の守り人 下 帰還編の感想・レビュー・書評

  • ロタ王国の物語後編。その国の伝説が、時を経て蘇る様子が、その舞台がいろいろな方向から整えられていくさまが、壮大な物語として楽しませていただきました。大きな物語に関わることになってしまった少女のその最後の決心など、人の心と大きな力への魅力との葛藤が真に迫って読ませてくれる内容です。人間の心は、悪にも善にもなるけど、やはり偉大だなと感動させていただきました。
    今回は主人公はあまり目立っていません(強いというのが当たり前になってしまった主人公は面白みがちょっとね)。主人公を支える方々の魅力が、登場人物の魅力がさらに強まった、そう感じる内容でした。
    食べること、住むこと、着ること。その世界で生活する活き活きとした内容の描写が楽しく、この世界に行って見たいと毎回思わされています。

  • シリーズ6作目まで読了(ブクログへの登録が前後しちゃったけど)。上下巻という長さを感じさせない物語力。

    いろいろな大人たちの思惑に翻弄される少女の物語。たまたま少女と出会ったバルサとタンダが巻き込まれる。

    1つの国の政治や人々の営みに潜んでいる、宗教や人種による偏見や憎悪が絡み合う。それぞれがそれぞれの信念を持っていて、それぞれが「良かれ」と思って行動する。正義を貫くために起こる血なまぐさい出来事…。現実にも起こっていることを思い起こさせられて、どきっとする物語…。

    そして、バルサの、母親のような愛情と、父親のような強さを堪能できるものすごいお話でした。

    読みごたえがありました。深い。
    でも、先が気になって、上下巻を2日で読了してしまいました。すごかった。


    個人的には、タンダが活躍しているシーンがたくさんあったのが良かったかな。夢の守り人でもたくさん出てくるシーンがあったけど、あっちはね…、ものすごく痛そうだったからさ…、こっちの方がいいや(ちょっと痛そうなシーンもあったけど(苦笑))。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

守り人シリーズ電子版 6.神の守り人 下 帰還編はこんな電子書籍です

守り人シリーズ電子版 6.神の守り人 下 帰還編の文庫

守り人シリーズ電子版 6.神の守り人 下 帰還編の単行本(ソフトカバー)

ツイートする